日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

軍事演習・キャストの関連ニュース

日朝交渉を続けられるのか/(C)日刊ゲンダイ

飛び交う北朝鮮「核実験強行」説…日本は拉致と米国の板挟み

8月下旬、米韓が朝鮮半島で大規模な軍事演習を実施する予定だからです。いま北朝鮮は、アメリカに対して“軍事演習を中止しろ”と強く要求しています。米韓に軍事演習を行われたら、“先軍政治”の北朝鮮も対抗せざるを得ない。しかし、ただでさえ疲弊している北朝鮮にとって軍事演習は負担が大きい。かつて金日成は、銃1発で鶏1羽を失う、大砲1発で牛1頭を失うと漏らしていた。北朝鮮の要求…

信頼関係はとっくに消えている/(C)AP

露「北方領土演習」に込められたプーチンの“重大メッセージ”

「我が国として到底受け入れることができない」――ロシア軍が北方領土の国後島と択捉島で実施した軍事演習に対し、安倍首相はいきり立った。首相就任後、安倍はプーチン大統領と5回も首脳会談を重ねた。今秋のプーチン訪日も宙に浮くのがほぼ確実。安倍がいらだつのは当然である。 ロシアの軍事演習の目的は何か。日本政府は今月4日に北方領土で軍事演習する可能性があるとの情報を掴み、中止…

None

現実味帯びてきた「米朝開戦」 駐韓大使襲撃犯は7度も平壌に

米朝関係が緊迫化する中、顔に80針縫う大ケガを負ったリッパート氏(42)は7日、ツイッターに「カッチ・カプシダ(共に進みましょう)」と投稿し、“大人の対応”を見せているが、合同軍事演習真っただ中の米韓は、黙っちゃいない。 「殺人未遂容疑で現行犯逮捕された韓国籍の金基宗容疑者(54)は北朝鮮に共鳴し、平壌を7度訪問。家宅捜索で関連書籍が押収されていて、米韓は北の関与…

None

日米韓連携強化がアダ…金正恩「5月にミサイル発射」情報

「北朝鮮は、2月下旬から行われる予定の米韓合同軍事演習に神経をとがらせています。金正恩第1書記は今回の軍事演習について、事前に韓国側に中止を求めました。いつもは強気なのに、妙に平和的なのが不気味です。韓国側は予定通り行うと発表しました。合同軍事演習の内容によっては、今は下手に出ている金正恩を刺激し、暴発させる恐れがあります」(コリアレポート編集長・辺真一氏) 実は…

どっちもどっち(ロシアのプーチン大統領・左と中国の習近平国家主席)

習近平「アジア皇帝」への野望

習近平&プーチン 「悪役両横綱」が日米に見せた蜜月ぶり

中国は、杭州G20(主要国・地域)首脳会議で習近平政権の強大な権力を誇示した後、9月12日から19日まで、初めて南シナ海でロシア軍との合同軍事演習を強行した。 中国海軍は、南シナ海の海戦で「主役」となる潜水艦やミサイル駆逐艦など10隻以上の艦船を繰り出し、ロシア海軍とともに南シナ海の島を制圧していく実戦的訓練を行った。 G20では、習近平主席が「史上最も良好な中ロ関…

発射当日もこの浮かれっぷり(国際女性ビジネス会議)/(C)日刊ゲンダイ

北ミサイル連発の狙いは“拉致優先”安倍政権と米中韓の分断

同空母は16日から始まる米韓軍事演習に参加予定だ。そのため、今回の発射は軍事演習への牽制との見方もあるが、それにしても短期間でミサイルを連発しすぎだ。北の「挑発」には、さらなる思惑がありそうだ。 「真の狙いは拉致解決を急ぐ日本の足元をみて、北朝鮮包囲網から『浮いた存在』にすることではないか」と言うのは、元韓国国防省北韓分析官で拓大客員研究員の高永喆氏だ。こう続ける。…

北朝鮮のニュースを見るソウル市民(2日)/(C)AP

ミサイルは序章 8月核実験で悶絶する安倍首相の対北外交

「中国の習近平主席が北朝鮮より先に韓国を訪問、韓国は8月に米国との合同軍事演習を予定しています。北朝鮮は、そうやって米中韓の結びつきが深まるのを恐れている。9月に韓国で開かれるアジア大会に美女軍団を派遣することを表明したのは、平和的な融和をアピールして、軍事演習を中止させるため。しかし、米韓は中止しそうにないから、3カ国の牽制でミサイルを発射した。“日本を刺激しな…

