日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

西川史子特集

None

離婚でちゃっかり同情集める西川史子の“芸能人魂”

夫婦仲の処方箋は書けなかった医師でタレントの西川史子(42)。元葛飾区議会議員で会社役員の福本亜細亜氏(39)との約4年の結婚生活にピリオドを打った。 「可愛い奥さんにはなれませんでした」 高飛車キャラに似合わないそんなコメントを発表し、生番組で涙ぐんだりしたもんだから、ちゃっかり女性の同情も集めている。転んでもタダでは起きない女だが、そもそも可愛い奥さんになるつも…

大丈夫なのか?

体ふらつき虚ろな目つき…西川史子氏の“異変”に心配の声

12日放送の生情報番組「ノンストップ!」(フジテレビ系)に出演した、タレントで医師の西川史子氏(45)について、「様子がおかしかった」と心配する声が視聴者の間に広がっている。 番組出演者がそろってあいさつする冒頭シーンでは、一礼した際に上体がグラリ。横にいたお笑いコンビ「矢野・兵頭」の兵頭大樹(46)の体に肩が触れるワンシーンがあった。 その後、VTRが流れている最…

自虐ネタに終始した西川史子/(C)日刊ゲンダイ

西川史子が三船美佳に恋愛のススメ「私は週6人と会っていた」

20日、「森永 甘酒ビューティーメニュー」発表会に登場した西川史子(43)。 三船美佳(32)と高橋ジョージ(56)との離婚原因が高橋の精神的暴力「モラルハラスメント」と一部で報じられたことについて「ジョージさんはそういう人じゃない。彼が悪い感じに映ってるけど。私がダメになったときも気付いてくださったすごく繊細な方。奥さんのことも繊細に気付くはず」と擁護した。 三船…

長く業界で売れっ子に

ビジネスに使えるスターたちの処世術

傲慢キャラでも愛される 西川史子の“配慮”に満ちた態度

その噂の中に、医師タレントとして売れっ子の西川史子の名前が挙がったことがある。今回の話は有田ではなく、この西川についてだ。 まだ西川が結婚する前のことで、都内の高級ホテルで有田と西川のツーショットが目撃されたことがある。そこで彼女の事務所に問い合わせたところ、調べた上で事情を説明してくれた。番組のロケがそのホテルで行われたのだが、長い待ち時間があったので西川が買い…

共にぶっちゃけキャラ/(C)日刊ゲンダイ

布川敏和&西川史子 “バツイチ夫婦漫才”でオファー急増?

30日に行われた「リラクゼーションの日」記念イベントにゲスト出演した西川史子(43)と布川敏和(49)。西川は1月に会社役員の一般男性と、布川は6月につちやかおり(50)と離婚した“バツイチコンビ”で、西川は「悲しいキャスティング」と苦笑い。同じ傷を持つ者同士、リラックス法は揃って「愛犬」と息もぴったりだった。 報道陣から「おふたりで一緒になるっていうのは?」と聞か…

今年1月に離婚した西川/(C)日刊ゲンダイ

「結婚できない人もいる」西川史子がセクハラ野次に怒り心頭

18日に都議会で塩村文夏議員(35)に対して放たれた「早く結婚したほうがいいんじゃないか?」というヤジに、タレントで医師の西川史子(43)が、22日放送のTBS「サンデー・ジャポン」で切り捨てた。 「産みたくても産めない方、結婚したくてもできない方もいるわけだから、ちょっとデリカシーがなさすぎる」 「普段からそういう風に考えているから言ってしまうんだろう。政治家と…

口は災いの元/(C)日刊ゲンダイ

博多大吉にメールの西川史子 「家族いるだろ」とネットで非難

女医でタレントの西川史子(43)が8日に生出演した情報番組で、お笑い芸人の博多大吉(43)のことを「気に入っています」といきなり告白。毎日メールしていることを明かし、「好きだったの?」と聞かれ、黙ってうなずいたせいで、非難ゴウゴウだ。 西川は今年1月に離婚したバツイチ。一方、大吉は07年に、10年以上交際していた一般女性と結婚した妻帯者だ。 ネット上では、西川の突…

対照的な2人/(C)日刊ゲンダイ

「顔怖い」鈴木奈々に言わせ放題 西川史子の“立ち位置”

医師でタレントの西川史子(42)と鈴木奈々(25)が26日、都内で行われたヘアケアブランド「Honeyce(ハニーチェ)」のPRイベントに出席した。 1月に結婚したばかりの鈴木と1月に離婚したばかりの西川という対照的な組み合わせに、西川は「そういうキャスティングなんでしょ」と苦笑い。一方の鈴木は「西川先生、かわいそう。(オノロケで)ごめんなさい。でもすっごく楽しい!…

数々の浮き名を流してきたモテ男

年下女性と“合コン婚” 有田哲平の決断に芸人結婚ラッシュ

さらに06年には坂下千里子、その翌年には西川史子との仲が噂されたことも。極めつきはローラとの関係で、12年5月に熱愛報道が飛び出すと、その後は結婚確定と報じられたこともあった。 ローラとの結婚は結果的になかったが、仕事もカネもあるし、家もある独身貴族の有田が結婚に踏み切った理由は何か。その背中を押したのは「芸人仲間の結婚ラッシュではないか」というのは民放キー局のバラ…

出場歌手発表会見もあまり盛り上がらなかった

大物切りNHK紅白 拙速な世代交代で“最低視聴率”の危機も

女医の西川史子も、同じ所属事務所・ホリプロの和田アキ子が落選したことについて「ちゃんと花道を飾ってあげるべき」とNHKの対応に憤慨していた。 始まる前からここまで批判が続出する紅白は近年、見たことがないが、一体、舞台裏では何が起こっていたのか。 「紅白に強い影響力を持つ大手芸能プロの幹部らが、今年はあまり選考に関与しなかったらしいのです。今後のために、系列グループの…

