日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

有原航平特集

日本ハムで2年目を迎える有原

ライバル007「大谷超えも」 日ハム有原はどう成長したのか

日本ハムの大谷が「5番DH」として先発出場して1安打を打ったものの、ネット裏に集まった他球団スコアラーの目を釘付けにしたのは2年目右腕の有原航平(23)だった。 先発候補の1人として、4番手で3イニングの投球。根元に適時打を打たれるなど、4安打1失点だった。日ハムの大渕SDは「彼は失点しながら調整していくタイプ。今日も良い出来でしたよ」と話したが、あるパ球団スコアラ…

日ハム有原航平は「2ケタ勝利」宣言

自主トレ充実の日ハム有原が「先発2本柱」に急浮上

4年ぶりのリーグ優勝を目指す日本ハム首脳陣が今季、大谷と並ぶ先発の柱として期待するのは昨季11勝の吉川でも10勝のメンドーサでもなく、2年目の有原航平(23)らしい。 昨季は右肘不安のためデビューが5月中旬と出遅れながら、8勝(6敗)をマークしてパの新人王を獲得。160キロの大谷がいるから目立たないものの、150キロ中盤のストレートを投げる潜在能力の高さは、制球が…

有原投手も納得いかず?

パ投手陣の“凶作”が幸い 日ハム有原がわずか8勝で新人賞

(来季の目標は)生まれ変わった投球をしたい」 日本ハムの有原航平(23)がパ・リーグの新人王を獲得した。 即戦力候補として、昨年のドラフトで4球団が競合した大型右腕も、開幕前から右ヒジに不安を抱え、ようやく先発ローテに定着したのは5月に入ってからだった。 しかも、18試合に先発して8勝6敗、防御率4.79。右ヒジを考慮され、計103回3分の1投げただけだった。1試合…

2位指名の坂本誠志郎捕手(奥)とともに金本監督と握手

父は転勤族…虎ドラ1高山を育てたのは“鬼軍曹”の母だった

日大三高2年の春の選抜では、広陵高の有原航平(現日本ハム)に2打席連続で抑えられ、決勝戦ではスタメンを外された。明大では入学1年目にいきなり計36安打するが、2年目に計26本まで減少した。しかし、壁に当たってもめげなかった。 「そういった苦しい状況を乗り越えたからこそ、ひと回りもふた回りも成長したと思います。親の前で涙を見せたのは中学3年生のシニア時代に1回戦で負け…

ライバルは増える一方だ

来年あるの? ハム斎藤佑「もう1回」発言にファンがカチン!

今季8勝をマークした14年ドラ1の有原航平(23)に続き、来季も強力なライバルが現れる可能性もある。のんびりやっている場合ではないのだ。…

逸材には間違いないが…

プロ志望届提出の高橋純平に早くも飛び交う“一本釣り”情報

昨年、アマナンバーワンといわれた即戦力の有原航平(早大→日本ハム)を回避したのもそのためです」(福岡のマスコミ関係者) 昨年の松本については、高校の周辺からも「3位以下なら大学、社会人」という声が出ていた。下位での獲得を考えていた球団は手を引かざるを得ず、「ソフトバンクにしてやられた」との声が他球団のスカウトから上がっていた。 高橋はかかりつけの整体師に加え、父は薬…

右ヒジ不安でも新人王の有力候補

ライバル不在…7勝目の日ハム有原が「パ新人王」にまた一歩

日本ハムの新人・有原航平(23)が20日のロッテ戦に先発。完投こそ逃したものの、8回3分の1を7安打4失点で切り抜け7勝目(4敗)を挙げ、パの新人王にまた一歩近づいた。 有原は昨年のドラフトで4球団の1位入札が競合、くじ引きの末に入団した目玉右腕。それでも早大時代に痛めた右ヒジの不安から、デビューが5月中旬と遅れた。 昇格後も右ヒジの状態を考慮され、登板間隔は基本的…

鈴木誠から水をかけられる野間

緒方監督の秘蔵っ子殊勲 広島・野間はレギュラーへ半歩前進

昨年のドラフトでは、緒方監督の強い推薦もあり、有原航平(早大)の外れ1位で入団。中部地区担当スカウトの多くが「脚力と肩は抜群。守備、走塁だけなら、プロですぐにレギュラーになれる」と言うほど、評価が高かった。 緒方監督が入団当初につけていた背番号「37」を背負い、これまで開幕から二軍落ちが一度もないのは、それだけ期待が大きいということだろう。 ただ、即戦力のドラ1と…

3勝目をあげた有原

有原が真価発揮の3勝目 日本ハムの“チーム方針”報われた

日本ハム有原航平(22)が9日、本拠地の巨人戦に先発。最速152キロの速球を軸に、6回3分の2を2安打1失点に抑えて3勝目(1敗)を挙げた。右肘に不安を抱えるだけに、今季の活躍は無理との憶測もあったが、プロ4戦目でいよいよ真価を発揮しつつある。 こんなエピソードがある。昨年のドラフト前の話だ。 日本ハムは早大の有原の実力を高く評価していた。問題は昨夏、軽井沢合宿で痛…

「もってる男」有原

先輩・斎藤佑とは対照的 初勝利の日ハム有原が持つ“強運”

右ヒジの不安で調整の遅れていた日本ハムのドラフト1位ルーキー、有原航平(22)が15日のオリックス戦で一軍デビュー、6回を4安打2失点に抑えて勝ち投手になった。 ストレートの最速は150キロ。内容は合格点だったとはいえ、投球数が100球に達した六回表終了時点で打線の援護はなし。降板した有原に黒星が付くはずだったところが、直後の六回裏に中田とハーミッダの連続二塁打に、…

