日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「内田篤人 プレー」に関する記事

ザルツブルグFW南野(右)と握手する内田

ハリルJにも朗報 シャルケ内田が1年9カ月ぶり戦列復帰

右膝の大ケガで長期離脱中だったシャルケ(ドイツ)所属の日本代表DF内田篤人(28)が、日本時間9日午前5時キックオフの欧州リーグ(EL)のザルツブルク(オーストリア)戦に交代出場。1年9カ月ぶりの戦列復帰を果たした。 0―1で迎えた83分だった。投入された内田は攻守にキレのある動きを見せ、右タッチライン際をスピーディーに駆け上がるシーンもあった。 88分には、ザルツ…

孤軍奮闘した内田 (C)真野慎也/JMPA

内田篤人、アーセナル入り秒読みか…「代表引退」示唆の裏で

各選手が評価を軒並み下げる中、一人だけアップさせた選手が、右SBで孤軍奮闘した内田篤人(26)である。 1次リーグ3試合とも攻守にわたって精力的に動き回り、ドイツやイタリアの専門紙から「世界トップ級の存在感を見せた」と評価されて高ポイントを付けられた。 「W杯前にイングランドの名門クラブへの移籍話が取り沙汰された。これが一気にまとまりそうな状況です」と話すのは欧州サ…

None

「CL出場日本人最多」でもシャルケ内田は“代表サブ”降格危機

シャルケ(ドイツ)のDF内田篤人が、日本時間7日未明に行われたCLグループE組チェルシー戦に先発出場。日本人選手のCL出場最多出場記録を、20の大台に乗せた。 ところが、プレー内容も試合結果も散々だった。序盤から相対するFWシュールレのスピードに翻弄され、持ち味の攻撃参加も数えるほど。シュートにつながるクロスを入れたのは、前半5分に右サイドからグラウンダーのパスを送…

None

シャルケ大健闘もCL敗退 内田篤人は途中出場で存在感示す

日本代表DF内田篤人の欧州CLが終わった。所属するシャルケが、アウェーでのレアル・マドリード戦(日本時間11日早朝キックオフ)を4―3で試合には勝利したが、2試合合計4―5のスコアでベスト8入りを逃した。 試合自体は、シャルケが番狂わせを起こしたと言っていい。しかし際立ったのは、レアルの大黒柱FWクリスティアーノ・ロナウドの勝負強さだった。 シャルケが前半20分に先…

代表復帰はしたものの…/(C)日刊ゲンダイ

シャルケはホームで惨敗 今や内田篤人は欧州では“タダの人”

日本代表DF内田篤人(26)が、欧州CLチェルシー戦(日本時間26日午前4時45分開始)惨敗の“戦犯”となってしまった。 開始早々、内田が攻め上がってポッカリと空いた左サイドを狙われ、ドリブルで突破したチェルシーFWジエゴ・コスタが強烈シュート。これが左CKとなり、チェルシー主将DFテリーがヘディング一発。いきなりの失点に毒気を抜かれたシャルケの選手は浮足立ち、ウィ…

代表スーツ姿ももう見られない?/(C)日刊ゲンダイ

本田圭佑 最初で最後のアギーレ日本召集か

それなりに日本人選手の情報を得ているが、初陣に際しては「まずは顔合わせということで右膝痛で練習回避中のシャルケDF内田篤人(26)以外のW杯主軸組は招集しよう──というサッカー協会側の意向に従った格好」(前出の記者)。 本田にとって、今回が「最初で最後のアギーレ・ジャパン代表」となる可能性は少なくないのだ。…

None

屈辱完敗も…シャルケ内田に「低迷ザック・ジャパンの救世主」の声

しかし、自分自身の成長が日本代表のレベルアップにつながると思えば、内田篤人にとっては大収穫だったといえるだろう。 欧州CLグループE組でシャルケ(ドイツ)の相手は、一昨季CL、昨季ELを制覇したチェルシー(イングランド)。オフに名将モウリーニョを引き入れ、持ち前の堅守速攻&絶妙セットプレーに磨きをかけた。その術中にシャルケはハマった。 前半5分に左CKの流れからFW…

決定機を外し続けた大久保 (C)真野慎也/JMPA

新布陣迷走でドロー データでも日本決勝T進出は“絶望的”

前半18分、右SB内田篤人が攻め入り、相手ゴール正面のFW大久保嘉人にグラウンダーのパスを送る。 これをマイナス方向にはたき、FW大迫勇也が左足でダイレクトにシュート。GKにキャッチされたが、日本らしい“つなぎ”からフィニッシュに持ち込んだ。 33分には左SB長友佑都が、左サイドからアーリークロスを入れ、走り込んだ大久保が完璧なタイミングでヘディングシュート。相手D…

調子の上がらない本田と香川 (C)六川則夫/ラ・ストラーダ

今夜NZ戦 注目はポスト長谷部、内田めぐる“覇権”争い

主将MF長谷部誠(30)とDF内田篤人(25)が故障で戦列を離れ、特に復帰まで2カ月かかる長谷部は「W杯本番でプレーできるか不透明」(サッカー専門誌記者)という状態。つまり、主軸組が外れたNZ戦は、控え組にとって主軸を追い落とす千載一遇のチャンスなのだ。 サッカージャーナリストの六川亨氏が「切羽詰まっていた昨年12月のオランダ戦(2―2)、ベルギー戦(3―2)の前と…

意外な頭痛のタネが…

ハリル監督自信満々の裏で…日本代表が抱える“頭痛の種”

「右サイドバックのレギュラーDF内田篤人(27)はケガが長引き、今回はメンバーから外れた。酒井宏樹(25)、酒井高徳(24)のドイツ組が右SBのポジションを争う形だが、2人ともパッとせず、日本のアキレス腱となっている。国内組に目ぼしい選手もおらず、指揮官は『高徳以上の選手が(国内に)いれば、明日にでも招集したい』という言い回しをしながら、右SBの人材不足を嘆いてい…

ついに年貢の納め時?

