日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

日本ユニシスの関連ニュース

None

NHK会長人事 物産出身・籾井氏浮上に“官邸ダミー”の声

NHKの次期会長に日本ユニシス前社長(現特別顧問)の籾井(もみい)勝人氏(70)が急浮上した。 籾井氏は九州大を卒業後、三井物産に入社し、鉄鋼畑を歩んだ。筆頭副社長まで務め、05年日本ユニシス社長に転身。11年6月から相談役に退いた。しかし、財界の中でも知名度は低い。物産で副社長になったとはいえ、トップになれずに“出された人”だ。その日本ユニシスは、12年に筆頭株主…

優勝カップを手に喜ぶ福原・左と高橋(左)・松友ペア

バドミントン全英OP 日本女子が中国相手に単複制覇の快挙

バドミントンの全英オープンは13日、英・バーミンガムで各種目の決勝を行い、女子シングルスは第8シードの奥原希望(21=日本ユニシス)が、第7シードの王適嫻(中国)を2-1で下し、初優勝。昨季のスーパーシリーズファイナルズ覇者は同種目で77年の湯木博恵以来、39年ぶりの偉業を成し遂げた。この日が21回目の誕生日だった奥原は一時、相手に4点をリードされながら、持ち前の…

None

日本バド史上初 桃田賢斗&奥原希望が単アベック優勝

バドミントンのスーパーシリーズ年間上位8人によるファイナル(UAE・ドバイ)は13日、各種目の決勝を行い、シングルス男子が桃田賢斗(21=NTT東日本)、同女子は奥原希望(20=日本ユニシス)がともに初優勝した。 日本勢が同大会のシングルスを制したのは初めてのこと。昨年、女子ダブルスの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)の優勝に続く快挙だ。 世界ランキング5位の桃…

女子ダブルス優勝の高橋礼華(左)・松友美佐紀ペア=左写真と五輪4連覇の伊調馨

損得で答える人生相談

リオ五輪で所属選手が大活躍 ALSOK×日本ユニシス

リオデジャネイロ五輪で金メダルを獲得した伊調馨選手はALSOK、同じく金メダルのバドミントンの高橋礼華・松友美佐紀ペアは日本ユニシスの所属です。 今回のシミュライズはスポーツ支援に積極的な両社を比べてみました。 ALSOK(綜合警備保障)は1965年設立の国内2位の警備会社です。2020年東京五輪では警備を担当します。レスリング部の他、柔道部や剣道部、陸上部など10…

None

プロの本棚

池田信太郎

09年、正社員だった日本ユニシスと、正社員ではなく日本初のプロ契約を結ぶことにつながりました」 現役時代は、気になる本を遠征の前にアマゾンや空港内の本屋で購入。 遠征先のホテルの部屋に入ると、パソコンをデスクに置き、その横に5冊ほどの本を並べるのが習慣だったという。 「本は重い。でも、電子本じゃなくて、やっぱり紙に印刷された本が読みやすくて好きなんです」 とはいえ、…

2連勝で1次リーグ突破を果たしたタカマツペア

バドミントン 日本のリーグに海外から移籍希望者が殺到中

このリーグではリオ五輪女子ダブルス金メダルの高橋礼華(26)、松友美佐紀(24)組(日本ユニシス)ら男女とも日本を代表する選手がしのぎを削っている。 先のリオ五輪では高橋、松友のほか、女子シングルスでは奥原希望(21)が銅、男子ダブルスは早川賢一(30)、遠藤大由(30)組が8強入り。14日に開幕した年間上位8組と五輪金メダリストが出場するスーパーシリーズ(SS)・…

リオ五輪では金メダル獲得

タカマツ「年間最優秀選手」に 世界バドミントン連盟発表

世界バドミントン連盟(BWF)は12日(日本時間13日)、年間最優秀選手を発表し、女子ダブルスからはリオ五輪で頂点に立った日本ユニシスの高橋礼華(26)、松友美佐紀(24)組を選んだ。表彰式は今季の年間王者を決める14日からの「スーパーシリーズ・ファイナル」(=SSファイナル=ドバイ)開幕を前に行われ、タカマツペアは他の受賞者とともに出席した。 このペアはスーパー…

