日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

新生銀行の関連ニュース

イエスマンばかり集めても

露骨な“お友達”人事 日銀審議委員に黒田派役員抜擢の茶番

「以前から名前は挙がっていたので驚きはないですが、露骨すぎる」(日銀番記者) 政府は19日、日銀の審議委員に新生銀行の政井貴子執行役員(51)を起用する同意人事案を衆参両院の議院運営委員会理事会に提示した。 政井氏は、6月29日に任期を迎える石田浩二審議委員(三井住友銀行出身)の後釜に座る。 「2月のマイナス金利導入に反対票を投じた石田氏に対し、政井氏はよき“理解者…

昼飯代の平均587円は牛丼セットより上

吉野家はまだ7台…“超レア”牛丼移動販売車はどこにいる?

新生銀行の調査(サラリーマンの昼食代事情2016)によると、昼メシ代の平均は587円。それでも“吉牛”なら、並盛り+「みそ汁、お新香付き」のセット(510円)が楽々食べられる。 「普段はコンビニ弁当、立ち食いソバ、牛丼、コーヒーとサンドイッチを毎週1回ずつ、残り1日は同僚に付き合います。そのときでもメシ代は700~800円程度です」(40代の経理マン) 優雅に“10…

まずは通信費から

2017年激変 サラリーマンの暮らし

“節約のプロ”丸山晴美さん 会社員小遣い増のコツを伝授

新生銀行のお小遣い調査(2016年)によると、これが男性会社員の平均的な姿だそうだ。1カ月のお小遣いは3万7873円。ただし、社会人だけの世帯はちょっとリッチで4万円を超える。一方で、未就学児と小学生がいる世帯(2万5457円)や中高生だけがいる世帯(2万6698円)は、3万円にも届かない。 最近は共働きで財布も別々という夫婦が増えているようだが、依然として小遣い派…

プロはこう見る 経済ニュースの核心

社内に不満鬱積 「新生銀行」未返済の公的資金は3500億円

大手銀行で唯一、公的資金が残る新生銀行の内部に不満が鬱積している。今夏に実施した社内の階層別の意識調査で、「経営層と社員との認識に大きなギャップがあること」、しかも「現場に近いほど銀行の方向性について厳しい見方をしていること」が明らかになったのだ。 調査は米有力コンサルティング会社のマッキンゼー・アンド・カンパニーに委託されたもので、評価項目は銀行の「方向性」をはじ…

苦しい時の池田頼み

プロはこう見る 経済ニュースの核心

ゆうちょ銀・池田新社長 “咸臨丸”の船長が目指す地銀連携

新生銀行とあおぞら銀行が合併して誕生する新銀行のトップへの招きだった。声を掛けたのは金融庁。97年に相次いで国有化され、外資に支配されていた新生銀行とあおぞら銀行は、巨額な公的資金返済という課題を抱えていた。 だが、ここでも池田氏は火中のクリを拾う。その就任会見で発したのが冒頭の「咸臨丸」発言だった。「アメリカ(外資)に渡った咸臨丸(合併後の新銀行)を船長として日本…

写真はイメージ

忘年会シーズン必読 “激安居酒屋”のカラクリと賢い飲み方

なにしろサラリーマンの小遣いは、月額3万7873円と前年比231円の微増ながら、近年で過去3番目に低い金額だった(新生銀行の「2016年サラリーマンのお小遣い調査」)。 その結果、1分10円、あるいは15分300円で飲み放題とか、ハイボール1杯99円、生ビール何杯飲んでも1杯199円、15分375円で飲み、食べ放題なんて店まで出現し、大繁盛している。 ■忘年会に「…

