日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

シンヒカリ特集

【香港カップ】本紙・武田 エイシンヒカリ昨年の再現

ともにここがラストランとなるエイシンヒカリとモーリス。天皇賞・秋では1秒3もの差をつけてモーリスが圧勝したが、コース替わりの今回はエイシン本命といく。 前回はかなりイレ込みがきつく、スピードの乗りが悪かった。慣れた競馬場だとうるさくなるタイプで、この馬の典型的なダメなパターンになってしまった。 だが、香港は昨年のこのレース以来、2度目。落ち着いてさえいれば、あの逃走…

None

【香港国際競走】エイシンヒカリ圧倒劇でJRA番組の問題点浮き彫り

モーリスとエイシンヒカリが世界を制圧――。香港で久々に日本馬が複数の国際GⅠに勝利した。 初っパナのGⅠ香港スプリントに出走したミッキーアイル、ストレイトガール、サクラゴスペルは⑦⑨⑫着と惨敗を喫したが、そのショックを一気に吹き飛ばしたのがGⅠ香港マイルのモーリスだ。直線では現地のエイブルフレンド(③着)と2頭で激しく競り合い、いったんは前に出られたものの、ムーアの…

【天皇賞】エイシンヒカリ「優等生すぎた」(武豊)

快勝のモーリスとは対照的に“?”のつく敗戦になってしまったのが2番人気のエイシンヒカリだった。 絶好の1番枠からハナに立つ競馬。道中で外から昨年の覇者ラブリーデイにマークされたが、流れは理想的になった。 前半3Fは36秒9、5F通過は60秒8。これらの数字は過去10年で最も遅いものだ。前日の土曜が昼すぎまで稍重で、パンパンの良ではなかったにしても、相当に緩い流れをつ…

去年の毎日王冠もぶっつけV

【天皇賞】武豊エイシンヒカリ逃げ切る

◎は個性派ランナー、エイシンヒカリ。 瞬発力タイプが多かった初期のディープ産駒の中で、エイシンヒカリは異彩を放つ存在。戦法は徹底した逃げ。走る気を前面に出す個性あふれた競走馬だ。 引っ掛かったり、外ラチまで飛んでいったりと、気性の難しさも出しながらデビューから5連勝。ほとんどが3馬身以上の楽勝だった。 3歳暮れのチャレンジCで初の敗戦を喫した後に一息入れたが、4歳時…

昨秋のマイルCはムーアでV

【天皇賞・秋】モーリス&エイシンヒカリ 人気2頭を直撃

■エイシンヒカリ ――前走のプリンスオブウェールズSは⑥着。 中村厩務員 芝を歩いても“密集しているな”って。フランスのシャンティイと違っていたし、直前輸送でもあった。それでも0秒8差と、大きく負けてはいないので。 ――8月25日に帰厩しました。その後の調整は? 中村厩務員 疲れは取れている感じでしたね。ここ目標に、下地からじっくり仕上げてきました。順調にきて、3…

エイシンヒカリで仏GⅠ狙う

武豊エイシンヒカリ 仏GⅠに今晩発走

武豊エイシンヒカリが仏GⅠイスパーン賞(シャンティイ競馬場、芝千八百メートル=日本時間24日21時50分)に出走する。 レースは9頭立てでエイシンは3番ゲート(馬番も3番)から。 レースの模様はグリーンチャンネル「地・中・海 ケイバモード」の中でライブ中継される。 シャンティイ競馬場 芝一八〇〇メートル (24日14:50=日本時間21:50) ①ニューベイ 58 …

None

【日曜東京11R・天皇賞】出走全馬の特選情報

①エイシンヒカリ 坂口調教助手 ハナを切るにしても、そうでないにしても、前で運ぶのは間違いないでしょう。内めに越したことはないですね。間はあいていますが、気性的にその方が馬はつくりやすかった。いかに気分良く走れるかに尽きると思います。 ②クラレント 橋口調教師 好走パターンは好位のイン。内のエイシンヒカリを行かして、というイメージですね。昨年同様、先手を取れる流れな…

None

【英GⅠ・プリンスオブウェールズS】エイシンヒカリ最下位⑥着

前走の仏GⅠイスパーン賞を10馬身差で圧勝したエイシンヒカリ。このパフォーマンスにより、IFHA(国際競馬統括機関連盟)のレーティングで129〓を獲得。世界一の座についた。 だが、イスパーン賞のシャンティイ競馬場よりはるかに、今回のアスコット競馬場は〝難所〟だったようだ。 シャンティイ郊外で調整していたエイシンにとって、前回はいわば滞在競馬のようなもの。今回もシャン…

最終追いきりは折り合いピタリ

直撃!!生産牧場

エイシンヒカリ 木田牧場(北海道・三石)

その中で展開のカギを握るのが、逃げ馬エイシンヒカリだろう。年内引退が決まっていて、海外GⅠを2連勝しての凱旋レースは、国内ラストランになるだけに、陣営の期待も高いはず。生産した木田牧場の3代目木田圭介氏に聞いた。 「繁殖牝馬20頭弱の小さな牧場ですから、生産馬がGⅠに出走するだけでうれしいのに、GⅠ中のGⅠの天皇賞ですから。とにかく無事に走ってほしい」 木田牧場にと…