ミサイルで反撃

巻頭特集 狂乱北朝鮮の謎解きと今後

米国では練られている 北朝鮮先制攻撃論の中身と現実味

昨年3月に韓国で行われた米韓合同軍事演習が参考になります。過去最大の米韓将兵約32万人が参加しましたが、例年よりかなり実戦的な訓練でした。米韓両軍の特殊部隊が北朝鮮国内の核やミサイルの施設を破壊したり、海兵隊が海から上陸し、北朝鮮の内陸部に進撃する訓練を、時間をかけて行っていました。注目すべきは、『斬首作戦』と称して金正恩ら要人を暗殺する訓練も行われたことです」 今…

日米韓首脳会談で朴大統領と握手する安倍首相

日本経済一歩先の真相

財政破綻と戦争リスクを将来世代に残すな

そう遠くない将来には、毎年の米韓合同軍事演習に「日」が加わり、日米韓合同軍事演習が展開される日が訪れることだろう。ほんとうに、これでよいのだろうか。 常にキナ臭さの漂う不安定な国際情勢を将来の世代に押し付けていいのか。それも、また過大なツケと言えよう。…

あの男ならやりかねない…/(C)AP

日本にサイバー戦争の“火の粉” 北朝鮮が2月狙う「次の作戦」

「来年は朝鮮労働党創建70周年という記念すべき年で、2月には、米韓合同軍事演習が予定されています。金正恩第1書記にとっては、国民に力をアピールしなければいけない条件が揃っているのです。米国を射程にとらえるテポドンやムスダンなどのミサイル発射、核実験が行われる恐れがあります。今のところ、北朝鮮のターゲットは米国のみですが、安倍首相の動き方によっては、日本も狙われます…

(C)日刊ゲンダイ

注目の人 直撃インタビュー

北朝鮮の専門家・朴斗鎮氏 「安倍首相は足元を見られている」

米韓軍事演習も圧力になっています。軍事演習をすると、北朝鮮もそれに合わせて、軍隊を動かさなければいけない。演習は3月と8月ですから、田植えの準備と刈り入れのときです。この圧力はキツイ。国際的な圧力を高めれば、外貨が枯渇し、内紛の火種になっていく。こうやって、相手の政治的権威を揺さぶるんです。そうしないと相手は脅威を感じない。餓死者が何万人出たところで、眉毛ひとつ動か…

小泉にも出番?/(C)日刊ゲンダイ

すでに政治日程に? 拉致被害者帰国は「8月中旬」の“根拠”

なぜなら、8月下旬には米韓の合同軍事演習が組まれているからです。北朝鮮は核実験かミサイル発射で対抗するのは間違いない。そうなれば、米韓VS北朝鮮の緊張が高まり、安倍政権がもくろむ拉致被害者の帰国、制裁解除のシナリオは吹っ飛んでしまう。つまり、どうしても米韓合同軍事演習の前に拉致被害者を帰国させ、制裁を解除しておくしかない。Xデーの日程は8月中旬になるのです」 注目さ…

人民解放軍のサイバー部隊所属/(C)AP

スパイ容疑で中国軍将校5人起訴 米中関係緊迫化の波紋

このタイミングでの発表は、米国と対立する中国がロシアとの軍事演習を行うことを受けたものとみられる。 ■中ロは対米牽制で一致 「中ロ合同軍事演習は20日から上海沖の東シナ海で行われます。両国トップが演習を視察するほか、中ロ首脳会談で蜜月ぶりをアピール。ロシア産天然ガスの中国輸出で合意する可能性もある。中国は尖閣問題で日米と、南シナ海の石油採掘問題でベトナムやフィリピン…

弾道ミサイル発射に激怒

どう動く? 国際情報を読み解く

「差し迫った脅威」激怒トランプ政権 朝鮮半島に核配備

過去最大規模の「米韓合同軍事演習」が行われている真っ最中、アメリカを挑発するように、北朝鮮が弾道ミサイル4発を発射した。 トランプ政権の危機感は、日本国民の想像以上だ。官僚たちは皆揃って「最も差し迫った脅威」と口にしている。一般の米国民も警戒しているようだ。 米国ヤフーのトップページで〈North Korea〉と検索バーに打ち込むと、勝手に「North Korea …

日米はどう動く?

