日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「真田広之 出演」に関する記事

ハワイ育ちの天真らんまんさが魅力

英語ペラペラ&高身長 すみれ“ハリウッドで成功”の可能性

渡辺謙、浅野忠信、真田広之、松田聖子、菊地凛子、竹内結子、菊川怜……枚挙にいとまがないほどだ。 「1、2本出演した芸能人はたくさんいます。それだけでもすごいけど、最近は渡辺謙のように、活躍し続けている人もいる。すみれさんがハリウッドで活躍できる可能性は十分あるでしょう。7歳からハワイで暮らしているから英語は問題ないし、身長175センチで手足が長く、顔立ちも“アジアン…

None

葉月里緒奈 魔性伝説再び

葉月は95年、映画の共演をきっかけに真田広之(56)と不倫。手塚理美(55)との離婚(97年)に追いやった張本人と大バッシングを受けた。その後、98年にハワイのすし職人と結婚も2カ月で離婚。04年に不動産会社の御曹司と再婚し、長女を出産、ようやく“魔性”封印と思いきや、2年前に極秘離婚していたのだ。 子供をアッサリ手放し、豪邸を出た理由は新恋人の存在ともっぱら。相手…

None

葉月里緒奈テレビ復帰のウラ

映画「写楽」(1995年)のヒロインの花魁役などで人気を集め、同作で共演した真田広之との不倫騒動でも芸能マスコミを賑わせた葉月。98年には篠山紀信撮影のヌード写真集が話題になり、世の男たちをとりこにしたが、今やそうした妖艶さは消え、ほっそりとやせて激やせを心配されるほど。 「彼女は98年にハワイ在住の寿司職人と結婚も、わずか2カ月でスピード離婚。04年に不動産業を…

芸歴26年で初の当たり役/(C)日刊ゲンダイ

浅野忠信がNHK「ロング・グッドバイ」にハマった理由

が、トシも経験も上の渡辺謙(54)や真田広之(53)と比べると小物感が漂う。2010年、日本アカデミー賞で主演男優賞にノミネートされるも、最優秀主演男優賞に輝いたのは渡辺謙。どうしても先輩には勝てないのだ。 「浅野忠信は、綾野剛や加瀬亮に近い。正統派の美形とは言いがたい“雰囲気ハンサム”の先駆け的存在です。彼らは雰囲気が大事のハードボイルドと相性がいい。『ロング──…

“長すぎた春”に…/(C)日刊ゲンダイ

「京香の夫」より仕事優先 遠のく長谷川博己のゴールイン

これまで結婚が噂された真田広之の時も、堤真一の時もそうだった。仕事より結婚という尽くす女なんです。それで相手と温度差ができて、“長すぎる春”になってしまう。長谷川とも、そうなる恐れは十分にあります」(芸能リポーター) 京香なら、土下座してでも「後妻に」なんて金持ちのオヤジがわんさかいるだろうが、そういう男性には興味がないらしい。何だか薄幸な女役を自ら買って出ているみ…

None

キアヌ主演「47RONIN」 記録的大コケもプロは高評価

今回の役柄に真摯に取り組んだキアヌの姿勢は、大石内蔵助役の真田広之との壮絶なチャンバラシーンにもよく表れている。そして大きなポイントは、リンシュ監督が忠臣蔵の精神を理解していること。世界各地で内紛が絶えないことからも分かるように、外国人にはあだ討ちは連鎖するもので終止符を打つという思想はない。最後の四十七士の切腹シーンを劇的かつ華々しく描いたのは、極めて日本的な情緒…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事