日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

源弘に関する記事

None

紫外線がリスクを高める 失明する病気

眼科専門医で清澤眼科医院(東京・江東区)の清澤源弘院長に聞いた。 「強い紫外線は短時間でも浴びると目の表面がやけどを起こして充血や角膜炎、ドライアイなどの急性障害を起こすことが知られています。しかし、より怖いのは長期間浴び続けることで、白内障や翼状片、あるいは加齢黄斑変性症といった、慢性の視力障害を起こすことです。また網膜色素変性症ではその進行が加速されます」 白内…

将来、立体感や空間認識能力が失われる?

Xmas贈答に大人気 「VR」ゲームで目に異常は出ないのか

大人なら近くを見続けて寄り目(輻輳)になったとしても、少し休めば元に戻りますが、子供は戻らなくなる可能性があります」(不二門教授) ■「気になるのはブルーライト」 では、12歳以上なら問題はないのだろうか? 眼科専門医で清澤眼科医院の清澤源弘院長が言う。 「大人でもカーレースなど動きが激しいVRだとVR酔いが強く出る可能性があります。人間は内耳にある三半規管と目で見…

緑内障は視野が狭くなり、交通事故を起こしやすい

40歳以上のドライバー要注意 緑内障に“無自覚”のリスク

清澤眼科医院(東京・南砂)の清澤源弘院長が言う。 「視野の下方が欠けていれば左右の飛び出しを見落としやすく、上方が欠けていれば信号を見落としやすくなると言われています」 ■定期的に眼底検査や視野検査を 問題は緑内障を患っている人の多くが、自身の視野の異常に気づいていないことだ。 「40歳以上では20人に1人が緑内障といわれていますが、多くの人が無自覚で治療していませ…

None

新宿の駅構内で騒ぎ 催涙スプレーをまかれたらどうする?

(清澤眼科医院・清澤源弘院長)…

写真はイメージ

子供には“稼ぐ力” 「ナイトコンタクト」で裸眼視力アップ

■0.03程度が1.5に回復した例も 眼科専門医で「清澤眼科医院」(東京・江東区)の清澤源弘院長が言う。 「レーシック手術と違って、レンズ装着をやめればすぐに元に戻せるのがメリットです。軽度から中程度の近視を対象にしているため、強度近視には対応できませんが、最近は強度近視でも効果がある最新レンズを使った方法も登場しています」 その効果は抜群で、0.03程度だった裸…

緑内障の発症リスクが10倍に…

普通の人の10倍 睡眠時無呼吸症候群が招く“緑内障リスク”

「SASが招く目の症状には、眼精疲労、柔らかい眼瞼症候群、糖尿病網膜症、非動脈炎性前部虚血性視神経症(NAION)、正常眼圧緑内障の発症などがあります」 こう言うのは、日本眼科学会眼科専門医で、清澤眼科医院(東京・江東区)の清澤源弘院長だ。実際、SASの患者の5~10%は柔らかい眼瞼症候群があり、柔らかい眼瞼症候群の96%にSASがあるとの研究報告がある。また、糖…

写真はイメージ

驚異の回復例も 子供の「視力低下」抑制に3つの新技術

わが子の近視を抑制するにはどうすればいいのか? 「清澤眼科医院」(東京・南砂)の清澤源弘院長に聞いた。 子供の視力低下は驚くべき速さで進んでいる。平成27年度学校保健統計速報によると、裸眼視力1.0未満の子供の割合は小学校で30.97%と過去最悪を更新。中学54.05%、高校63.79%と増加傾向にあるという。 「近視の原因に遺伝的要素があるのは確かですが、どの遺伝…

