日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

杉内俊哉特集

二回に2ランを浴びた杉内

復活は道半ば G杉内の信頼度は“山口俊以上カミネロ以下”

15年10月に受けた右股関節手術からの復活を目指す巨人の杉内俊哉(36)が15年7月21日以来、604日ぶりの一軍マウンドに立った。昨16日、古巣のソフトバンク戦でオープン戦初登板。1745日ぶりのヤフオクドームで、同学年の和田と投げ合った。8日の二軍戦で好投していたが、江川に2ランと適時二塁打を浴び、3回3分の2、65球を投げ4安打3失点。予定の四回を投げ切れなか…

まだアテにはできないはずだが…

病み上がり杉内にも依存…実は苦しい巨人の先発投手事情

2015年10月の右股関節手術からの復活を目指し、キャンプ二軍スタートとなっていた杉内俊哉(36)が3日、2度目のブルペン投球を行った。 スライダー、チェンジアップを交え59球。この日は休養日だった一軍の尾花投手コーチら首脳陣も駆け付けた。杉内は、「まだまだだけど、初日に比べたら上出来。尾花さんは(昨)秋(キャンプ)も見てくれた。今日は(休みのため)ゴルフに行ってい…

復活を期す杉内

孤高が一変…復活期すG杉内は年俸5000万円でも重責担う

巨人の杉内俊哉(36)が13日、鹿児島・薩摩川内市内で行っている自主トレを公開した。 15年10月に受けた右股関節手術の影響で昨年は一軍登板なし。「キャッチボールもだいぶ投げられている。去年のこの時期に比べると、かなり野球選手らしくなってきた。1年間投げていないので忘れている方もいると思うけど、ローテーションを守れれば2ケタ勝つ自信はある」と言い切った。 昨年、5億…

年俸2億2000万円の代打屋・村田(央)

プロ野球人物研究 対岸のヤジ

費用対効果めちゃくちゃな巨人野球の“怖さ”と“不気味さ”

ご存じ、今季FAで獲得した陽岱鋼、森福允彦、山口俊の3人がそろって故障や不振等で二軍暮らしとなっており、さらにその二軍には他にも杉内俊哉、吉川光夫、片岡治大といった実績豊富な選手が眠っている。彼らの総年俸を考えると、ゾッとするような大赤字だ。 加えて、昨季サードのベストナインとゴールデングラブ賞に輝いた村田修一がいるにもかかわらず、同じサードの外国人・マギーを獲得。…

復帰を期す杉内だが…

杉内が秋季C参加 巨人由伸監督に課せられる“見極め”仕事

30歳以上では故障からの復活を目指す杉内俊哉(36)がただ一人参加することになった。 15年10月に右股関節の形成手術を受けた杉内は当初、今季の後半戦から復帰する青写真を描いていたが、8月終わりの二軍戦で炎上。一軍昇格は見送られた。この時の球速は130キロ出るか出ないか。「まだ直球がねえ……」と本人が思う一軍レベルには程遠く、ここから直球の質を取り戻すトレーニングに…

“股”手術からの復活を目指す杉内

年俸4.5億円減も…巨人・杉内に囁かれる「出来高」の仰天

巨人の杉内俊哉(35)が22日、鹿児島・薩摩川内市内で自主トレを公開した。昨年10月に右股関節の手術を受けてリハビリ中。後半戦からの復帰を目標に、すでにキャッチボールは再開していて「(右股関節に)違和感はない。投げていて楽しい」と話した。 昨季は17試合に先発して6勝6敗、防御率3・95。右股関節痛の影響もあり、6月以降は1勝5敗と苦しんだ。7月に登録抹消。以降一軍…

来季中の復活を目指す

衝撃の大減俸 巨人・杉内は「小笠原ケース」でFA移籍へ

年俸5億円で日本球界2位だった巨人の杉内俊哉(35)が10日、年俸5000万円(プラス出来高)で契約を更改した。 これまでは小笠原の3億6000万円減が最大だったが、それをはるかに超える球界史上最大減額となった。 4年20億円の複数年契約最終年だった今季は7月に戦線離脱。17試合に先発して6勝6敗、防御率3.95だった。チームはV逸し、9月に痛めていた右股関節の手術…

