日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

三菱地所レジデンスの関連ニュース

イメージと暮らすのとは違う

物価安くアクセス良し 山手線“ダサい駅”は住みやすさ抜群

JR、地下鉄の千代田線、日暮里・舎人ライナーの3線が交差しており、優れた立地に目をつけた野村不動産と三菱地所レジデンスが再開発に乗り出し、3年後に大型複合施設が誕生する予定だ。おしゃれな街にガラリと変貌を遂げる可能性が大なのだ。 「西日暮里のある荒川区は名門開成高校があり、東大のある文京区や東京芸大のある台東区に隣接していて、学力レベルも高い。子育てに向いており、文…

None

横浜でマンション傾く 「欠陥物件」全国で乱造される可能性も

三菱地所レジデンスの億ション「ザ・パークハウスグラン南青山高樹町」で貫通孔の不具合が見つかり、三井不動産レジデンシャルの「パークタワー新川崎」でコンクリートのひび割れが発覚した。どちらも分譲前だったから被害は最小で済んだが、ブランドマンションがこのざまだから、中小ディベロッパーの物件は推して知るべしだろう。 マンションは簡単に買い替えられないし、資産価値が二束三文に…

写真はイメージ/(C)日刊ゲンダイ

円安も影響…中国人が都心のマンションを買い漁っている

最近は中国人を呼び込もうと、大京、三菱地所レジデンス、東急不動産、三井不動産などが台湾や香港の不動産仲介会社と提携する例もある。中国人は、どんな条件の物件を狙っているのか。 6年後の東京五輪で、選手村予定地になっている場所の目の前に建設中の「ザ・パークハウス晴海タワーズ」。そのモデルルームは、中国語の通訳の声が響いていた。 都内の不動産価格は、上海や台湾の台北などに…

京都・円山公園の夜桜

東京五輪であなたの街も激変する

過熱する京都人気 外国人観光客の増加でさらに盛り上がる

三菱地所レジデンスが分譲する「ザ・パークハウス 京都鴨川御所東」で、7億4900万円という価格は、これまで西日本で分譲されたマンションとしては最高額になる。なぜ、京都のマンションがそれほど高人気・高価格なのか。理由は、セカンドハウス需要が多いからだと考えられる。 セカンドハウスを買う人は3つの条件を重視する。まず「交通の便がよい」こと。そして「夫も妻も楽しい場所」…

大手も信用ならない/(C)日刊ゲンダイ

「復興」「増税」「五輪」で急増 欠陥住宅掴まない5カ条

2月1日、三菱地所レジデンスが販売していた東京・南青山の超高級マンションに工事の不具合が発覚。建て替えが決まったばかりだが、3月24日には積水ハウスが建設する東京・白金の超高級マンションに不具合が発覚した。“億ション”だから庶民には高根の花とはいえ、実は他人事ではない。消費税増税前は新築住宅やリフォームを含め、欠陥住宅が急増するという、悪しき前例があるからだ。 「9…

None

5億円マンションが 「完売御礼広告」 どんな人が住んでいる?

広告主は、売り主の三菱地所レジデンス。今後の販売戦略を考えてのこととはいえ、すでに売り切ったマンションの広告出稿は異例といっていい。 「皇居を一望にする地上14階建ての免震マンションで、最多価格帯は2億7000万円、最高は5億4000万円(179平方メートル)。あまりに価格が高く、三菱地所の関係者が〈売り出すのに勇気が要った〉と話していたほど。それが最高13倍、平…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事