けさは理想的な追い切りだった

【天皇賞・秋】エイシンヒカリ余力を残して6F79秒9、1F12秒3の好時計

でも、力を出せば克服できると思っています」…

昨年の⑨着のリベンジだ

【天皇賞・秋】エイシンヒカリ再び世界一へ

今回、エイシンヒカリで逃げ切れば、天皇賞の春秋連覇になる。しかも、異なる馬で――。 平成以降(89年~)、ジョッキーの天皇賞春秋連覇は3回ある。 同一馬によるものは99年の武豊=スペシャルウィーク、00年の和田=テイエムオペラオー。異なる馬だったのが89年で、やはり武豊。春はイナリワン、秋はスーパークリークで美酒を味わった。 この時、まだデビュー3年目。見習騎手で…

最後は脚が上がり気味

【天皇賞1週前】エイシンヒカリ馬をかわすと引っ掛かってラスト13秒3

来週に迫った天皇賞へ向けて注目のエイシンヒカリが1週前調整を行った。 けさはCウッドの7Fからゆったりとした行き出し。ただし、併走追いではないものの、前方に2頭いて、そのうち1頭を6F過ぎに、そして残り1頭を5F過ぎにかわしてから引っ掛かってしまい、残り4~3Fのラップは11秒8に。それもあってラスト1Fは13秒3と脚が上がっていた。 それでもここまで坂路を中心に乗…

None

【天皇賞】登録は15頭

海外でGⅠを制した、エイシンヒカリ、モーリス、リアルスティールがいて、さらに毎日王冠で牡馬を撃破したルージュバック、昨年の勝ち馬ラブリーデイ、安田記念馬ロゴタイプ……。 2頭に人気が集まる菊花賞より、馬券的には面白く、かつ難解といえそうだ。 ◇10月30日(日) 第154回 天皇賞・秋(GⅠ) 3歳上オープン 定量 芝2000㍍ アドマイヤデウス 58 アンビシャス…

再びこのコンビが表彰台に立つか

【宝塚記念】ムチ一本で世界を飛び回る競馬界のレジェンド武豊

5月から6月にかけてはラニ、エイシンヒカリでのGⅠ参戦のため、日本と欧米を行ったり来たり。 まずはラニで5月7日はケンタッキーダービー⑨着、21日のプリークネスS⑤着。その後は真っすぐ渡仏し、24日の仏GⅠイスパーン賞でエイシンヒカリとのコンビ。懸念された極悪馬場を克服したどころか、10馬身差の圧勝でヨーロッパのホースマンに衝撃を与え、レーティング129ポンドを獲…

None

【英GⅠ・プリンスオブウェールズ】エイシンヒカリ 英国競馬史に名を刻むか

レーティング129ポンドで堂々の世界一になったのが日本のエイシンヒカリだ。 日本調教馬としては一昨年に130ポンドを獲得したジャスタウェイ以来の快挙。それは何といっても、暮れの香港C優勝に続き、前走の仏GⅠイスパーン賞を10馬身差で圧勝したことが影響している。 このレースぶりは現地のホースマンに大きな衝撃、驚きを与え、一部のブックメーカーは凱旋門賞に登録がないにもか…

今週は坂路で4F53秒6を出したマカヒキ

勝羽×新居 激辛ジャッジ

【日曜京都11R・京都記念】ダービー馬の取捨は

昨秋、天皇賞で大敗したエイシンヒカリもそうやったろ。 新居 ボクも遠征帰りは気になるポイント。それに、今の荒れ放題といっていい京都芝は、ディープ産駒にとって“鬼門”だしね。サトノクラウンも香港遠征からの復帰初戦。やや硬さを感じるし、腹めもポテッとして映る。皮膚の皮も若干、厚いかな。 勝羽 父がマルジュやから、年を重ねて、より重厚なヨーロッパ血統が出てきてるんかもな。…

None

【朝日杯フューチュリティS】勢いが肝心 五百万特別勝ちを狙え

今年はキタサンブラック、エイシンヒカリなどで日本だけではなく世界を股にかける大活躍だった。今度こそ〝コンプリート〟を目指す。…

天皇賞で二千を克服

【香港カップ】海外GⅠ3連勝 新谷はモーリス信頼

1番枠エイシンヒカリ、8番枠モーリスは天皇賞と全く同じ並び。不安材料を探しても見当たらない。競走生活の最終章は信頼の一手だ。 ○はエイシンヒカリ。天皇賞はイメージ以上にペースを落とし過ぎた感があった。こちらも引退レース。悔いを残さないように昨年のような道中で緩みのない逃げを名手・武豊が打てば、大幅に変わってきてもおかしくはない。 香港勢ではデザインズオンロームに注…

None

ほかにも2重賞 中山カペラS 阪神チャレンジC

モーリス、エイシンヒカリが出走する香港カップのほか、マイルにはサトノアラジン、スプリントはビッグアーサーと有力馬がズラリ。ヴァーズも含めた全4鞍の〈成績柱〉は週末特別版で掲載します。…

None

【BCフィリー&メアターフ】新谷 海外GⅠ馬券V3

昨年に続いてモーリス、エイシンヒカリなどが遠征する。日本のファンの醍醐味は海外GⅠで日本馬の馬券を買い、的中させることだろう。香港ではそんなシーンを見たいものだ。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事