股関節を痛め二軍落ちした杉内

杉内手術で左腕先発激減…巨人に早くも来季“投壊危機”

股関節を痛め、7月23日に二軍落ちしていた杉内俊哉(34)が、手術に踏み切る可能性が浮上した。関係者によると、来季は開幕どころか復帰時期も見えない状況だという。 今季は17試合に先発して6勝6敗。股関節をかばいながら、130キロ前後の球速で何とか投げていた。二軍で2カ月近くが経過。練習どころか、最近はユニホームすら着ていなかった。これまで先発陣を支えてきたエース格だ…

6回にマートンに打たれた杉内

貧打より深刻…巨人・杉内の肩はもはや「6回90球」が限界

それまで、阪神打線を散発の4安打無失点に抑えていた先発の杉内俊哉(34)が、6回に崩れた。先頭の鳥谷に7球粘られた末に右前打で出塁を許すと、2死一、二塁からマートンに走者一掃の左翼フェンス直撃二塁打を浴びた。打たれたのは、136キロの真っすぐ。やや高めに浮いたものの、内角の厳しいところを突いたボールを左翼越えに運ばれたのは、直球に威力もキレもなかったからだろう。 「…

古巣の広島が心配する大竹(右)も二軍調整中

FA移籍組軒並み苦戦の巨人 “実力主義”が大物獲りの障害に

4年目の杉内俊哉(34)こそ先発ローテを守っているが、FA選手だろうが「実力至上主義」を貫く原監督の“鬼采配”は、未来の大物獲得に影響がありそうだ。 「西の球団のFA権を持つある大物選手が『巨人はFAでも試合に出られないんですね』と漏らしたことがある。ポジション争いはもちろん競争だけど、ある程度の実力では巨大戦力に埋もれてしまう恐れがある。巨人のFA選手の苦戦ぶりを…

今季たった1試合の内海は4億円

内海も村田も…巨人の不振でハッキリした「複数年契約」の害

4年20億円の杉内俊哉(34)も1日の広島戦で六回途中7失点と大炎上。5勝4敗、防御率3.79の成績だ。4年16億円の左腕エース内海哲也(33)に至っては、今季わずか1試合の登板で0勝1敗、防御率13.50。故障でもないのに二軍暮らしを余儀なくされている。 契約が残る内海の4億円、村田の3億円は来季も年俸据え置きというバカらしさ。巨人のチーム関係者が言う。 「かつ…

雨天中止で引き揚げる杉内

杉内スライド先発で見えた 巨人の“警戒球団”はベイと中日

DeNA戦が雨天中止となった巨人は、14日に登板予定だった杉内俊哉(34)が15日にスライドして先発する。この日はキャッチボールなどで汗を流し、「今まで何度も経験があるので大丈夫」とコメント。原監督は「強力打線だから先取点をあげないということだね」と、12球団トップのチーム打率2割8分のDeNA打線を警戒した。 登板日を1日スライドさせるのは、意外と難しいとされる。…

初の実戦で2回1失点 (C)日刊ゲンダイ

菅野を“隠れ蓑”に…巨人杉内は「裏ローテ」で14勝以上狙い

巨人・杉内俊哉(34)が昨19日、今季初の実戦マウンドに上がった。中日との練習試合に先発し、2回2安打1失点。初回に連打を浴びて1失点したものの、二回は2者連続三振を奪い3者凡退。「初回は点を取られたけど、二回は自分らしい投球ができた」と振り返った。 昨季は10勝6敗、防御率3.16。開幕投手を菅野、内海と争うが、本人は「開幕投手をやるに越したことはないけど、大事な…

鹿児島県薩摩川市で自主トレを開始した杉内/(C)日刊ゲンダイ

自主トレ開始の巨人杉内 原監督の「30代半ば外し」に戦々恐々

昨季7勝9敗と不本意な成績に終わったエースの内海(32)より、原監督が腹に一物あるのは、杉内俊哉(34)だという。 巨人にFA入団して3シーズンが経過。昨季はただひとり、先発ローテーションを守り、10勝6敗だった。 3年連続2ケタ勝利を挙げているものの、昨年末の契約更改の席では「12、11、10と勝ち星が減っている。奪三振も減っている」と話していた。最多奪三振のタイ…

