日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

今永昇太特集

謙虚過ぎる左腕の駒大・今永投手/(C)日刊ゲンダイ

巨人ゾッコンのドラ1候補 駒大・今永に「社会人入り」情報

球団関係者によると、その中でも1位の有力候補は、駒大・今永昇太投手(3年=北筑)だという。 178センチ、78キロ。昨秋の明治神宮大会で駒大を日本一に導いた最速148キロの即戦力左腕だ。パ・リーグの某スカウトは「投球フォームのバランスがいいから直球が伸びる。多彩な変化球もあって、何より制球力が抜群。安定感、完成度はナンバーワン」と言う。 そんな超目玉左腕に気になる…

巨人には負けられない

DeNAラミレス監督 早くも「開幕投手は石田」の深謀遠慮

不安を払拭できるか

スカウト注目 駒大・今永の「復活登板」落合GMに朗報のワケ

春先に左肩痛を発症して長期離脱していた今秋ドラフト1位候補の今永昇太(駒大4年)が、11日の日大戦で昨年11月の明治神宮大会以来となる登板を果たした。 延長十二回、3番手で登板した左腕は、1回1安打2四球ながら最速は自己最速に迫る147キロをマーク。「ケガをする前の自分は捨て、新しい自分をつくる気持ちで日々取り組んできた」と、復活に向けての第一歩を踏んだ。 この今…

キャンプで好投が続くも…

DeNAドラ1左腕今永 ローテ入りへの課題は「外角球」の精度

松本を投ごろに仕留めた今永

シート打撃で好投も…ベイ今永「勘違いするとダメになる」

15日に行ったシート打撃に今永昇太(22)が登板。ロペス、梶谷、黒羽根、松本、柴田、飛雄馬の6人と対戦し、1安打3三振。梶谷を内角チェンジアップで空振り三振に抑えたときは、ナインの間からも驚嘆の声が上がったほどだ。 今永は「(捕手の)嶺井さんのサイン通りに投げただけです」と淡々とこう言った。 「良いか悪いかで言えば良い結果ですが、これで満足はできない。今日は出来過…

左肩の本当の状態は…

ドラフト目玉の駒大・今永 「左肩痛」後遺症をスカウト不安視

ケガさえ完治すれば小笠原(東海大相模)と並ぶドラフトの目玉と言われる駒大の左腕・今永昇太(4年=北筑)。 春のシーズンを左肩腱板炎で棒に振ったものの、15日の専大戦に先発して8回8奪三振。ストレートは何度も145キロを計測するなど、ネット裏の約30人のスカウトは「復活したとみていい」と口をそろえた。 しかし、いずれも社交辞令の可能性が高い。 「少なくともスタミナは戻…

二回表クルーズに先制ソロを打たれた今永

投手尊重でも勝てず…DeNAラミ監督“サイン出し”秒読み

ローテ入りへ前進した今永

ドラ1左腕今永ローテに前進 いきなり対戦の巨人は戦々恐々

DeNAのドラフト1位左腕、今永昇太(22=駒大)が先発した2日のヤクルトとのオープン戦で5回1安打無失点の好投。これで、練習試合を含めて計12回無失点と開幕ローテーション入りへ突き進んでいる。 「恐怖心なしにいく姿勢がいい」 ラミレス監督がそう言ったように、3者凡退に切って取った初回は3番の山田から空振り三振。昨季のトリプルスリーを相手に臆することなく内角攻めを…

小さな「大型」左腕

新戦力の正体

DeNA浜口遥大 マウンドに上がるときは“格闘家のDNA”騒ぐ

現在の師匠は同じ左腕で「ドラ1」の1年先輩、今永昇太(23)だ。 「下半身のバランスが乱れやすいので、コントロールもバラつきやすくて。その相談をしたら、『逆傾斜(上り坂に左足を引っかけるイメージ)を使って軸足を残した方がいいよ』と。それで安定したピッチングができるように練習しています」 目下の目標は開幕ローテ入り。目指すは2ケタ勝利と新人王。「僕は『注目のドラ1』…

DeNA今永も「意識高い系男子」?