写真はイメージ

50歳から鍛える「老後力」

老後資金をキープする「節税力」と「チリ積も力」

洋服や雑貨などを購入できる『メルカリ』をはじめとしたフリマアプリを活用すれば、個人間売買ですから、消費税はかかりません」(前出の丸山晴美氏) サラリーマンの1回当たりの平均昼食代は、50代は566円(新生銀行「2016年サラリーマンお小遣い調査」)。毎食、ナナコを使って弁当を買うと、1回当たり5ポイント(5円)の還元。年間240日の出勤で1200円。10年間続ければ…

給料も上がらないのに…

石原大臣が明言 「消費税15%」で小遣いはこんなに減る

サラリーマンの小遣い平均額は、月3万7873円だ(新生銀行16年調べ)。それが消費増税のせいで2万円カットとなれば、ワンコインランチすら食べにくくなる。 「“石原発言”で、まだ家計に余裕のある世帯の財布のヒモも固くなるでしょう。消費はますます冷え込み、給料も上がらないという悪循環が加速しそうです。消費税より東京五輪の費用を何とかしろ、ですよ」(前出の荻原博子氏) 言…

かつては“ビジネスクラス”の感覚を味わえた

ついに顧客満足度4位に…スタバはなぜ不人気になったのか

サラリーマンの小遣い平均額は、09年に4万5775円だったのが、今年は3万7873円(新生銀行調べ)と8000円近くも減っている。そりゃスタバより80円も安いドトールに満足感を覚えるはずだ。 「カフェで読書でも、という中高年客にとっては照明が明るいドトールの方がありがたい。高いうえに暗いスタバはちょっと……数十円の差を割高に感じるシビアな時代ともいえるでしょう」(柏…

失敗を認めない日銀黒田総裁

「国債離れ」で反旗 三菱vs日銀に飛び交う“出来レース説”

日銀の審議委員にはもともとメガバンク枠がありますが、6月29日に任期が切れる石田浩二審議委員(三井住友銀行出身)の後釜には、黒田総裁に好意的な新生銀行の政井貴子執行役員が座ることに。露骨なメガバンク外しに対する意趣返し、なんて笑えない冗談も飛び交っています」(経済ジャーナリスト・岩波拓哉氏) こんな見方もある。 「三菱と日銀の出来レースじゃないか、というのです。マイ…

首脳会談を終え共同記者会見する安倍首相とメルケル首相(4日、ベルリン郊外)

巻頭特集

こっそり政策転換の安倍政権 戦犯リフレ派の放逐が必要

恐ろしいのは日銀審議委員で、この期に及んで、リフレ派の論客、原田泰早大教授が昨春、就任したのに続き、今年の6月に新任される新生銀行執行役員の政井貴子氏もマイナス金利容認派なのである。いまだにリフレ派跋扈だから、怖くなる。 断っておくが、リフレなんて、マトモな経済学者ならば相手にしなかった異端の学説なのだ。伊東光晴京大名誉教授はかつて本紙の取材に「議論するのもアホらし…

消費税10%へ着々だが…

安倍首相は本気…消費税10%で家計は4万6000円の負担増

総務省の14年家計調査を使って、家計への負担額を試算したところ、平均で年間約4万6000円でした」 サラリーマンの平均小遣い(15年)は月に3万7642円だ(新生銀行調査)。その額を上回る負担増だから、小遣いの減額は避けられそうにない。 世帯主の年齢別で見ると、50~59歳の負担が最も重く5万6000円。次いで、40~49歳の5万1000円、60~69歳の4万800…

小遣いは手数料がタダの引き出し専用口座から

マイナス金利時代の金銭習慣

“2つ目口座”はネット銀行がベター

新生銀行もほとんどのATMで24時間365日タダにしています。こうしたネット銀行を“2つ目口座”として利用するのは、賢いやり方。多少ですが都銀などより預金金利が高いし、振込手数料が安くなるケースがあるので検討するべきです」 もうひとつ、手数料重視なら、労働金庫も忘れちゃならない存在だという。こちらもセブン銀行や郵貯銀行のATM出金手数料が回数無制限でタダ。地方の工場…

