日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

長谷部誠特集

代表歴97試合のMF長谷部

独チームでは“便利屋” 長谷部誠がハリルと交わした危機感

生来の統率力、メンタルの強さ、そして知的な立ち居振る舞いで日本代表キャプテンを務め、チームを牽引しているのが、独ブンデスリーガ1部・フランクフルトでプレーしているMF長谷部誠(32)である。3月のW杯2次予選アフガニスタン戦(24日)、シリア戦(29日)でも安定したプレーを披露。2次予選7勝1分け、無敗1位通過の原動力となった。しかし、所属フランクフルトでは“便利屋…

長谷部は大迷惑?

知名度大幅アップ 長谷部誠との結婚報道で得した佐藤ありさ

先週17日、一部スポーツ紙が“今秋結婚”と報じたサッカー日本代表キャプテンの長谷部誠(31)とモデルの佐藤ありさ(26)。 交際そのものは事実のようだが、結婚について長谷部は早朝に自身のブログを更新。「今日は朝から相当な数の祝福メールを頂いていますが、、、」と報道に触れ、「記事に出ているような、将来についての事は何ら決まっている事はありません」と結婚を否定。さらに、…

ついに年貢の納め時?

中傷コメントも 長谷部誠の結婚報道に女性ファン“阿鼻叫喚”

サッカー日本代表主将の長谷部誠(31=独フランクフルト)に降ってわいた今秋結婚報道。お相手は「Going!Sports&News」(日テレ系)などに出演する美人モデルの佐藤ありさ(26)だ。 元フジテレビの本田朋子アナ(31)と破局後は、これといった熱愛が報じられなかった長谷部だが、佐藤が知り合ったのは本田アナとの破局直後、2010年12月に行われた女性ファッション…

MVPを獲得したロナウドの横で表彰を受ける柴崎

レアル戦2Gで欧州移籍加速も…鹿島柴崎“低評価”の原因

「今季の欧州各国リーグが開幕する前の7月ごろ、日本代表MF長谷部誠(32)が所属するドイツ1部フランクフルトと移籍交渉を続けたが、条件面の折衝前に話が流れてしまった。その後もドイツ、それに柴崎本人が希望しているスペインにターゲットを絞り、インテルDF長友佑都(30)やレスターFW岡崎慎司(30)を抱え、欧州サッカー界にルートを持つ所属事務所も力を入れて移籍先を探し…

FW大迫は1トップでも機能した

ズバッと言わせてもらう!

代表新戦力や若手は今後もベテランをガンガン突き上げて

10年南アW杯、14年ブラジルW杯で主軸だったGK川島永嗣(33)、MF長谷部誠(32)、30歳のFW本田圭佑、FW岡崎慎司、DF長友佑都といったベテラン勢。代表20試合以下のFW大迫勇也(26)、FW原口元気(25)ら新戦力。そして24歳の小林祐希、22歳のFW久保裕也、FW浅野拓磨、20歳のMF井手口陽介ら若手組である。 南アW杯の後から代表常連となったMF香…

後半から入るも精彩を欠いた本田

サウジに勝って再認識…本田圭佑は日本代表に必要ない?

いずれにしても、本田自身のパフォーマンスを上げるには、先発できるクラブに移籍することが大前提となります」 試合後、取材エリアでフィールドプレーヤー最年長の32歳MF長谷部誠が「明日は 我が身と思っています」とメディア陣を笑わせた後、先発から外れた本田、MF香川真司(27)、FW岡崎慎司(30)の名前を挙げながら「先発メンバーが変わったことで競争意識が高まり、チームも…

この日の練習を静かに見守っていたハリルホジッチ監督

日本代表監督ハリルホジッチの命運

森保氏と一騎打ちが…長谷川健太代表監督は消滅した

「日本代表の主軸であるFW本田圭佑、FW岡崎慎司、MF長谷部誠、DF長友佑都、GK川島永嗣は、岡田副会長が代表監督として出場した10年南アW杯の代表メンバーです。プライドの高い欧州組が、岡田副会長だったら素直に耳を傾けるだろう――という判断も働いた」(サッカー記者) とはいえ、森保、長谷川両氏が次期代表監督候補リストから外れたワケではない。親しみを込めて「岡ちゃん…

