日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「杉本彩 最近」に関する記事

色気も美貌も健在の杉本彩

“山本トリオ”入閣で再注目 政治家を虜にする杉本彩の色香

そのメールには杉本彩が同席する旨が書かれていたもんだから、“山本センセイは相変わらずお盛んだ”って冷ややかに見られていました」(永田町関係者) 杉本といえば、元衆院議員の小林興起からキスを迫られる写真をスッパ抜かれたことも。現在、48歳の彼女が30代の時の話だが、議員など権力者をトリコにする魅力は大したもの。他にも身に覚えのある議員はいるかも。…

和製ブリジット・バルドーか

天然鳴り潜め 浅田美代子がFBで訴える「動物愛護」の主張

だったら、業者たちにも厳しい監視の目を向けるべきということのようです」(ある愛犬家) 動物愛護では杉本彩(47)の活動が有名だが、関係者の間では、この2人が「両巨頭」と言われているそう。天然ボケに続いて和製ブリジット・バルドーの肩書も加わりそうだ。…

広瀬アリス(左)とすず姉妹は仲良し

増える「姉妹の諍い」 男の“立ち位置”は夫か兄弟かで変わる

女優・杉本彩は、自身の結婚を喜ばない母妹との“確執”をブログで告白した。 相続も揉める原因のひとつ。なかでも、姉妹間に多いのは母親の私物を巡るトラブルだ。 「『ある姉妹の姉が、母親の死後すぐに、母親が所有するブランドのバッグや宝石を車に積んで逃げた』という事例があります。それを知った妹との話し合いには応じず、絶縁になったと聞きました。数十万円単位のブランド品、アクセ…

None

オトナの社会講座

「仲良し親子」だと思ってやっていることこそが虐待なのです

芸能界では、女優の遠野なぎこ、タレントの杉本彩、アナウンサーの小島慶子など、次々に告白している。「毒母の棘」などの著書がある毒親問題専門カウンセラーの影宮竜也さんのHPには、毎日、数千件のアクセスがあり、悩み相談が届くという。社会問題として認知されつつある毒親問題とは何なのか。 「毒親とは、性的暴力、過干渉、ネグレクトといった肉体的、精神的な暴力などの虐待をする親で…

B85・W60・H87のナイスバディー/(C)日刊ゲンダイ

父親は宮沢ミシェル 東レの顔に元「乃木坂46」の宮沢セイラ

さかのぼること20年以上前、山口智子、杉本彩、藤原紀香らを輩出し、最近では山岸舞彩や鈴木ちなみといった先輩が活躍しているが、「負けず嫌いでとことんやる性格。水着の良さを皆さんにわかってもらいたい。私自身ももっと勉強していきたいです」。 さ~て、有言実行なるか。今後の活躍に期待!…

None

実写版ルパンに異論 「峰不二子はメイサより真木よう子」の声

ちなみに、ダントツの1位は藤原紀香で、以下、(2)杉本彩(3)米倉涼子(4)吉瀬美智子(5)黒木メイサ(6)小嶋陽菜(7)栗山千明(8)篠原涼子(9)山田優(10)鈴木京香と続く。 「10年前なら間違いなく紀香で決まりだったんでしょうが、ルパンを演じる小栗旬(30)とは、年齢的に釣り合わない。紀香自身も『赤旗』に登場するなど、最近は女優業以外の活動に熱心です。米倉は…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事