写真はイメージ

震災後の健康被害 これからが危ない

目の病気「角膜潰瘍」「緑内障」「ドライアイ」に気を付けろ

そのせいで角膜潰瘍を発症していることがあるので注意が必要です」 こう言うのは東京都眼科医会学術部委員で、「清澤眼科医院」(東京・江東区)の清澤源弘院長だ。 東北大学出身の清澤院長は東日本大震災の際、被災した複数の宮城県内の眼科医と連絡を取り合い、支援してきた。 「角膜は黒目を覆っている一番外側の膜です。その角膜を薄くしたり、にごりを生じさせるのが角膜潰瘍です。放置す…

写真はイメージ

予防から手術まで 糖尿病での失明防ぐ「3つの武器」とは

元東京医科歯科大学眼科教室助教授で、東京都眼科医学会学術委員でもある、「清澤眼科医院」(東京・南砂)の清澤源弘院長が言う。 「果物を取り過ぎると血糖値が上がり、かえって糖尿病が悪化してしまいます。あくまでも果物は食事療法の範囲内で取るべきです。つまり、普段食べている1日の総カロリーを変えずに、果物を食べる必要があります。たとえば、バナナやミカンを食べるぶん、ご飯を…

民主党の岡田代表は5月に3度目手術の予定

民主岡田代表は2度手術 「網膜剥離」はこんな人がなりやすい

清澤眼科医院(東京・江東区)の清澤源弘院長は言う。 「網膜剥離には、頭部への強い外傷や眼球打撲などによる『原発性網膜剥離』と、ぶどう膜炎や糖尿病網膜症といった疾患が原因で起こる『非裂孔原性網膜剥離』があります。一般的に網膜剥離というと前者を指すことが多く、外傷以外にも老化や近視によって引き起こされるケースがある。とくに近視が強い人は注意が必要です」 近視が強い人は…

温タオルを5分/(C)日刊ゲンダイ

目が痛み、不快症状続く…眼精疲労解消に効く2つの対策

清澤眼科医院の清澤源弘院長は言う。 「原因はさまざまですが、いちばん多くみられるのはメガネやコンタクトレンズの度数が合っていないことで起こる調節性の眼精疲労です。とりわけ、老眼は40代半ばから急速に進行し、それに合わせるように眼精疲労を訴える患者さんも増えてきます。人間は老化とともに目のピントを合わせる水晶体が硬くなり、水晶体の形や厚さを調節している毛様体という筋…

トレードマーク/(C)AP

「U2」ボノが20年間ヒタ隠しにした緑内障 発症リスクは?

清澤眼科医院(東京都)の清澤源弘院長は「緑内障は時に光をまぶしく感じることがあるので、遮光性のあるサングラスをかけているのでしょう」と話し、さらに続けた。 「緑内障のほとんどは自覚症状がありません。ある調査では、患者の8割が緑内障に気づいておらず、会社の健診などで発見されます。しかも、緑内障の恐れが指摘されても、病院に行かない人もいる。治療が遅れると失明に至ることも…

かゆみを軽減したければ…/(C)日刊ゲンダイ

本格シーズンはすぐ 花粉症は自覚症状が出る前に「目薬」を

「だからこそ、花粉症で目がかゆくなる人は、化学反応が繰り返される前、つまり、症状が出る前に目薬をさすことが大切なのです」 こういうのは東京都眼科医会学術委員の眼科専門医で「清澤眼科医院」(東京・南砂)の清澤源弘院長だ。 「自覚症状のない、早い段階で目薬をさすことで、かゆみの程度を軽減させ、かゆくなる時期を遅くできます。本来はかゆみが出始める2週間前から予防的に目薬…

None

中高年にはデメリット多し 「レーシック手術」は老眼を早める

眼科専門医で「清澤眼科医院」(東京・江東区)の清澤源弘院長が言う。 「人間の目には、はっきり見えるようにするためのピント調節能力があります。ピントを合わせる働きをしているのは目の中にある水晶体で、近くの物を見る時は、水晶体の周囲にある毛様体という筋肉を縮めて水晶体の形や厚さを変え、ピントを合わせています。年をとると水晶体が硬くなり、毛様体筋も衰える。水晶体を変形させ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事