写真はイメージ

マイナス金利の希少な恩恵 「住宅ローン」はこう活用する

新生銀行は金利を最大0.1%引き下げ、10年固定型の金利を年1.15%とした。住宅金融支援機構の「フラット35」の金利も下がる見込み。すでに不動産市場は“バブル崩壊”が指摘されているが、それでもマンションは「買い」なのか。 住宅ジャーナリストの榊淳司氏が言う。 「大きく分けて、買っていい人とダメな人に分かれます。買ってもいいのは、キチンと頭金を準備し、年収の5倍以…

借金が家族にバレることだけは避けたい…

たった1分! これが家族にバレず借金を減らす「裏ワザ」だ

2015年6月に発表された「2015年サラリーマンのお小遣い調査」(新生銀行調べ/20代から50代の働く男女2300人対象)によると、男性サラリーマンの毎月の小遣い額は、14年から1930円減って3万7642円。これは1979年の調査以降、過去2番目(最低額は82年の3万4100円)に低い金額で、特に40~50代のサラリーマンは4000円以上の減額だ。 小遣いが減れ…

米倉裕之氏

40歳定年制のススメ

天下の東京海上を辞めた理由

その部門が新生銀行に売却されることになったが、売却プロジェクトのリーダーを務め、東京海上にいたらできなかった経験をした。すぐに他の外資に良い条件で誘われたが断り、「ぐるなび」に移った。食文化を豊かにするといった創業者の理念に引かれると同時に、飲食業やネットでの経験によって自分の幅が広がると考えたのだ。執行役員に就き、経営企画等を担当した。 しかし、年収は東京海上時代…

やってられない…

物価は上昇も…「サラリーマンの小遣い」過去2番目の低さに

新生銀行が29日、「2015年サラリーマンのお小遣い調査」(20代から50代の働く男女2300人対象)を発表した。それによると、男性会社員の毎月のお小遣い額は、前年比1930円少ない、3万7642円。ナント、1979年の調査以降、過去2番目(最低額は82年の3万4100円)に低い金額である。特に、40代、50代のサラリーマンは4000円以上の減額で、養育費・教育費な…

金利以外にもメリット/(C)日刊ゲンダイ

災害、疾病、子守り…どんどんサービス拡充する住宅ローン

新生銀行は、保育や家事代行のサービスをセットにした。顧客の借入金に応じてクーポン(3000万円以上なら50枚)を発行。急に発熱した子供を預ける際は2枚、掃除や料理といった家事を代行してもらう際は1枚という具合にクーポンでサービスを受けられる仕組みだ。15万7500円の事務取扱手数料(通常は5万円)がかかるが、共働きの子育て世代にはうれしい。 借り換えを考えている人…

生活実感はゼロ/(C)日刊ゲンダイ

恩恵は都市部から地方へ…? アベノミクス好景気の大ウソ

また、新生銀行の調査では、サラリーマンの小遣いは月3万9572円。2年ぶりに増加したとはいえ、増えたのは1115円ぽっち。リーマン・ショック前の08年の4万5825円には遠く及ばず、消費税アップ分にすら追いついていない。 一方、ハリー・ポッターの新アトラクションが誕生したUSJは、連日ちびっ子たちで大行列だが、海外旅行の予約は円安もあって7月が前年比12・3%減、…

写真はイメージです/(C)日刊ゲンダイ

接客がヒントに 月3回の居酒屋より1人1万円の高級店へ

サラリーマンの小遣いは、24年前のほぼ半分の約3万9000円に減っている(新生銀行調べ)。寂しい懐で、昼飯も飲み会もやりくりしないといけないのは、ムチャクチャつらい。飲み放題3000円のうるさい大衆居酒屋でガマンする気持ちはよく分かるが、これからは頭を切り替えよう。月3回の居酒屋をガマンして、1回1万円以上のこだわりの店にチャレンジするのだ――。 電器メーカーのAさ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事