日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「小泉進次郎 農業」に関する記事

山形県民は自民党に「NO」をつきつけた(月野候補の街頭演説を聞く人たち)

永田町の裏を読む

参院選の結果が臨時国会のTPP関連法審議を掻乱

月野は、自公の強固な組織を背に、県内13のうち12市長を陣営に引き入れ、公示初日に小泉進次郎農林部会長を応援に投入するなど手厚い体制をとったが、肝心のJAの政治団体「農政連」が月野を支持せず「自主投票」を決めたことが落とし穴となった。舟山の「安倍政権のTPP推進、『強い農業』一本やりの農政でいいのか」という訴えが功を奏して、県内15万といわれる農家票の多くが舟山に…

入閣要請を断ったという小泉進次郎氏

自民農林部会長に起用…安倍官邸の巧妙な“小泉進次郎潰し”

自民党の農林部会長への就任が内定している小泉進次郎氏(34)。20日の総務会で正式決定される予定だ。さっそく、「進次郎は火ダルマになる」「安倍首相による嫌がらせ人事だ」の声が飛んでいる。 自民党の農林部会長は、誰もやりたくないポストだという。 「農林部会が大荒れになるのは確実です。TPPによって日本の農業が打撃を受けることは分かっていたが、打撃どころか、野菜、果実、…

None

関連株下落 ドローン不安煽り自ら潰す安倍政権の「成長戦略」

「今年1~2月、内閣府は小泉進次郎政務官を旗振り役にして、自動飛行や自動走行の分野に意欲的な自治体や企業から企画や提案を募りました。『近未来技術実証特区におけるプロジェクト』という名前ですが、いわゆるドローンのために規制が緩和される“ドローン特区”として注目を集めていました」(永田町関係者) 安倍政権がオソマツなのは計画をブチ上げただけで、ルール作りを一切怠ってき…

小泉農林部会長の囲み会見

プロはこう見る 経済ニュースの核心

小泉進次郎「農林中央金庫はいらない」 正論と誤解

自民党の小泉進次郎農林部会長の発言が、農林系統金融機関に波紋を広げている。小泉氏は今月13日、農林関係会合後に記者団に答え、「(農林中央金庫の貸出残高のうち)農業に回っている金額は0.1%しかない。農業のためにならないのならいらない」と不満をあらわにした。 農林中央金庫の資金量は90兆円を超え、メガバンクに匹敵する規模を持つが、資金の半分以上は有価証券などで運用して…

舟山康江(上)と月野薫

7.10参院選「激戦区ルポ」

【山形】農家がTPPに反発…野党の舟山康江が一歩リード

山形県北部の大蔵村(人口約4000人)に、自民党最強の「人寄せパンダ」小泉進次郎がメディアを引き連れて現れた。 軽トラックの荷台に乗った進次郎は、棚田をバックに「山は月山、選挙は月野」と、自民党公認の月野薫を紹介。「後ろに広がる棚田を誰が一体守るのですか」と、農業問題を語りはじめた。 「進次郎は公示前の6月14日にも山形に入っています。いかに自民党が重点区と考えてい…

左から時計回りに、利益誘導ばかりの山崎、進次郎は歯切れが悪かった(右は山崎夫人)、玉木と握手する田名部(右)

7.10参院選「激戦区ルポ」

【青森】進次郎vs玉木 対照的だった農政ホープの応援演説

自民党の小泉進次郎衆院議員と民進党の玉木雄一郎衆院議員。日本農業新聞で対談したばかりの2人だが、応援演説の中身は対照的だった。 青森の農業関係者が最も懸念を抱いているのがTPP問題だ。2012年の衆院選で自民党は、「ウソつかない。TPP断固反対。ブレない」と宣言したポスターをベタベタ貼って政権に返り咲いた。農業関係者はそのことを決して忘れていない。 五所川原市で開か…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事