ケーヒルにひじ打ちを食らった主将の長谷部

45歳Jリーガー プロ25年目の真実

日本代表 厳しい戦いが続くと“犯人捜し”が始まる

現代表では主将の長谷部誠選手(32)、あと主軸の本田圭佑選手(30)が、声を掛けるのがよいと思いますが、さらに言うならば、かつての三浦淳選手のように「控え組のベテラン」が呼び掛けるのが効果的でしょう。 「呼ばれても試合に出られない」「悔しくて仕方ない」「でもオレたちの分まで頑張ってくれ」といった思いが選手全員に伝われば、チームの団結力がさらに強固なものとなり、強い…

本田は「ぶっつけ本番でもあの1本を出せてホッとしている」とコメント

本田頼みと珍交代で豪と分け 「ハリルの限界見えた」の声

「勝ち点1を獲得したのではなく、勝ち点(3を取れなくて)2を失ってしまった感じがする」 ロシアW杯アジア最終予選でオーストラリアとのアウェーの大一番(11日)がドロー決着となり、試合の後はハリルホジッチ監督、FW本田圭佑(30=ミラン)、MF長谷部誠(32=フランクフルト)が、悔しげな表情を浮かべながらコメントした。 予選B組で2勝1敗の日本は4位と出遅れ、対するオ…

苦肉の策…結果はどう出るか?

苦戦必至の豪州戦 ハリル苦肉の策“本田1トップ”は正解か

この日はキャプテンのMF長谷部誠(32=フランクフルト)が全体練習を回避してランニングやストレッチを行うこともあり、ハリルホジッチ監督が「アジアで最も強い」と評価するオーストラリア戦で、ベストメンバーを組めない日本の苦戦は免れない。 指揮官は苦肉の策として、攻撃系選手で一番フィジカル能力の高いFW本田圭佑(30=ミラン)を、岡崎に代わって1トップで起用するのではと報…

手倉森“次期”監督の青写真も

ハリル消沈…代表合宿はさながら“手倉森新党”旗揚げ前夜

ちなみにボール回しの最中、手倉森コーチはキャプテンを務めるフランクフルトMF長谷部誠(32)と話し込んでいた。その間、ハリルはピッチの脇で日本人通訳と一緒に練習を眺めたり、外国人コーチと話したりしていた。時間の経過とともに手倉森コーチの存在感が増しています」(サッカー関係者) この日(4日)はイタリアのミランMF本田圭佑(30)、インテルDF長友佑都(30)が帰国し…

地元紙にツーショット!(右)

有名人の財布の中身

山口ひろみさんは独サッカーを見に“弾丸ツアー”40万円

お目当てはボルフスブルクの長谷部誠だ。 ■地元紙にツーショットも 「飛行機代が往復で30万円。まずベルリンに着いて、移動が楽なようにボルフスブルクとの中間くらいの田舎町のホテルに泊まった。残る2日はボルフスブルクの安宿に泊まって、練習も試合も見て。宿泊費は3万~4万円。食事は町や駅で買ったパンとか。レストランで食事したのは1回だけでした」 8月31日。試合はボルフス…

タイの「メッシ」チャナティップには要注意

タイL知る岩政大樹が語る FIFAランク120位の意外な実力

「3日は別メニュー調整だった柏木ですが、4日は全体練習のメニューを順調に消化し、タイ戦には長谷部誠(32=フランクフルト)とペアを組んで出場するでしょう。3日は選手がUAE戦敗退のショックを引きずっている様子でしたが、4日は別メニューの選手もひとりもおらず、チーム全体から非常に前向きな雰囲気が伝わってきました。タイ戦に向けて仕上がりは順調です」(現地取材中のサッカ…

本人からの発表はいつになるのか?