シャンプーにもこだわり ベイ今永のキャンプ“三種の神器”

DeNAの今永昇太(23)は日頃愛用しているメーカーのシャンプーをわざわざ持参している。 「『LUX(ラックス)』のシャンプーとコンディショナーを持ってきています。匂いもそうですけど、髪の毛に合っているかなと思うので。違うやつを使って髪の毛がキシキシになったり違和感があったりすると、短くても落ち着かなくて気になるんですよ」 忘れたときは現地調達するというからこだわっ…

持ち前のストイックさで海を渡れるか

DeNA今永は年末の酒席にもメモ帳持参の“データおたく”

DeNAの今永昇太(23)もそのひとりだという。目下の目標は、楽天の則本昂大(26)、阪神の藤浪晋太郎(22)、ソフトバンクのドラ1・田中正義(22)らが加わった「ダルビッシュ軍団」入り。則本や田中はメジャー志向が強く、今永も見据える先は海の向こうだ。 今永はルーキーだった今季、開幕から先発ローテに定着。22試合に登板し、8勝9敗という成績だった。DeNAからのド…

軍配はだちらに?

菅野と田口はベイ苦手…巨人CS第1S敗退これだけの根拠

DeNAラミレス監督は下馬評を覆すか

DeNAがCS初進出 警戒する広島は「巨人の方がやりやすい」

評価がうなぎ上りの創価大・池田

巨人が2位狙いの創価大・池田 完全復帰で“外れ1位”に昇格

高橋監督も頭が痛い…

負け越しでV逸75%…巨人を悩ます対DeNAの“嫌なデータ”

左脇腹肉離れで離脱した梶谷

キーマン梶谷開幕アウトも大丈夫 今季のベイは投手陣牽引

“男気連投”も辞さない原樹理

ドラ1東洋・原の入れ替え戦3連投覚悟にヤクルトがヒヤヒヤ

原は、1戦目にDeNA1位指名の左腕・今永昇太との「ドラ1」対決で8回1失点と好投するも、敗戦。四回に右ふくらはぎをつるアクシデントに見舞われても、タフな精神力で乗り切った。「ここで悔いが残る戦いをして、先(プロ)で野球を続けるのは自分が一番つらい」と、並々ならぬ気持ちで入れ替え戦に臨んでいる。 一方、指名したヤクルトは原の“男気”にヒヤヒヤだ。8日の雨天中止を挟…

オリックスドラ1指名の吉田正尚

「最も得したのはオリ」 “流しのブルペン捕手”ドラフト採点

また、即戦力の投手を1位・今永昇太、2位・熊原健人(投手=仙台大)と指名できたDeNAは、2人を獲得できたというだけで、十分に得をしたドラフトです。 ■巨人にはフロントの切迫感を感じた 巨人の指名には正直、驚きました。単独1位で桜井俊貴、2位で重信慎之介(外野手=早大)を指名。桜井は、1年秋から頭角を現し、大きな故障もなく大学4年間でコンスタントに成績を残し、1年…

日本ハムなどが狙う

即戦力ドラ1候補 明大上原の強みは直球より「3つの変化球」

故障からの回復具合が心配されるが、駒沢大の左腕・今永昇太と富士大の本格派右腕・多和田真三郎は、体調さえ万全に戻れば、1年目のあたまからローテーションで活躍してもおかしくない実力者たち。 春にぐっと成長し、そしてこの秋、さらに急激に安定感を増している大阪商業大・岡田明丈の潜在能力は高い。大学生でも将来性が魅力。3年後、コンスタントに140キロ後半をマークする快速球と…

股関節を痛め二軍落ちした杉内

杉内手術で左腕先発激減…巨人に早くも来季“投壊危機”

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事