日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「中田翔 子供」に関する記事

中田翔はこのキャンプで表情も変わった (C)日刊ゲンダイ

日ハム中田が“心境の変化”初告白 「子供が生まれて気合入る」

昨季、初のタイトル・打点王(100)を獲得した日本ハムの中田翔(25)。その言動から、ずっと「ヤンチャ坊主」と言われてきたが、今年は周囲が口を揃えて「マジメになった」と言う。本当に変わったのか? ――中田さん、今季のキャンプでは他のどの選手よりも走り込むなど評判がいいですね。 「人以上にというよりも、自分のことなんで……。正直誰かにとやかく言われる必要もないし、それ…

大谷(右)と中田翔にヤンキースも熱視線

2人合わせて300億円 ヤンキースに「中田翔&大谷」獲得構想

日本ハムの中田翔(26)だ。 開催中のプレミア12で計19打数10安打(5割2分6厘)、2本塁打、13打点。5戦全勝で1次ラウンド突破を決めた昨15日のベネズエラ戦は4戦連続の決勝打こそ逃したとはいえ、八回に一時は逆転となる2点適時二塁打を放った。 もっとも中田はプロ7年目の昨年、初のタイトルである打点王を獲得。30本塁打を打ったのは今季が初めてになる。 メジャーで…

「狭い球場に助けられた」と控えめだった中田

橋本清の取りたて直送便“本音を聞きたい”

ハム中田の張り合いは第2子誕生と5000万円超スーパーカー

11日のオリックス戦で4番の中田翔(27)が初回に先制の5号2ラン。ナインの出迎えに満面の笑みで応えていましたが、数日前に会った際にはずっとふさぎ込んでいました。 「スッキリしませんね。やっぱり、ホームランが出ないから。一発が出ないと、自分もチームも乗ってこない。ほんま、モヤモヤしっぱなし。どうしたらええんでしょう」 この日の試合前までの成績は打率.250、4本塁…

森は球界の“類型ロード”まっしぐら

プロ野球人物研究 対岸のヤジ

西武 森友哉 その先に清原和博がいないことを切に願う

大阪桐蔭高の先輩である西岡剛や中田翔らも歩んできた定番の類型ロード。その先に清原和博がいないことを切に願う。 もちろんファッションは個人の自由だから、森のそれを否定するつもりはない。だが、これだけ価値観が多様化した現代にもかかわらず、なぜ球界にはこの類型が多いままなのだろう。一般社会には、経済力を誇示するような振る舞いは下品で恥ずかしいことだと考える金持ちもそれなり…

ダルビッシュ有(左)と大谷翔平

ダルとの自主トレ発覚 ハム大谷にファンと球団ヒヤヒヤ

ダルにしても以前から大谷には興味津々だったようで、ツイッターに中田翔や大谷と食事をした際の写真をアップ。日本ハム時代から後輩の面倒見が良いことで知られている。 ダルのトレーニングを含む体作り、アスリートの食事に関する知識はハンパじゃない。一緒にトレーニングをすることで引き出しが増えれば、大谷にはプラスだ。 しかし、「実は心配なんですよ」とは日本ハムのあるOB。 「…

決勝本塁打でヒーローに/(C)日刊ゲンダイ

CS決勝打も ハム首脳陣が頭抱える「4番・中田」の試合態度

手応え? 完璧でした」 試合後、得意満面でこう言ったのが日本ハムの中田翔(25)だ。勝てばCSファイナルステージ進出が決まる14日のオリックス戦。中田は同点で迎えた延長十回、抑えの平野佳から中堅に特大の一発を放り込んで決着をつけた。 プロ7年目の今季は初のタイトル(打点王=100)を獲得。CSでも決勝打を放って、試合後のインタビューでは優等生発言。ヤンチャ坊主もよう…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事