日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「高木京介 解雇」に関する記事

高木京は謝罪を「自分の意思」と強調

高木京だけに謝罪の場…笠原ら3人と別扱いした巨人の思惑

「このたびは誠に申し訳ありませんでした」 巨人の高木京介投手(26)が9日、野球賭博への関与が発覚したことを受け、都内の読売新聞本社で記者会見を行った。冒頭、深々と頭を下げた高木京は立ったまま経緯を説明し始めた。 「週刊誌にボクの名前が挙がっていると言われて球団の調査が入りました。そこでボクは笠原さんと笠原さんの相手(NPB調査委に野球賭博常習者と認定されている飲食…

(左から)笠原、高木京、福田。13年にリーグ優勝を決め記念写真に

高木京も“笠原人脈” 巨人賭博汚染で囁かれる「次の選手」

今度の高木京介(26)は、昨年も33試合に登板して1勝0敗、防御率2.20の成績を残したバリバリの一軍主力リリーフ投手とあって、球団は前回以上に大揺れだ。 ある巨人OBは「残念ながら、これで打ち止めになるとは思えない」とこう続ける。 「福田、笠原、松本竜の3選手が解雇になったあとも、チーム内には疑惑がくすぶっていました。高木京は練習熱心で真面目な性格ながら、休みの日…

巨人・高橋監督と笠原被告

貧打に加え投壊不安…巨人“バクチ狂い4投手”の穴埋まらず

今となっては、賭博で解雇された3投手と謹慎処分の高木の穴が埋まっていないと感じます」 昨年10月以降、当時巨人の投手だった笠原、福田聡志(32)、松本竜也(23)、高木京介(26)の4選手が野球賭博に関与していることが発覚。NPBは3人を無期失格処分、高木を1年の失格処分としている。これが球団の汚名になっただけでなく、戦力的にも大打撃になったというわけだ。 昨季から…

FA権行使が確実な森福

由伸巨人の病巣

深刻な左腕不足…FA森福を取れなきゃ“リリーフ壊滅”

昨季、33試合に登板して防御率2・20と働いた高木京介が開幕前に野球賭博問題で解雇されると、現場からは「代わりがいない」と悲鳴が上がったが、その不安が的中した格好である。 先日のドラフトで巨人は支配下で7選手を指名したが、左投手は4位の池田駿(23=ヤマハ)と6位の大江竜聖(17=二松学舎)の2人だけ。1人は高校生だから、補強ポイントが解消されたとは言い難い。 「今…

高木京介(右)契約解除会見で頭を下げる久保巨人球団社長

さらに8人がB氏と面識 巨人“後出し”で新事実公表のあざとさ

巨人は22日、高木京介(26)の契約解除を発表した。この日、日本野球機構(NPB)の熊崎コミッショナーが高木の1年間の失格と巨人に制裁金500万円を科す処分を下したことを受けてのものだが、会見した久保球団社長はその後、高木の話がブッ飛ぶような事実を次々と発表したのだ。 選手、首脳陣、球団職員総勢299人を対象とした球団内のヒアリング調査の結果、14人が賭けマージャ…

「現金ゲーム」を暴露した笠原元投手

笠原元投手が“反撃”開始 巨人選手の「現金ゲーム」を暴露

また、野球賭博への関与を認めた高木京介投手(26)が、NPBに「野球賭博常習者」と認定された飲食店経営者Bと通話した録音記録も流出。笠原は「なぜ、高木さんの時は会見を設けたのか。巨人はBさんと僕を悪者にしようとしている。(自分も)会見して謝りたい」と訴えており、古巣との全面戦争の様相を呈してきた。 笠原が新たに打ち明けたのは、選手間で「円陣」や「声出し」などの隠語…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事