佐藤ありさが結婚報道後初のインスタ更新 核心は言及せず

サッカー日本代表MF長谷部誠(32)との結婚報道があったモデルの佐藤ありさ(27)が29日夜、報道後初めてインスタグラムを更新した。残念ながら結婚報道について本人から言及はないが、ファンからの祝福コメントが殺到している。 佐藤が公開した写真は、真っ白なワンピースを着た全身姿。メッセージ欄では、同日21時台に放送の出演テレビ番組を、「ぜひご覧ください」としっかりPRだ…

08年北京五輪の4×100Mリレー優勝の後に「ライティング・ボルト」ポーズをするボルト

ひねくれスポーツ論

金メダル返還も潔いウサイン・ボルト

サッカー日本代表の長谷部誠は宮城県・南三陸町で津波に流されたあさひ幼稚園の再建費用を寄付した。プロ野球阪神の岩田稔投手は自身も若い頃から闘っている1型糖尿病研究基金に毎年寄付を続ける。巨人の内海哲也投手は児童養護施設の子どもたちへ毎年投球イニング数と同じ数のランドセルを寄贈し続けている。オリックスの伊藤光捕手は椎間板ヘルニアの手術を受け、壮絶なリハビリを経て実戦復帰…

シリア戦で攻撃参加した右SB酒井高徳

チームに馴染んだ酒井高徳 「ほとんどドイツ人」の適応力

フランクフルトと対戦した時、ハセさん(日本代表主将のMF長谷部誠)の“経験に基づいた”プレーが参考になりました。落ち着きがあるし、とにかく焦っている感がない。ボクなんて焦って味方選手を見ずにパスしてしまうことがある。ハセさんの落ち着きを見習いたいですね」 同じブンデスリーガのハノーファーには、日本代表の仲間で同世代のMF清武、山口、DF酒井宏がプレー。中でも酒井宏は…

14W杯以降は代表ら招集されず…

ベテランJリーガー「代表」を語る

遠藤保仁メンタルの強い本田はこれからも攻撃の中心

岡田武史監督時代の08年からMF長谷部誠(32)と不動のダブルボランチを組んできたが、14年ブラジルW杯以降は若返りもあり、遠藤招集は見送りとなっている。その胸中に迫った。 ──ハリルホジッチ監督就任後はMF山口蛍(C大阪から15年暮れに独ハノーバーに移籍)、MF柴崎岳(鹿島)、MF遠藤航(湘南から今オフ浦和に移籍)ら20代前半の選手たちが、ボランチに抜擢されていま…

None

成功のヒミツ失敗しないコツ

インフル“最弱”はB型 「かかる病気」は血液型と誕生月でわかる

サッカー界に目を移してみても、海外経験者は中田英寿(38)に始まり、川島永嗣(32)、長谷部誠(31)、長友佑都(29)、内田篤人(27)、吉田麻也(27)、岡崎慎司(29)、清武弘嗣(25)、大迫勇也(25)とO型ばかりだ。 米コロンビア大医療センターが約170万人の患者データをもとにまとめた論文によると、誕生月も病気のリスク要因となる。 妊婦や新生児の健康状態…

ゴールを決めた武藤

さすらいのファンタジスタ

アギーレ・ジャパンの4-3-3が気になった

若い頃のハセ(長谷部誠=フランクフルト)くらいハードに動ける選手じゃないと厳しいかも知れません。 正直、先の2連戦は中盤があまり機能していないように感じた。アンカー、インサイドハーフの3人が下がり過ぎ、攻撃が3トップに偏っていましたからね。 アギーレ監督も、まだ手探り状態でしょう。この先も多くの選手を試していくはず。来年1月には、アジアカップ(豪州)があるから、そこ…

意外な頭痛のタネが…

ハリル監督自信満々の裏で…日本代表が抱える“頭痛の種”

GK川島永嗣(32)、DF吉田麻也(26)、DF長友佑都(28)、MF長谷部誠(31)、MF香川真司(26)、FW本田圭佑(28)といった常連が招集された。国内組では、Jリーグ得点ランク1位(10点)のFW宇佐美貴史(23)は順当に選ばれたが、1位タイのFW豊田陽平(30)が外れた。9点で3位のFW武藤嘉紀(22)は選出されたが、3位タイのFW大久保嘉人(32)は落…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事