日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

すき家・商品の関連ニュース

デフレ下の勝ち組から一転/(C)日刊ゲンダイ

深夜休止1100店 すき家は今度こそワンオペやめるのか

今年の「ブラック企業大賞」の候補にノミネートされた牛丼チェーン大手の「すき家」。運営するゼンショーホールディングス(HD)は全店舗の6割弱に当たる1167店で「深夜営業」を休止すると発表した。 接客から調理、片づけすべての仕事を店員が1人でこなす、「ワンオペ」と呼ばれる深夜時間帯に行われていた勤務体制を9月末までに解消すると表明していたが、人手が確保できず、深夜営業…

厨房で…(ツイッターから)

店員の爆睡写真が流出 「すき家」ゼンショーの言い分は?

牛丼チェーン大手「すき家」の店員が営業中に爆睡していた写真をツイッター上に拡散されて話題になっている。ツイッターへの投稿者によると、撮影されたのは25日午前3時ごろ。〈15分くらい待っても誰もでてこないから厨房見に行ったらイヤホンして寝ていた〉らしい。 ゼンショー広報は「写真の男性が弊社のアルバイトということは分かっていますが、その他の事実関係は確認中」と言う。写真…

広報は否定するが…/(C)日刊ゲンダイ

ワンオペは続いていた…「すき家」従業員が明かす過酷実態

接客から調理、片付けまでを1人で行う「ワンオペ」を廃止すると表明していた牛丼チェーン大手の「すき家」。ところが、ワンオペは続いていた。 市民団体「ブラック企業対策プロジェクト」が15日、“抜き打ち調査”の結果を公表した。先週11日の深夜1時から5時まで、プロジェクトメンバーや有志が全国83店舗を来店調査。その結果、「ワンオペ」を続けているのが2店舗、シフトに2人入っ…

人材確保は大変

ボーダーライン上 企業の生死

【ゼンショー】「すき家」は値下げキャンペーンからの脱出がカギ

牛丼の「すき家」などを展開する外食チェーン大手のゼンショーホールディングスの今期(16年3月期)9月中間決算は、売上高2634億円、営業利益63億500万円、最終利益24億8000万円だった。 1年前の中間決算で、最終赤字22億円と上場以来初の赤字決算に陥り、通期でも111億円の最終赤字、そして無配転落を余儀なくされたことを考えると、業績は大きく改善されている。 す…

(C)日刊ゲンダイ

悪名は無名? 「すき家」ブラック批判でも売上アップの怪

ブラック企業批判の嵐の中、「すき家」の売り上げがアップする“怪現象”が起きている。 すき家を運営するゼンショーは4日、7月の業績を発表。既存店の売上高は、前年同月比で7%増、客数は2.8%増となった。また、全店舗の売上高も0.2%増となり、4カ月ぶりにプラスに転じた。 「消費税アップの影響から客足は一時的に落ち込みましたが、トッピングやセットメニューの売り上げが好調…

「革命家」の異名を持つ小川会長/(C)日刊ゲンダイ

牛丼戦争から撤退?「薬局」「介護」に参入するすき家の狙い

人手不足による店舗休業や、アルバイトによるスト呼びかけ……など、トラブル続きの牛丼チェーン「すき家」を運営するゼンショーホールディングスの定款変更が話題を集めている。目的は業容の多角化だ。 24日に開催される株主総会に付議されるのは、8項目の追加。「調剤薬局業、医薬品や医薬部外品販売」「介護サービス事業」「自然エネルギーによる発電、売電事業」「清掃業、クリーニング業…

女子高生を中心に大人気

2016年下半期“ネクストブレーク”芸人

はなしょー 学歴凸凹コンビが繰り広げる乙女コントの魅力

お笑いに対する思い入れも強く、杵渕は小学校の卒業文集で“10年後にはお笑い芸人になる”と書いていて、山田は大学卒業後に就職したゼンショーですき家の店長をしている時、バイトで来ている芸人や役者の卵の舞台を見たことで芸人になりたくなり会社を辞めたほど。 「山田は今もすき家でバイトをしながらの生活です。恋人も売れない芸人で、“どちらかがお笑いでの年収が200万円を超えたら…

