日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

アラビア半島の関連ニュース

週末オススメ本ミシュラン

静かなブーム「地政学」を正確に知る一冊

アラビア半島にしても、石油が採掘されるずっと前から、ヨーロッパ、アフリカ、アジアをつなぐ世界的規模の交易に不可欠な重要な地理的位置を占めていた。ここに20世紀になって、エネルギー、軍事などの要素が加わってきたので、事態が一層複雑になったのだ。 本書ではエネルギー問題も重要なテーマになっている。山内氏は、〈中東原油に関しては、これから日本と中国の奪い合いが本格化する可…

銃撃事件の現場(上)と“標的リスト”/(C)AP

コペンハーゲンの次は…テロ「標的リスト」と「危ない都市」

「暗殺リスト」は、イスラム過激派「アラビア半島のアルカイダ(AQAP)」の発行する機関紙「インスパイア」に掲載されていたもので、ビルクス氏を含む13人がリストアップされている。別表は、海外紙の報道などで判明した11人だ。 1月に襲撃されたフランスの週刊紙「シャルリー・エブド」の故ステファン・シャルボニエ編集長をはじめ、今回襲撃対象になったデンマークの高級紙「ユラン…

大野元裕議員はシリアやヨルダンの日本大使館で勤務経験を持つ/(C)日刊ゲンダイ

注目の人 直撃インタビュー

大野元裕氏が深刻懸念 「日本人も日本企業もテロの標的に」

(編集部注・アラビア半島のアルカイダ=AQAPが14日、犯行声明) ――そうなると、今後も大規模なテロが続出しますか? そう思いますが、規模と手法は違うと思います。容疑者が立てこもった工場には弾倉したロケットランチャーが残されていましたが、同じことがロンドンでできるかというと、想像しにくい。 ――フランスは緩いんですか? フランスやスペインは緩いとされていますね。武…

AIIB発足の式典での習国家主席

中国経済 崩壊へのカウントダウン

英EU離脱で新経済圏「一帯一路」に暗雲

中国から中央アジアを通り、欧州に入る「シルクロード経済ベルト(一帯)」と、中国沿岸部から東南アジア、インド、アラビア半島などの沿岸部を結ぶ「21世紀海のシルクロード(一路)」を重ね合わせた新経済圏だ。 この一帯一路の終着駅が、イギリスだった。ところが、ブレグジット(英のEU離脱)で状況は一変した。 「習政権は経済圏構想の練り直しを迫られるかもしれません。場合によって…

None

流されゆく日々

連載9929回 『裸の町』を読み返す

バルカン半島、朝鮮半島、インドシナ半島、アラビア半島、そして、イベリア半島。スペイン内戦は、作家生活のはじめ頃からの私の課題だったのだ。 (この項つづく) ――協力・文芸企画…

None

「キャプテンの責務」リチャード・フィリップス著、田口俊樹ほか訳

3月末、3カ月の休暇を家族と共に過ごした氏は、アラビア半島に飛び、オマーン南岸の港町サラーラから貨物船マースク・アラバマ号に乗り込む。アデン湾の西端にあるジブチに向かう途中、4人の海賊に乗り込まれ停船。乗組員との絶妙なチームワークで彼らのリーダーを逆に人質にした氏は、海賊一味を救命艇に乗せ、追い返すよう仕向ける。しかし、一味を貨物船から引き離すことには成功したが、…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事