日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

山崎康晃特集

中畑監督は「別格!」と絶賛

山崎康「新人最多セーブ」の真価はDeNAのシーズン成績次第

DeNAの守護神山崎康晃(22)が1点差の九回にマウンドへ上がると、球場全体から「ヤスアキ」コールが沸き起こった。記録を期待する本拠地の異様な雰囲気にのまれることなく、6番から始まるヤクルト打線を3人でピシャリ。亜大の先輩・与田剛氏(元中日)に並んでいたプロ野球新人最多記録を更新する32セーブ目を挙げ、「大きな記録を超えられ光栄」と笑顔を浮かべた。 「フォークのよう…

記録更新は間違いなし

「小さな大魔神」宣言のベイ山崎 先輩・与田氏も驚く体調管理

元中日の与田剛が持つ新人最多記録の31セーブに25年ぶりに並んだDeNAの山崎康晃(22)は、あどけない顔をほころばせ、目いっぱいの声で叫んでみせた。 2人は同じ亜大出身。 「縁というか、なにかあるのかなという感じがする」と感慨深げにコメントした与田氏は、「私の1年目を思い出しても、疲れてしんどいことが何度もあった。1年目から体調をしっかり管理し、安定感のある成績を…

タイプは対照的な中畑監督(右)と川村コーチ

ベイ快進撃の陰に川村投手コーチ 権藤氏が「知性ある」と評価

(権藤博/野球評論家)…

中畑監督の選手起用はよくハマる

快進撃のDeNA 評論家とVメンバーが指摘する「優勝への課題」

ルーキーで抑えに抜擢された山崎投手

中畑監督抜擢 DeNA新人ストッパー山崎康晃の意外な評判

DeNAの抑えにドラフト1位新人の山崎康晃(22)が抜擢された。昨年21セーブを挙げた三上が右肘痛でリタイアしたこともあり、山崎は「緊迫した場面で投げるのが好き。ストッパーで開幕から活躍したい」と意気揚々。中畑監督も「ウチであれだけの球を放るやつはいない」と信頼を寄せている。 新人年に抑えとして活躍した投手は与田(中日)、佐々岡(広島)らがいる。ただ、開幕から抑え…

開幕早々中継ぎ降格

守護神陥落…ベイ“小さな大魔神”山崎が悩む心と体のズレ

16日のヤクルト戦、山崎康晃(24)が登板したのは七回だった。プロ1年目から抑えの座を守り、2年連続30セーブをマーク。かつて横浜で守護神を務めた大魔神こと佐々木主浩にちなんで「小さな大魔神」といわれてきたが、ラミレス監督は「球場によって好不調の波がある。今後はパットンを抑えにしていく予定。(山崎の抑え復活は)今のところ考えていない」と断言した。 監督が降格を決め…

中畑監督の1年目にドラ4で入団した桑原

DeNA桑原が先頭打者弾…中畑前監督の「遺産」でCSに前進

左脇腹肉離れで離脱した梶谷

キーマン梶谷開幕アウトも大丈夫 今季のベイは投手陣牽引

松本を投ごろに仕留めた今永

シート打撃で好投も…ベイ今永「勘違いするとダメになる」

どこまで立て直せるか

「勝ちにこだわる」宣言のラミDeNA 再建のカギ握るのは?

主砲・筒香嘉智はいつメジャーに?

ラミ監督就任も追い風 DeNAに「メジャー予備軍」ゾロゾロ

有原投手も納得いかず?

パ投手陣の“凶作”が幸い 日ハム有原がわずか8勝で新人賞

なお、セ・リーグはDeNAの山崎康晃が選ばれた。…

どうするの!?

観客動員18%増…DeNA中畑監督は辞めたくても辞められず?

DeNA山崎は近々強行復帰の予定

若手守護神に“勤続疲労”続出 負の連鎖はなぜ起きたのか?

今月上旬、開幕からDeNAの絶対的な抑えだった山崎康晃(22)が「勤続疲労」を理由に休養。9日から復帰予定とはいえ、数日間の休みでどこまで回復したのかは疑問が残る。 昨季途中から抑えに回った西武・高橋朋己(26)も、序盤からの登板過多(6月末までに30試合)もあって、7月上旬から急失速。同14日の楽天戦から5試合連続失点を許して、配置転換を余儀なくされた。 他にも…

中畑監督と喜ぶドラ2石田

ドラ2石田がプロ初勝利 ベイは上位5人が1軍の“当たり年”

1位有力候補の高橋純平(左)と落合GM

落合GM続投で県岐阜商・高橋純平「中日入り消滅」の怪情報

24日の阪神戦で右足を気にする筒香

「打撃崩れる可能性」 右太もも痛のベイ筒香を評論家が心配

ただ、太ももを痛めただけに、走り込みやダッシュがままならなくなり、体のキレが鈍くなってそこから打撃が崩れる懸念はある」 ■守護神・山崎には危険球のトラウマか? 新人ながら抑えに抜擢され、リーグトップの17セーブを挙げる山崎康晃(22)も、同阪神戦で上本に頭部死球を与え危険球退場。大乱闘に発展し、ベンチで呆然とした表情を浮かべていた。クロスステップ投法で特に右打者には…

和田監督もここぞとばかりにかみついたが…

勝利への貪欲さなき阪神 大乱闘でも士気上がらずベイに完敗

中畑監督は自画自賛だったが…

大量リードで守護神連投 DeNAは“空費”采配で「貯金1」

監督が一堂に会しても…

まるで今季を暗示…セの「ファンミーティング」はドッチラケ

広島の緒方監督が売り出し中の3年目・鈴木誠也(20)の「開幕1番起用」を明言したり、DeNAの中畑監督が新人・山崎康晃(22)のクローザー起用を明かして場を盛り上げようとしたものの、これとてファンや報道陣には「想定内」のことだった。 むしろ、開幕直前にもかかわらず、6球団の監督が和気あいあいと軽口を叩き合う姿に、「これではシーズン本番を前にファンをしらけさせるだけじ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事