巻頭特集 狂乱北朝鮮の謎解きと今後

傍観決め込む安倍政権 本気で戦争を避ける気はあるのか

3月の米韓合同軍事演習では、かつてない強硬策を講じるともいわれている。国際社会が対応を誤れば、朝鮮半島が再び火の海になりかねないほど緊張感は高まっているのに、これじゃあ、不安は募るばかりだ。 「安保法制をまとめた安倍首相の目標は、米国と一緒に戦争のできる国づくりです。日米会談の共同声明には〈日本は同盟におけるより大きな役割と責任を果たす〉とうたわれていました。つまり…

満面の笑みで演習を視察(労働新聞電子版から)

また挑発行動…死に体韓国を襲う北朝鮮「軍事行動Xデー」

国内に設けた実物の2分の1の韓国大統領府を特殊部隊に襲撃させ、関係者を拉致する軍事演習を北朝鮮メディアに報じさせたのだ。最後は一斉射撃を加え、大統領府は炎上。朝鮮中央通信は「金正恩同志は〈よくやった。敵は抵抗するどころか身を隠す隙間もないようだ〉と力強い笑みを浮かべられた」とも伝えた。どうやら、朴槿恵大統領の弾劾訴追が可決された翌10日に行ったシミュレーションらしい…

独裁体制を維持したい(北朝鮮の金正恩総書記=左と安倍首相)

巻頭特集

核ミサイルの兆候に緊迫 圧力で北朝鮮が屈服するのか

「米国は北朝鮮を孤立させるためにあらゆる手段を使う」 米韓両軍は北の記念日を見計らって、10日から朝鮮半島の西方の黄海付近などで合同軍事演習をスタート。6日間に及ぶ演習に米軍は横須賀基地から原子力空母ロナルド・レーガンを投入し、すでにグアムから韓国国内にマッハ2の超音速飛行を誇るB1戦略爆撃機も派遣した。韓国メディアは「有事の際、北朝鮮の重要施設の精密攻撃を想定し…

暴走が止まらない金正恩委員長

一触即発の朝鮮半島 韓国が狙う金正恩“斬首作戦”の現実味

10日から15日までは北朝鮮が毛嫌いする米韓合同軍事演習が韓国沖合で予定されている。国連安保理で協議中の追加制裁がまとまれば、これを口実に北朝鮮が盲進する可能性は高いとみています」 ■ウラ部隊編成の動き 朴槿恵はこれまで何度も金正恩に核・ミサイル放棄を呼びかけてきた。ところが、金正恩は一顧だにせずに暴走。親子ほど年齢の離れた若造にコケにされた朴槿恵も黙ってはいられな…

ロシアで“微笑外交”してる場合ではない

日本経済一歩先の真相

重しとなる景気は停滞 整いつつある「第3次大戦」の条件

エスカレートする米韓合同軍事演習では、北朝鮮がミサイル発射の兆候を見せれば、即座に特殊部隊が金正恩のクビを狙う「斬首作戦」の訓練まで行っているというから、ますます危うい。 いつの時代も紛争勃発の「重し」となってきたのは、経済の活況だ。今の世界経済に好況の芽があるなら、まだ救われるのだが、米国も欧州も中国も日本も、好調景気は取り戻せていない。各国が超低金利政策にカジ…

暴走が止まらない

巻頭特集

東アジアは核の火薬庫へ ならず者に包囲網は効かない

なのに、オバマ政権は、大規模な米韓軍事演習を行って北朝鮮に脅威を与えるなど、真逆のことをやっているのだから、どうかしています」 レームダックのオバマ政権も、北朝鮮問題を政治利用してきた安倍政権も、右往左往するだけで、北朝鮮の核開発にまったく対応できていない。日本を射程に収めるノドンは200基も配備されている。時間がたつほど北朝鮮の核開発が進み、日本の危機は強まってい…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事