日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「堀琴音 スイング」に関する記事

日本勢トップの3位に

強気“次戦V宣言”が足かせに 堀琴音を待つ初Vへの苦難

【TOTOジャパンクラシック】 日米ツアー共催大会は10位タイまでの13選手中、日本人は堀琴音(20)ただ一人だけだった。5打差12位発進の最終日は、3日間ベストの68をマーク。通算10アンダーまでスコアを伸ばして、3位に入った。 「3日間の中で一番いいラウンドだった。(米ツアープロと)すごい差を感じた。(3位に入り)またひとつ自信になったので(次回は)優勝を目指し…

畑岡は今月再び米QTに向け渡米予定

日本女子OPは高3畑岡V アマ快進撃の背景に練習環境激変

ところが16番パー3の3パットボギーで堀琴音(20)、李知姫(37)が首位に並ぶ混戦になった。 同組の李が17番ダブルボギーで脱落。堀が14番でバーディーを決めて2位に後退するも、最終18番では池に向かって下りの難しい4メートルのバーディーパットを決めて再び首位タイに浮上。先にホールアウトした。そして堀が17番ボギー、18番のバーディー逃しで勝利が飛び込んだ。 女子…

勝ったフォン・シャンシャンはコンパクトなスイング

プロツアー激辛情報

世界と比べると日本女子プロはスイングレベルが低い

ただし日本選手は3位と健闘した堀琴音ただ一人。 1987年、米女子ツアーの賞金女王になった岡本綾子を、その年のミズノクラシックの最終ホールで、大勢のアメリカの選手が肩車をして祝っていたシーンが今でも目に浮かぶ。岡本のような選手はいつになったらまた出てくるのだろうと思いながら、世界のトップクラスのゴルフを見てきた。 日本の女子ゴルフ界にも有望な若手が多く出てきていると…

大会最年少17歳でアマVの畑岡奈紗と母・博美

プロツアー激辛情報

畑岡奈紗に見る 強いゴルファーに育てるなら親は口出すな

このホール、1組後の堀琴音は2つで届かないと判断し、ハザードの手前に刻んで3オンして寄せワンを狙ったが、ボギーを叩いて敗れている。 背は小さくても体をつくって良いスイングを身につければ、270ヤードぐらいは飛ばせるということを畑岡は教えてくれている。中学3年のときから中嶋常幸のトミーアカデミーで学んできたスイングだという。最終日、首位でスタートして78と崩れた15…

堀琴音

注目女子プロの凄みと弱み

思い切りのいい瞬発系スイングが魅力 堀琴音の弱点とは?

20歳とまだ若い堀琴音は、プロ2年目の2015年に賞金ランク33位で初シードを獲得し、昨季は同11位。プロテスト合格前に下部ステップツアーで優勝しレギュラーに定着と、着実に成長しています。 プロテストに合格しても、なかなかレギュラーの試合に出られない選手が多いのですが、堀はうまく波に乗ったといえます。 プレースタイルは、笠りつ子に似た瞬発系スイング。163センチ、5…

永峰咲希

元賞金女王が解説 2016年期待の女子プロ

永峰咲希 同期の柏原明日架、堀琴音より先に勝つ可能性あり

それでも同期の柏原明日架や堀琴音に比べ、注目されていないだけにプレッシャーとは無縁です。つまり伸び伸びとプレーできる。同期の中で一番先に勝つ可能性はあると思いますよ。 ▽ながみね・さき 1995年4月28日生まれ、宮崎市出身。158センチ、58キロ。11歳からゴルフを始めて、九州高等学校ゴルフ選手権で優勝2回(11、13年)、12年には日本女子オープンでローアマ(5…

堀琴音

元賞金女王が解説 2016年期待の女子プロ

堀琴音は喜怒哀楽を表に出さない不気味さが武器

堀琴音は163センチ、53キロとスラリとした体つきで、体を鍛えているアスリートのように見えません。ツアー会場で「女子プロです」と自己紹介しても、みんなエ~ッて驚くんじゃないかしら。 でも4歳上の姉、堀奈津佳はツアー2勝を挙げ、本人も7歳からゴルフを始めており、経験は豊富です。 アマチュアでステップアップ(下部ツアー)に勝っているし、プロ合格後はステップ5試合に出場し…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事