大谷や中田もいまはメジャー志向

社長「刺激」強調も ハムがアリゾナキャンプ行う“本当の狙い”

そもそも日本ハムには大谷翔平(20)をはじめ中田翔(26)、陽岱鋼(28)、ルーキーの有原航平(22)ら、将来のメジャー挑戦を視野に入れる選手が多い。こういった連中がメジャーキャンプの充実した施設を使えば、これまで以上に夢は膨らむ。 実際、中田は数年前までメジャーについて「興味ないよ。英語も話せないし」と素っ気なかったのに、13年のWBCで海を渡ると一変。メジャー…

大谷も巨人戦で3回零封と復調

日ハム有原が上出来初実戦マウンド 大谷と“2本柱”早期実現

ファームの西武戦で初実戦のマウンドを踏んだドラフト1位ルーキーの有原航平(22)が、1回を10球で3者凡退に抑えたのだ。 初球に147キロをマーク。最速は150キロを計測した。昨夏に右肘を痛め、キャンプは二軍スタート。ここまでスロー調整を余儀なくされていたものの、上々の滑り出しだ。 「リハビリが思うようにいかなければ最悪、手術の可能性まであったといいます。それがこの…

1年目のマー君を彷彿/(C)日刊ゲンダイ

離島に置き去り…楽天・安楽 二軍落ちでも新人王の可能性

即戦力右腕と前評判の高い日本ハムの有原航平 (22=早大)は右ヒジ痛が完治していない。「6月に一軍に上がれれば御の字」(日ハムOB)という。 07年には阪神の上園(現楽天)がわずか8勝で新人王に輝いたこともある。「マーくん級」という看板が本物なら、実戦登板が多少遅れたところでタイトル取りを諦めることはない。…

一軍デビューはかなり先になりそうな有原/(C)日刊ゲンダイ

自主トレ別メニュー 日ハムドラ1有原が抱える右肘の“爆弾”

後輩である日本ハムのドラフト1位・有原航平(早大・写真)について、「無理はするな」と言うのである。 10日にスタートした新人合同自主トレは右肘痛を考慮して、ただひとりキャッチボールの距離を30メートルに制限されるなど別メニュー調整を強いられている。キャンプも二軍スタートが内定。栗山監督は「2月15日の紅白戦に全力で動ければ。そこから十分に勝負になる」と言っている。前…

「近い将来、エース格で」と栗山監督は絶賛/(C)日刊ゲンダイ

右ヒジより心配…日ハムドラ1有原には「練習量」が足りない

キャンプまでに(体を)いい感じにして、(1年目から)先発ローテーションに入って投げたい」 11日、母校で日本ハムの指名挨拶を受けた後にこう話したのが有原航平(早大)だ。 先月のドラフトでは4球団の1位入札が競合した「大学ナンバーワンの即戦力右腕」といわれる。とはいえ、今夏に右ヒジを痛めたため、球団側も過度の期待は抱いていない。 球団が最優先で取り組んでもらいたいのは…

このままでは…/(C)日刊ゲンダイ

「有原は右肘に不安あり」 早慶戦登板でスカウトが“再指摘”

観客席にいた某スカウトがこう評したのが、4回5安打1失点に終わった早大右腕・有原航平(4年=日本ハムドラフト1位指名)のことだ。 有原といえば、150キロ以上の速球がウリ。先月のドラフト会議では「大学ナンバーワンの即戦力投手」として4球団から1位指名を受けた。 ところが、この日の直球の最速は147キロで、大半は130キロ台後半止まり。投球内容も変化球が中心で、フォー…

None

新・鬼の遺言

高卒選手に甘くないプロの世界 中心選手はわずか1割

日本ハム1位の早大・有原航平が騒がれたが、この社会人3投手は活躍すると見ている。…

夏場に右肘を痛めている有原/(C)日刊ゲンダイ

日ハム投手事情深刻 ドラ1有原に「先発2番手」の可能性

4球団の1位入札が競合、抽選で日本ハムが交渉権を獲得した有原航平(早大)のことだ。 「150キロを超す速球に加えて、打者の手元で鋭く曲がるスライダーが武器の右腕。日ハムのスカウト会議では、楽天の則本やヤクルトの小川らと同等の成績を残せるピッチャーという評価だったらしい。1年目からローテ入りはもちろん、来季は大谷に続く先発2番手が有力とか。毎年コンスタントに2ケタ勝て…

まさに「神様、仏様、田中様」/(C)日刊ゲンダイ

球団も「してやったり」…ロッテ2位・京大田中の“経済効果”

ドラフト翌日の主要スポーツ紙は、4球団が1位指名で競合した有原航平(早大)や2球団競合の安楽智大(済美)らビッグネームを押しのけて田中を1面や終面で掲載した。以後、3日以上が経過した今でもテレビ、スポーツ紙で田中の研究や卒論、大学生活が話題になっている。 ■早くもキャンプから集客期待 ロッテはただでさえ話題が乏しい。今季は4位でBクラスに沈み、オフは「ネタがゼロ」…

有原には右ひじ故障懸念も/(C)日刊ゲンダイ

有原獲得の日ハム 栗山監督が夢見る2年後の「3本柱」構想

その有原航平(早大=22)を見事獲得した日ハム。阪神、広島、DeNAの4球団の競合の末に当たりクジを引き当てた。 これで大谷、有原は揃ったものの、栗山監督の言う「田中」なんて投手は日ハムにはいない。それもそのはず、現在創価大2年生の田中正義のことだからだ。 有原はMAX156キロの大学ナンバーワン投手といわれているが、同じ右腕でも田中はそれ以上の逸材ともっぱら。スカ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事