異例の「見たくない」宣言

落選でケンカ腰…和田アキ子にNHK紅白“永久追放”の心配

同じホリプロに所属する女医の西川史子は「ホリプロ内はかなりザワザワしてます。アッコさんの功績を考えて、ちゃんと花道を飾ってあげるべき」とNHKを公然と批判。どうやら、NHKとホリプロとの間に“しこり”ができるほど、今回の選考は揉めてしまったらしい。 「バラエティー番組などで“ご意見番”のイメージが強いアッコさんですが、『自分は歌手』という強烈な自負があるんです。だか…

シャンパンタワーがお似合い

タレント女医の新星はハーフ美女 石原新菜センセイを直撃

そこが少し悩みでしょうか」 西川史子センセイには強力ライバル登場か。…

ワイドナvsサンジャポの行方は…

あれもこれも言わせて

日曜10時対決 オチャラケの太田より真摯な松ちゃんに軍配

爆笑問題をMCにテリー伊藤、デーブ・スペクター、西川史子、杉村太蔵とおなじみのメンバーに加えて、麻木久仁子&大桃美代子と三角関係騒動中の山路徹や、ペニオクのステマが発覚した小森純など、話題のキワモノをいち早くブッキングしたことでもおなじみ。 2月28日のゲストも狩野英孝の彼女・加藤紗里に矢口真里といった人選。矢口が「加藤さんのファンでブログも毎日見てるんです」と持ち…

細川ふみえのカミングアウトが話題

細川ふみえも告白 “美容整形カミングアウト”なぜ増えた?

美人女医で人気の西川史子もかつてテレビ番組でボトックス注射を打っていることをあけすけに語っているし、人気モデルの押切もえも、顔面とは違いますが、足指リングでO脚矯正したことを自身のサイトで報告しています」(芸能プロ関係者) このほか、ネットで「整形」「イジった」「鼻フック」「劣化」などと検索すれば、真偽不明の噂はそれこそゴマンと出てくる。ま、真偽不明はともかくとして…

ローラとの今後は不明だが

ローラと別の美女とデート…有田哲平ばかりがモテる理由

「深田恭子とは04年に騒がれ、06年には坂下千里子、その翌年には西川史子との仲が噂された。ローラとは12年から噂となっていたが、同年、国民栄誉賞を受賞したレスリングの吉田沙保里も“好みのタイプ”として有田の名前を挙げていました」(芸能関係者) 男目線で見る限り、フランケン顔だし、それほどイケメンにも見えないが、女性から見ると違うのか。 芸能リポーターの川内天子氏は…

上重アナと日本テレビ

日テレ上重聡アナの「退社Xデー」 針のむしろで関係者に相談

もうひとりは女医でタレントの西川史子の元夫で実業家の福本亜細亜氏。福本氏は数多くのプロを輩出した東北福祉大学の元野球部でこちらも人脈が抱負。上重はこの2人に紹介され、一介のアナウンサーとは思えない人脈を誇っていますが、またしても世間にダークなイメージを植え付けてしまった」(マスコミ関係者) 日テレがエースと期待を寄せ、手厚く保護している上重だが、すでに視線は汐留を飛…

宝塚にどっぷり

DAIGOは大丈夫? タカラジェンヌに恋する北川景子の理想像

芸能界では、元バレー選手の大林素子(47)や女医でタレントの西川史子(44)、フリーアナの高橋真麻(33)などが宝塚ファンとして知られる。 しかし、ちまたでは熱狂的なファンほど”男性への理想が高くなりがち”ともっぱら。舞台上の華麗でヒロイックな男役と比べ、現実の男性が頼りなく見えてしまうこともあるという。偶然の一致だろうが、前出のメンバーでは西川のみが結婚したものの…

痛烈に批判/(C)日刊ゲンダイ

ASKA事件 栩内被告にテリー伊藤「押尾裁判より下品」

27日放送のTBS「サンデージャポン」で、タレントで医師の西川史子(43)が、覚せい剤事件の渦中にいる歌手のASKA被告(56)に別の愛人がいたことを批判。ASKA被告の乱れた私生活に苦言を呈した。 ASKA被告は、現在裁判中の栩内香澄美被告(37)とほぼ同時期に別の女性と交際していたとみられているが、そのことについて、「お元気ね。覚せい剤を使っているとそんなに(元…

コカドとお泊り/(C)日刊ゲンダイ

売名批判もASKAもドンと来い!ド根性グラドル岸明日香

■ちゃっかり告知 11日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)で熱愛を否定した際には、番組内で西川史子(43)に「(相手がコカドだから)売名行為にならないよね」と言われると、岸は「(売名行為とは)違います! でも写真集は出ます」とちゃっかり告知。この日のイベントでも「お芝居ももっといろいろチャレンジしたい。今年の夏に公開される『ハニー・フラッパーズ』もメーンキャ…

雨降って…/(C)日刊ゲンダイ

つちやかおりの“暴走”だった…離婚騒動で「夫婦共倒れ」危機

バツイチタレントの西川史子(43)によると、つちやの不倫相手とされる和食店主Aさん(50)は「本当にステキな人」らしい。つちやはAさんと“ハッピーエンド”かと思いきや、発売中の女性セブンは<つちやかおり“暴走”に不倫彼が逃げ腰>と報じている。 つちやは会見で、Aさんについて「大切な方」と熱い思いをぶちまけていたが、盛り上がっているのはつちやだけ。当のAさんは「かお…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事