西本氏の巨人現役時代/(C)日刊ゲンダイ

読むグラゼニ

今の巨人に「江川と西本」はいるか

ただ、今の巨人で内海哲也と杉内俊哉が、江川と西本のようにギラギラしながらエースの座を争っているだろうか? 選手の気質が変わったのか、FA制度ができて生え抜き同士による競争が減ったからだろうか? 巨人には、多くの野球ファンが熱狂し、野球界を大いに盛り上げる存在であってほしいと僕は願っている。 ▽もりたか・ゆうじ 1963年、長野県生まれ。漫画家・コージィ城倉の原作者と…

杉内は笑顔だったが…/(C)日刊ゲンダイ

9勝目にも「コスパ悪すぎ」の声 巨人杉内はここからが正念場

うれしい」 9日の阪神戦で、巨人の杉内俊哉(33)が7回2失点の好投。貫禄タップリに話したものの、チーム周辺には冷ややかな声もある。ベテランOBがこう言う。 「大きな1勝には違いないが、給料を考えれば当たり前。なにせ5億円でしょう。どう考えたって、それに見合う働きをしていません。費用対効果が悪すぎます」 杉内の巨人移籍1年目は12勝4敗だった。といっても、チームが最…

送球を顔面に当てた坂本が退場/(C)日刊ゲンダイ

故障の連鎖も…巨人投手陣を壊した原監督の「中5日ローテ」

キャンプで腰痛を訴えた杉内俊哉(33)は最近6試合で中5日の登板が4度。大竹と並んで菅野の3度より多い。こちらも11年の終盤に左肩を痛め、戦線離脱しているだけに、登板間隔が詰まったことにより、故障が連鎖する可能性もある。 投げるはずのエースが突然帰ってしまえば、試合もバタバタする。前日に1回3分の2を投げた阿南が連投で緊急先発。初回にいきなり2失点すると、たった1…

マートンの一発浴びてボー然/(C)日刊ゲンダイ

“一発病”抱える巨人・杉内 「飛び過ぎるボール」で被弾増?

巨人の杉内俊哉(33)が一発に泣いた。 敵地甲子園に乗り込んだ11日の阪神戦で、五回まで無安打無失点の完璧な投球。それが0-0の六回、マートンに右翼ポール際に3ランを叩き込まれ、ジ・エンド。杉内は“逆方向への当たりがあそこまで飛ぶのか”と言わんばかりに、のけぞって驚いたが、スコアボードには「3」が刻まれ、今季初黒星。「マートンに回したくなかった。あそこ(ゴメス)で切…

自慢の真っ直ぐが…/(C)日刊ゲンダイ

身内からも限界説…キレがない巨人・杉内は“ただの人”

ネット裏の某球団スコアラーがそう語った直後、マウンド上の巨人・杉内俊哉(33)がいきなり、先頭打者の荻野に外角の真っすぐを左翼スタンドに運ばれた。 「ほら、ね?」 ニンマリするスコアラーの前で杉内は、三回にも先頭の里崎に被弾。バックスクリーンに運ばれたこの1球もまた、外角の直球だった。 ■原監督も持って回った言い回し 結局、5回を投げて被安打6の4失点。代名詞の三振…

「初回の失点を反省」/(C)日刊ゲンダイ

開幕争い脱落が奏功…巨人・杉内「静かに目立たず」万全調整

巨人の杉内俊哉(33)が上々の仕上がりを見せている。 5日の日本ハム戦でオープン戦初登板。4回4安打1失点で「次は5回以上投げると思うので、しっかりゲームをつくりたい。開幕投手ももちろん可能性がある限りは狙いたい」と話した。 今年は前向きな発言が多い。昨年の楽天との日本シリーズでは一人で2敗。“戦犯”になってしまったことで、オフからガンガン飛ばしてきた。移籍後初の開…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事