日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「桐生祥秀 練習」に関する記事

練習再開まで6週間

右足肉離れの陸上・桐生祥秀は来年の「リオ五輪」も“黄信号”

陸上100メートルで日本人初の9秒台を狙う桐生祥秀(19)が出場を予定していたダイヤモンドリーグ2015第7戦(6月13日、米国・ニューヨーク)を欠場することになったのだ。 所属する東洋大学によれば、5月30日に同大川越キャンパスで練習中に右太もも裏を故障。今月1日に国立科学スポーツセンターで精密検査を受けたところ、肉離れと診断されたという。 トレーニング再開まで…

満を持して世界ジュニアへ/(C)日刊ゲンダイ

欠場発表で波紋 桐生祥秀「右足炎症」の深刻度

今後の貴重な大会で成果を上げるためにも、少し休むことを決断した」 東洋大を通じて、20日開幕の日本学生個人選手権(神奈川・平塚)と29日の布勢スプリント(鳥取)の欠場を発表したのが桐生祥秀(18)だ。 東洋大によれば100メートルで初優勝した日本選手権後、国立スポーツ科学センター診療所で精密検査を受け、疲労性の炎症と診断されたという。現在は練習をしていないものの、7…

None

トンビに油揚げを…

DL上海大会には、桐生祥秀(21)やケンブリッジ飛鳥(23)も出場。2人とも追い風2メートル超の参考記録では9秒台を出しているものの、自己ベストはそれぞれ10秒01と10秒10。国内初となる9秒台を狙っているわけだが、「最も9秒台に近い男」と言われて久しい桐生が10秒01を出したのは13年4月の織田記念。今季のベストは10秒04で、サニブラウンより力は上とみられて…

4月18、19日の織田幹雄記念国際に出場する桐生祥秀

「期待されてこそ…」 陸上・桐生が9秒台へ“゛ビッグマウス”

陸上男子短距離の桐生祥秀(19=東洋大)が5日、報道陣に練習を公開した。 米国の「テキサス・リレー」で追い風参考ながら9秒87をマークしたことが自信になったのか、「9秒台に耐えられる体ができてきた。(記録を)期待されて出さないと、トップアスリートという感じがしない」とコメント。 男子100メートルで日本人初の9秒台の可能性に関しては「自分の走りをすれば、出ると思う」…

日本陸上選手権の1万メートルで優勝

日本選手権でトラック2冠 成長株の大迫に“決勝進出”期待

陸連は27日、リオ五輪に出場するトラック&フィールドの日本代表選手を発表したが、男子100メートルで国内初の9秒台が期待される桐生祥秀(20)やケンブリッジ飛鳥(23)、200メートルで日本新記録を更新した福島千里(27)はマスコミを賑わせても、本番では入賞さえ厳しいのが現実だ。 体力、筋肉の質で外国人に劣る日本選手が、トラックやフィールド競技で入賞(8位以内)す…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事