「もはやデフレではない」と嘯く安倍首相

巻頭特集

デフレ脱却の大ウソ モラルなき値下げ競争の凄惨

「デフレの“代表指標”とされる牛丼を見ても、昨年10月に「吉野家」や「すき家」がそろって値下げセールを実施。その際は売り上げを伸ばしたものの、セール終了後は「吉野家」が前年同月比7・3%減、「すき家」も0・6%減と元のもくあみ。これが日本経済の実態なのである。 だいたい今、世間を騒がせている「CoCo壱番屋」の廃棄カツを発端に発覚した「廃棄食品の横流し事件」横行だ…

タイミングいろいろ/(C)日刊ゲンダイ

どの瞬間から8%適用? 消費税切り替えタイミング一覧

例えば、すき家は「午前9時にレジの切り替えを行うため、すでに入店しているお客さまには先に5%でお会計していただき、9時以降に来店したお客さまから8%となります」(担当者)。1日の15時から適用の松屋なら、ランチタイムも旧税率だ。スーパーは、レジ切り替えのための「臨時休業」も少なくない。 ■タクシーは運次第 31日は平日で歓送迎会というサラリーマンも多いだろうが、2次…

昼飯代の平均587円は牛丼セットより上

吉野家はまだ7台…“超レア”牛丼移動販売車はどこにいる?

普段、街中ではめったに見られません」(広報担当者) ライバルのすき家も移動販売ができる“キッチンカー”を2台スタンバイ。イベント等にも登場しているが、「本来は災害支援車両として設計され、昨年の熊本地震の際も出動しました」(ゼンショー広報室)。珍しさではこちらが上か。いずれにしろ、出合えたことは貴重な体験。街で見かけたら、ラッキーと思っていい。 さて、牛丼はサラリーマ…

無性に牛丼が食べたくなるときがある

荒波相場に挑む 稼げる「鉄板」銘柄

吉牛のCM製作会社を傘下に入れた「ジェイ・エスコムHD」

松屋にしようか、すき家にしようか、それとも吉野家? そんな腹っ減らしのご貴兄にオススメなのが、「吉野家牛丼の具」だ。レトルトパックを直接、電子レンジで温めるだけで、お店の味が再現できる。わざわざ出掛ける必要がないのだ。 そんな牛丼のCM、見たことないだろうか。そう、彦摩呂と山田邦子がちょっとわざとらしいリアクションで、大袈裟に宣伝しているアレである。「牛丼の宝石箱や…

さっさと帰るしかない

ファミレス24時間営業撤退 カラオケ業界の追い風になるか

すき家にマクドナルドにロイヤルホスト……すかいらーくに限らず、外食業界では人手不足による人件費の高騰などで、24時間営業の見直しを余儀なくされている。 「最大手の“撤退”で、この流れに拍車がかかることはまず間違いありません」(経済ジャーナリスト・岩波拓哉氏) 困るのは、終電を逃したサラリーマンだ。1人なら“ネットカフェ”という選択肢もあるが、グループになると行き場…

現在は非上場

企業深層研究

あきんどスシロー 内紛、乗っ取り、転売の歴史

2007年3月、牛丼チェーン「すき家」を運営するゼンショー(現・ゼンショーホールディングス)が突如、発行済み株式の27.2%を保有する筆頭株主として登場した。ゼンショーが取得した株式は、弟の豊とその家族が保有していた。 ゼンショー社長の小川賢太郎は、東大全共闘の闘士として安田講堂の攻防戦に関わった異色の経歴を持つ。ゼンショーはスシローの株式を手に入れる2週間前、当時…

