日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「小田孔明 スイング」に関する記事

2人の差は歴然/(C)日刊ゲンダイ

遼ひさびさ国内ツアーVも「松山英樹との差は歴然」と専門家

今季国内3戦目となった石川遼(22)が最終日67で回り、通算10アンダーで並んだ小田孔明(36)とのプレーオフを制し、1年8カ月ぶりとなるツアー11勝目を挙げた。また、今季国内初戦となった松山英樹(22)は68で回り、通算3アンダーの17位だった。 首位の小田と1打差で迎えた最終18番パー5。石川はグリーン手前花道からの3打目をピン手前1メートル弱に寄せると、この試…

イラスト・上間久里

レッスン最前線2014

アイアンとドライバーで打ち方を変える

先週のブリヂストンオープンは小田孔明が1打差で藤田寛之を振り切り、今季ツアー2勝目を挙げた。優勝賞金3000万円を手に入れたことで、賞金ランキングトップに返り咲いている。 招待選手であったB・スネデカーは3日目のハーフ終了時点、体調不良で棄権となったが、ボクが注目したのが彼のトップスイング。金曜日の午後、トーナメント会場の練習場でスネデカーのスイングを間近で見たが、…

小田孔明プロ

内藤雄士が分析 トッププロの企業秘密

小田孔明 インパクトで左手首が手のひら側に折れる

昨年、初めて賞金王になった小田孔明プロは、強靱な肉体の持ち主です。 それは、小さいころから腹筋や腕立て伏せなど、父親がスパルタ的に課したトレーニングのたまものだそうです。 小田プロのスイングは、そのパワーに支えられたものといってもいいでしょう。 ウイーク気味のグリップで、ハンドファーストに構えたところから、左手の甲が手のひら側に折れるような感じで一気にインサイドにク…

None

日本のゴルフを斬る

日本人プロが学ぶべき スピースの左ひじの使い方

主力選手は池田勇太23位、宮里優作と小平智が28位、小田孔明55位、リオ五輪代表を狙う片山晋呉は予選落ちだった。 欧州ツアーのアブダビから駆けつけた招待選手のジョーダン・スピースは優勝スコアに1打及ばなかったが、最後まで魅せてくれた。左利きで右打ちのスピースのスイングは変則打法だとよくいわれる。確かにグリップから変わっていて、ショットをするときも、パットをするときの…

None

プロ求道

メジャー出場は海外で権利を奪う時代

だから片山晋呉、宮里優作、小田孔明が、全英オープン出場権が得られる先週のタイランド選手権に出場したわけです。 つまり、これまでと違い、日本ツアーが終わった後のオフがなくなったといえます。通常なら1年間戦って、オフを迎えてスイング改造に取り組んだり、トレーニングで体を鍛えて開幕戦に備えるわけですが、1年を通して戦うスタイルが求められているのです。オフで調整するなんて…

竹谷佳孝

小っちゃな業師 竹谷佳孝ツアー日記

大先輩からガツンと一撃くらったアドバイス

片山晋呉さん、小田孔明さんと同組。ゴルフの神様のおぼしめしなのか、2人のプレーがとても勉強になりました。 小田さんは一度ギアが入ったらその勢いに乗っていくプレースタイル。 一方の片山さんは、とにかく何があってもバタバタすることなく、マイペースを貫き、淡々とプレーするスタイルです。僕にとって片山さんのスイングうんぬんではなく、自分のリズムでショットする感覚がうらやま…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事