早大法学部教授で前NHK経営委員長代行

注目の人 直撃インタビュー

前経営委員長代行の上村達男氏 “NHKの病巣”を解き明かす

子会社の日本ユニシスの社長を務め、ITにも強いと聞きました。経済界の委員がこぞって推薦するのに、反論できる材料はありませんでした。 ――会長指名には、12人の経営委員のうち9人以上の賛成が必要です。誰からも異論が出なかったのでしょうか。 書面の資料と推薦の辞をいきなり聞き、賛否を問われても否定的意見にはなりにくい。ただ、必ず2人の候補者を残すというような運用をすべき…

小柄ながら海外勢と互角に戦ってきた

右肩痛で棄権 リオ銅・バド奥原のフォームは故障と紙一重

リオ五輪バドミントン女子シングルス銅メダルの奥原希望(21=日本ユニシス)が会見で涙を見せた。 1日の全日本総合選手権は2回戦で鈴木温子(25)と対戦。1セット目を落とし、2セット目も2-11とリードされたところでベンチの小宮山監督(34)に右肩の異常を訴えて試合を棄権した。 試合後に会見した奥原は、8強に終わった9月のヨネックス・オープンで痛めたと明かし「実戦形…

蜜月は続く

巻頭特集

NHK会長は“粛清”強行 北朝鮮化するメディアから漂う腐臭

〈「われらの時代」は日本ユニシスという会社の1社スポンサードで、籾井さんは当時そこの社長だった。あとで聞いてなるほどと思ったのは、兄弟仁義の世界みたいな話で。福岡県の筑豊炭田で麻生炭鉱と籾井炭鉱ってのは兄弟分のような関係らしい〉 〈麻生炭鉱の方が兄貴分だから、どんなことがあっても悪く言ってはいけないという仁義がどうもあるみたいなんですよ〉 立場を利用して、意に沿わ…

写真はイメージ

街中の疑問

ANAも大損害…頻発する“システムトラブル”責任はどこに?

そこで被害を受けた全日空は31日、3億6000万円の逸失収入があったとして、システムを納入した日本ユニシスへの損害賠償請求を検討していると報じられた。同じようなシステムトラブルは、コトの大小を問わずどこでも起こりうるだろう。 損害賠償を求めるのはもっともらしいが、裁判では必ずしも請求が認められるとは限らない。システムのバグが、すべて“欠陥”と認定されるわけではない…

“世界女王”の称号を得た奥原希望

リオ五輪目指す「美女アスリート」の実力と素顔

バドでメダル期待 身長156cm奥原希望の「長身選手」対策

大宮東高(埼玉)から13年に日本ユニシスに入社。11年の全日本総合選手権で最年少優勝(16歳8カ月)を果たし、世界ジュニア選手権は11年ベスト4、12年大会優勝。…

無傷で予選突破した奥原希望選手

バドミントン奥原希望 世界女王にストレート勝ちの大金星

バドミントンのスーパーシリーズ年間上位8人によるファイナル(UAE・ドバイ)は11日、女子シングルス・1次リーグA組の奥原希望(20=日本ユニシス)が世界選手権2連覇中のカロリナ・マリン(22=スペイン)と対戦。 世界ランク1位を相手に21―9、21―15の2―0でストレート勝ちし3連勝とした。すでに準決勝進出を決めており無傷の予選突破である。 世界ランキング9位…

美貌も人気

「美しすぎるバド選手」大堀彩 全日本8強で見えた課題

バドミントン界のホープ、「美しすぎるバドミントン選手」こと大堀彩(19、NTT東日本)は、全日本総合選手権女子シングルスで8強入りしたものの、奥原希望(日本ユニシス)にストレート負け、4強はならなかった。 両親とも実業団のバドミントン部でプレーしていたバドミントン一家に生まれ、小学校、中学校の全国大会で優勝。父親がバドミントン部監督を務める福島・富岡高時代の13年に…

抗議電話が殺到

籾井会長の“お友達”に高額報酬 NHKが恐れる受信料不払い

しかも、ヤメ検の小林弁護士は籾井会長が社長を務めていた日本ユニシスの顧問弁護士だった。つまり、籾井会長の“お友達”だ。受信料で成り立っている公共放送の調査費用としては高過ぎるだろう。 こんな調子では、視聴者の不満が大爆発し、受信料の「不払い一揆」が起きてもおかしくない。すでに一部の市民団体は「受信料凍結で籾井NHK会長にレッドカードを!」という署名活動を始めている。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事