損得で答える人生相談

ゼンショー×コロワイド 買収で事業拡大する2社の待遇は

すき家」「なか卯」「ココス」などを事業展開する外食産業売上高1位の企業です。 一方、コロワイドは1963年設立。「焼肉 牛角」「しゃぶしゃぶ温野菜」「かっぱ寿司」などを傘下に持ちます。 売上高はゼンショーが5257億円で、コロワイドの2341億円を3000億円近く上回ります。ただ、対前年比の成長率に関しては、ゼンショーの2.7%に対し、コロワイドが31.8%と大き…

串カツ田中は「1本100円~」で好調

低価格飲食チェーンが9月大盛況 デフレに逆戻りクッキリ

牛丼チェーンの「松屋」は105.4%で、「すき家」は103.4%だった。 グラスワインが100円から楽しめるカジュアルイタリアンの「サイゼリヤ」は103.2%、釜揚げうどんで知られる「丸亀製麺」は105.4%と絶好調だ。100円ショップの「セリア」も102.6%を記録している。 ■百貨店はメタメタ 「低価格チェーンのすべてが好調というわけではありません。安売り店も競…

CMで夫婦を演じた「バナナマン」設楽統と安めぐみ

バナナ設楽の意外な顔…囲み取材“欠席”に勝ち組のゆえん

16日、牛丼チェーン店「すき家」の新CM発表会が開かれ、CM内で夫婦を演じた「バナナマン」設楽統(43)と安めぐみ(34)が登場。 安はイベント終了後、囲み取材に応じ、今年の芸能界を賑わせている不倫騒動に触れると、スタッフが制止しても「東MAXさんはメールを頻繁にしてくるときは新幹線に乗っていてヒマなんだろうなとか行動が分かりやすいので、今のところは大丈夫かな」と笑…

ユニクロは値下げセール続々

光熱費から食料品まで 「円高メリット」はまだこんなに

さらに、このまま円高が続けば、昨年9月に期間限定で値下げした吉野家、松屋、すき家の牛丼もグッと安くなる期待がある。 「円高メリットは電気・ガスに続き、今後は食品小売りや旅行といった分野にも出てきます。日本を“輸出大国”と呼んでいたのは過去のことで、今の日本は逆の輸入大国。2015年の貿易収支は2兆8322億円の赤字で、これで貿易赤字は5年連続です。輸出産業には打撃…

久兵衛屋(写真)や味源を運営している子会社も実態は同じか

懲りないゼンショー 子会社幹部がバイト長時間労働で送検

ゼンショーといえば、「すき家」などの外食産業を運営する持ち株会社。いわゆる“ブラック企業”として注目を浴びたことでも有名だ。そのゼンショーの子会社でまたも不祥事が発覚した。アルバイトの長時間労働で元幹部が書類送検されたのだ。 送検されたのはうどん店「久兵衛屋」や「北海道らーめん 味源」などを運営する「エイ・ダイニング」の元社長(38)ら2人。昨年4月1~28日に川崎…

新メニュー投入も客足は減る一方

最有力は米投資ファンド? 低迷マック買収するのはどこだ

「米マクドナルドのファィナンシャルアドバイザーはかなり広範に話をしているようなので、ドンキホーテHDや、牛丼チェーン『すき家』を運営するゼンショーHDなどもあるかもしれません。投資ファンドが一枚噛む形なら国内でファストフード店を展開する新興企業にも買収の目が出てきます」(前出の金融関係者) 何だか“叩き売り”みたいになってきた。…

優良銘柄を安く買えるチャンス

9月株主優待の今こそ買い時 「外食・食品関連」狙い目21銘柄

ランチなら、「すき家」「ココス」のゼンショーホールディングスや、うどん「丸亀製麺」のトリドールなど。家族サービスを念頭に置けば、レストラン「うかい亭」のうかいや、しゃぶしゃぶ「木曽路」、「かっぱ寿司」のカッパ・クリエイトあたりだ。 「日経平均はこの先しばらく2万円を目指しながら一進一退を繰り返すでしょう。ただ、下値はほぼ固めた。後から振り返ったときに、15年夏の暴…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事