日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「矢部浩之 結婚」に関する記事

テレビでは痴話喧嘩を披露も…/(C)日刊ゲンダイ

田中みな実&オリラジ藤森に「破局」情報…仕事優先で決断か

「青木は退社後、ナイナイの矢部浩之と結婚して出産。いまは育児に専念しているため、フリーとしての実績はゼロ。今後、彼女が表舞台に復帰することは難しく専業主婦の道を歩むでしょう。小林は小林で、気が付けば唯一のレギュラー番組『バイキング』(フジテレビ系)で結婚できないイタい女のキャラクターが定着。かつてアイドルアナとして人気を誇った頃のオーラは感じられない。フリーでバリ…

「いいお付き合いをしたいですね」とお惚気/(C)日刊ゲンダイ

“濱口効果”でオファー急増! 南明奈のシタタカ人生設計

交際が順調にいって、2人に結婚の覚悟ができれば、矢部浩之と青木裕子アナの結婚報告のときのように、番組を使ってひとつのイベントにするかもしれません。もし結婚すれば、加藤浩次の嫁のように、芸能界から一線を引いたとしても『濱口の嫁』としてテレビに出ることができる。南にとってはオイシイ相手。以前、交際していた『Kis―My―Ft2』の玉森裕太とはジャニーズの看板が邪魔してう…

夫婦共演にも意欲マンマン

新婚ホヤホヤも…スパローズ森田の妻「貧乏覚悟している」

婚姻届の証人には「博多華丸・大吉」華丸と「ナインティナイン」矢部浩之という豪華な名前が並び、17日には矢部が司会を務める番組でプロポーズの様子などが放送された。20年間、ブレーク寸前と言われながら一向にブレークできない森田。妻・絹川に不安はなかったのか……。 ■誕生日プレゼントは1500円の鉛筆 森田悟(以下、森) 最初に会ったのは10年近く前。当時はお互いに別の相…

女性にはめっぽう弱い/(C)日刊ゲンダイ

2人の「ひろゆき」に先越され…ナイナイ岡村に春は来る?

どんどん取り残されていく……」 相方の矢部浩之(42)は昨年、元TBSアナの青木裕子(31)と結婚。2人の“ひろゆき”に先を越されたとあって、焦りは加速している。 「今年は同棲がしたい。自分を変えていかなければと思っているけど……。無理なら、女性と海外旅行に行ってみたい」と目標を語ったが、「(恋愛すると)僕が勝手に運を吸い取られていると思ってしまう。運を吸い取られる…

13年3月に結婚/(C)日刊ゲンダイ

ナイナイ矢部の浮気を暴露した妻・青木裕子のソロバン勘定

今年3月に第1子となる長男を出産後、初の公の場となった青木は、夫の「ナインティナイン」矢部浩之(43)の「女性問題」をネタにするという“荒業”で報道陣を驚かせた。 冒頭の発言は著書の中で矢部と大ゲンカの末に家出したことがつづられているくだり。その詳細を問われると、「あれは妊娠中。主人は息子が生まれるまで結構チャラチャラしていたので、その一環。彼に女性問題が発覚したの…

どんどん取り残され…/(C)日刊ゲンダイ

「占い師が今年なければ一生ないと」…ナイナイ岡村の焦燥

矢部浩之(42)は「タレントさんが好き、癖なんでしょうね。ずっと中学生なんです。<一生、かわいい子に振り回されたい>って言っていた」と暴露していた。 「キャイ~ン」天野ひろゆき(43)の電撃結婚、相方・矢部の第1子誕生が間近と、お笑い界のめでたい空気に取り残されっぱなしの岡村。「周りから<大丈夫なの?>と(女性の)紹介のお誘いがある。天野が、奥さんの友達でイチオシと…

日本シリーズでも活躍していたが…/(C)日刊ゲンダイ

女子アナたちの球場での意外な評判…現場で拾った“生の声”

かつて悪評ふんぷんだったのが「ナインティナイン」矢部浩之(42)の妻で元TBSアナの青木裕子(31)。 「スレンダーな体形なのでモデル系が好みの選手からは『かわいい』と言われていましたが、各チーム2時間はある練習時間中、ただボーッと突っ立っているだけ。そばを通った選手や監督に挨拶もせずに棒立ちで、チーム内からは『愛想が悪い』、報道陣からは『邪魔』と陰口を叩かれてい…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事