日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

薬丸岳に関する記事

None

薬丸岳氏「異邦人」連載直前インタビュー

人間の心理を繊細に描くミステリー作家・薬丸岳氏によるヒューマンミステリー「異邦人」が、来週月曜(5月8日)から本紙でスタートする。「異邦人」は、薬丸氏の人気シリーズ「刑事・夏目信人」の17作品目。著者に意気込みを聞いた。 物語は、警視庁の通訳人に登録しているベトナム人留学生クエットが、ある日、錦糸警察署から連絡を受け署に赴くところから幕を開ける。同胞ベトナム人女性が…

None

「ガーディアン」薬丸岳著

(講談社 1500円+税)…

文庫あらかると

「その鏡は嘘をつく」薬丸岳著

(講談社 740円+税)…

文庫あらかると

「友罪」薬丸岳著

(集英社 830円+税)…

「ハードラック」薬丸岳著

(講談社 800円+税)…

ベストセラー早読み

「誓約」薬丸岳著

(幻冬舎 1600円+税)…

北上次郎のこれが面白極上本だ!

「神の子」薬丸岳

(光文社 各1800円)…

None

秋ドラマの“穴馬”? 熱烈ファンが盛り上がる椎名桔平主演「刑事のまなざし」

原作は江戸川乱歩賞受賞作家、薬丸岳氏の同名連作短編小説。 「TBSの月曜夜8時枠は前期の『名もなき毒』や、その前の『確証』にしても、地味ながら大人も楽しめる良質なドラマを放送してきているんです。ただ、時間帯が悪いのか、視聴率が伴わないのがもったいない」(放送作家) <熱烈ファンがつき始めた> 椎名の14年ぶりの連ドラ主演となる「刑事のまなざし」も、3回目までの平均…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事