中傷コメントも 長谷部誠の結婚報道に女性ファン“阿鼻叫喚”

<この女ちょっとタイプだとホイホイついていく顔><サッカー専門のプロ彼女だな> 「non-no」の同じコーナーには日本代表DFの内田篤人(26=独シャルケ)も登場していたことから、<ウッチーには相手にされなかったパターンか><うっちーを落とせなかったから長谷部に行ったか>といった心ない書き込みも目立つ。 ハリルホジッチ新監督を迎え、日本代表は3月27日と30日に親…

ゲリング日本代表コーチ/(C)日刊ゲンダイ

アギーレ不在で存在感 “謎の代表ヘッドC”ゲリングの正体

セリエAではここ4試合、疲労困憊で無得点のミランMF本田圭佑(28)、左手首故障のシャルケDF内田篤人(26)などの欧州組にアギーレ体制後、初招集となったG大阪のMF遠藤保仁(34)、MF今野泰幸(31)のブラジルW杯組たち総勢23人が練習メニューを消化したが、この日の合宿ですサプライズがあった。 イングランド人のヘッドコーチ、スチュアート・ゲリング(40)が、日本…

ひさびさの代表召集 (C)JMPA/真野慎也

シャルケ完敗の“戦犯”内田は日本代表の救世主にはなれない

ブラジルW杯メンバーのDF内田篤人(26)がプレーするシャルケが、欧州CLでポルトガルの強豪スポルティングと対戦(日本時間6日午前4時45分キックオフ)し、2─4の完敗を喫した。戦犯のひとりが、2失点に絡んでしまった内田である。 後半7分、相手左FWナニへの対応が遅れ、パスを受けたDFジェフェルソンが強烈シュートで勝ち越し点。同27分には右サイドからクロスを放り込ま…

今後は専務理事に専念/(C)六川則夫(ラ・ストラーダ)

原博実氏が語る「ザック日本の敗因」「専務理事兼務への批判」

DFの吉田麻也と内田篤人、MF長谷部誠の3人は本大会に間に合わないかも知れないくらいの大ケガでした。クラブで試合に出られず、コンディションの上がらなかったMF本田圭佑とFW香川真司。試合をこなして疲労をためていたFW岡崎慎司やDF長友佑都たち。W杯イヤーでタイトなJリーグ日程で頑張ったJリーガー。代表チーム内の《コンディショニングのバラつき》にも苦労しました」 ――…

アジア大会メンバーを発表した手倉森監督(左)と佐々木監督 (C)六川則夫/ラ・ストラーダ

U-21代表で鮮明 ブラジルW杯DF陣はほぼ全員召集外

豊富な運動量がウリのDF長友佑都(27)、積極的な攻撃参加が高評価のDF内田篤人(26)も、サイド攻撃のアイデア不足という欠点を抱えている。彼らはあっさりアギーレに切られる可能性もある。 それに対しU-21代表には、ザックジャパンのDF陣の欠点を補って余りある才能が揃っている。前出の記者が言う。 「U-21代表に選出されたG大阪の187センチDF西野貴治(20)、鹿…

本田は2得点も身体は重いまま/(C)六川則夫(ラ・ストラーダ)

ザンビア戦逆転勝利も…日本は“不安材料”抱えたままW杯へ

攻守ともにリズムに乗り切れない日本は前半9分、右サイドからのクロスのこぼれ球をGK西川周作とDF内田篤人が〝お見合い〟。その間隙をMFカトンゴに突かれて頭で押し込まれた。 さらに29分、右CKからMFシンカラが右足ダイレクトシュートで追加点。それでも40分に本田がPKを決め、前半を1ー2で折り返した。 後半28分、日本はラッキー弾で同点に追い付いた。左サイドからFW…

代表を引っ張るセレッソ組/(C)日刊ゲンダイ

長谷部が右ヒザ再手術…山口蛍が代表正ボランチでW杯へ

3月5日のニュージーランド戦(国立競技場)の日本代表メンバーが27日に発表され、MF長谷部誠(30)とDF内田篤人(25)のドイツ故障組は、招集外となった。 古傷の右太もも肉離れを再発させた内田は、3月中の復帰を目指して現在リハビリ中だが、深刻なのが長谷部である。 1月14日の練習試合で右ヒザ半月板を痛め、全治4~6週間。17日に日本で手術を受け、2月中旬にドイツに…

None

シャルケCL敗退危機 内田のW杯レギュラーにも“黄信号”

シャルケDF内田篤人(25)の生命線は「欧州CLの常連」である。 日本人CL最多出場記録保持者にして唯一のCLベスト4経験者。欧州の名だたる強豪との試合で攻守のバランスを取りつつ、チームを勝利に導くプレーをこなす。CLでの高評価が日本代表定着のよりどころなのだ。 そのシャルケが今CLで苦戦続き。グループE組で序盤2連勝からチェルシー相手に2連敗。そして迎えた5試合目…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事