日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「村上佳菜子 引退」に関する記事

None

村上佳菜子にも引退説…日本女子フィギュア黄金時代に幕

■浅田、鈴木、安藤に加えて村上佳菜子までリンクを去る フィギュアスケートのGPシリーズ・ロシア杯(モスクワ)のフリーで、SP9位と出遅れた村上佳菜子(中京大)は113・22点で4位、合計162・46点で総合7位に終わった。 村上が12月のGPファイナル(5日~、福岡)に進出するには今大会の優勝が絶対条件だったが、ファイナル進出を逃した。 今季のGPシリーズの成績から…

None

村上佳菜子 進路も引退も…

女子フィギュアスケートの村上佳菜子(22)が23日、世界国別対抗戦(東京)のエキシビションにゲスト出演し、現役引退を発表した。 村上は2010年世界ジュニア選手権で金メダルを獲得し、同年シニアに転向すると、GPシリーズ2戦目のスケート米国で初優勝。GPファイナルでも銅メダルを獲得。「浅田真央の次は村上の時代」といわれていたが、世界選手権は5度出場し4位が最高。初出…

右が村上(世界選手権)/(C)日刊ゲンダイ

スケート人生「キス&クライ」

「一緒に世界選手権に出て!」佳菜子のひと言が何よりうれしかった

外国特派員協会で会見/(C)日刊ゲンダイ

浅田真央「やめたくてもやめられない」これだけの“しがらみ”

村上佳菜子(19)じゃ客は呼べない。口にこそ出さないが、フィギュア関係者はそう見ているのだ。 「真央は天真爛漫(らんまん)で、競技ではいつも冷や冷やさせるし、泣かせてくれる。日本人はやっぱり真央が大好きなんです。ジャパンマネーで潤ってきたISUにとっても、真央は金づる。かつてフィギュアの人気が高かった米国は今はさっぱりで、まったくカネにならない。ISUのチンクアンタ…

無良崇人はすでに既婚者

フィギュア国別対抗戦 協会が無良崇人に“熱視線”の理由

男女シングル、ペア、アイスダンスで競う団体戦とはいえ、今大会のファンの注目は先月の世界選手権で連覇を逃した羽生結弦(20)や同選手権2位の宮原知子(17)、昨年の四大陸選手権優勝の村上佳菜子(20)だろう。 ところが、協会関係者の多くは意外にも「別の選手」に注目を置いている。それが男子シングルの無良崇人(24)だ。 無良は14年11月のGPカナダ大会で優勝、NHK杯…

ガッポリ稼いだ織田信成 (C)日刊ゲンダイ

織田信成は朝番組レギュラーに フィギュア出身なぜ売れる?

今後もフィギュアタレントは増えていく傾向が強く、村上佳菜子選手は織田くんと一緒にモノマネをやるようなひょうきんさがあるのでバラエティーにも対応できる。羽生結弦選手はスター性があって顔もキレイなので、俳優に転身する可能性もある」 プロ選手には引退後のセカンドキャリア問題が常につきまとうが、フィギュアスケーターは意外にも食いっぱぐれのない職業のようだ。…

密かに心配してくれていた真央 (C)真野慎也/JMPA

スケート人生「キス&クライ」

完璧なフリー演技の直後、真央が泣きながら私に言った

安藤美姫がインスタグラムにアップした2ショット

関係者は沈黙…安藤美姫の「結婚宣言」誰にも祝福されない謎

フィギュア関係者では荒川静香(32)、鈴木明子(29)、村上佳菜子(20)、本田武史(33)、無良崇人(23)、村上大介(23)などが安藤のツイッターをフォローしているが、みなスルー(26日午後6時現在)。現役、引退組を問わず、互いにツイッターをフォローし合うケースが多い中、織田信成(27)、村主章枝(33)、浅田舞(26)はつながってもいない。 “恋多き女”でス…

世界選手権の鈴木明子/(C)日刊ゲンダイ

スケート人生「キス&クライ」

「デートの時滑れた方がいい」…きっかけは母の軽いノリ

支えてくれた母のケイ子さん(左)/(C)日刊ゲンダイ

スケート人生「キス&クライ」

五輪SP本番直前にかけた母への電話で光が見えた

None

ソチ五輪 浅田真央を追い込むトリプルアクセルと大和魂

優勝はSP2位の鈴木明子(28)、2位は同3位の村上佳菜子(19)。女子シングルのソチ五輪代表はこの3人に決まった。安藤美姫(26)は7位。現役引退を表明した。 それにしても散々なジャンプだった。 浅田は演技開始直後の3Aは回転不足で着地が乱れた。2回目の3Aも1回転半で着地に失敗。氷に手をつく失態も見せた。後半の連続ジャンプでも2回転が1回転に。五輪に向けて弾みを…

None

浅田真央に心配されるGPファイナル後の過密日程

「国内では、鈴木明子、村上佳菜子といったライバルと浅田との実力には開きがある。現時点でも浅田の代表入りはほぼ間違いない。今季で引退する浅田はファンの期待を一身に背負いソチ五輪で金メダルを狙う。金をとってもらうことが日本フィギュア界の悲願でもある。浅田は性格上、手抜きはできない。全日本や4大陸に出れば最高の演技を披露するため、心身ともに最高のコンディションで臨むこと…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事