日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「柄本明 俳優」に関する記事

若い俳優を見て羨むことも

秀吉の次は総理役…小日向文世が漏らした“寂しさ”の理由

僕が所属していた劇団オンシアター自由劇場からも柄本明さんや笹野高史さんが秀吉を演じています。ところが僕はこれまで、緒形さんの秀吉しか見たことがなかったんです。秀吉役はベテラン俳優さんがやるものだと他人事のようにしていたら、自分が演じることになるとは驚きです。本当に僕もそんな年になったんだなと思います。 22日スタートのドラマ「グ・ラ・メ!~総理の料理番~」では総理大…

20代で2度目の主演女優賞/(C)日刊ゲンダイ

2度目の「ブルーリボン」 安藤サクラの“特異性”に絶賛の声

母はエッセイストの安藤和津(66)、姉の安藤桃子(32)は映画監督として活躍中で、さらにサクラの夫は俳優・柄本明(66)と角替和枝(60)夫婦の長男で俳優の柄本佑(28)である。 サクラは5歳のときに父の舞台を見て女優になることを決意したという早熟。小学2年のとき「芸能一家」「2世女優」という周囲の声が気になり、一度は思いを封印。中学3年生のとき、校則を破って六本木…

俳優仲間からの評価も高い

春ドラ俳優&女優 “辛口”通信簿

安藤サクラ 「ゆとりですがなにか」神がかり演技が高評価

連ドラ初ヒロインとなった『ゆとり』をきっかけにテレビからのオファーも激増しそうです」(芸能ライター) 父が奥田瑛二、母が安藤和津、姉は映画監督という芸能一家に育ち、夫は柄本明の息子の柄本佑。子供の時に父の芝居を見て女優を志したが、「2世」と言われるのが嫌で、かつてはその夢を封印していた。 「今では2世であることもフルに利用しています。普段からSNSで自分の出演作の宣…

「真田丸」の脚本を手がけた三谷幸喜氏

小日向文世「秀吉から総理大臣へ」

秀吉役はベテラン俳優がやるものだと思っていた

僕が所属していた劇団オンシアター自由劇場からも柄本明さんや笹野高史さんが秀吉を演じています。ところが僕はこれまで、緒形さんの秀吉しか見たことがなかったんです。秀吉役はベテラン俳優さんがやるものだと他人事のようにしていたら、自分が演じることになるとは驚きです。本当に僕もそんな年になったんだなと思います。 22日からスタートするドラマ「グ・ラ・メ!~総理の料理番~」では…

None

MCコメンテーターの診断書

泉谷しげる もっと聞きたい!粗にして野だが繊細なコメント

和津と奥田瑛二の次女が安藤サクラで、柄本明の息子・佑と結婚。ここで泉谷が「親は娘とか孫がやることに反対しないといけない。大きく反対しないと本気度が分からない」と子育て・孫育ての自説を披露した。 続いて既婚政治家の中川俊直がハワイで挙式していた問題に。ここでも「(相手の女は)そこで男を試したんだろうな。それにしても日本の政治家はひど過ぎるね」と泉谷節がさく裂した。 も…

None

春風亭小朝 大いに語る

時代劇の声のトーン、台詞の句点の使い方「これ、落語に使える」と

主役の中井さん、火付盗賊改役長官の國村隼さん、大盗賊の柄本明さん、3人の名優とさしで芝居するシーンがあったのも幸いでした。2人だけだと、いいものを吸収できます」 ただ、反省もあった。これまでの雲霧シリーズを見てなかったので、ドラマ全体で声のトーンが非常に低いのを知らなかったのだ。 「出演者全員が意識して声のトーンを低くしているのがリハーサルでわかったんです。國村さん…

蛭子能収

今週グサッときた名言珍言

「俺はホントに自分は優しいと思ってます。でも、ちょっと人と違った優しさがあるのかなと」by 蛭子能収

やがて蛭子作品のファンだった俳優・柄本明から劇団「東京乾電池」のポスターを依頼され、劇団に出入りし始める。そのうち、誘われるままに舞台に出演。それがきっかけとなって80年代後半から「笑っていいとも!」(フジテレビ)などテレビ番組に出始めた。 当時は数多くの文化人がバラエティータレントとして起用されていた。本人も「ヘタウマ(ブーム)でマンガ家になれて、“素人の時代”…

見事な演技力の柄本佑

母親が不入りに吠え話題 柄本佑「GONIN サーガ」の迫真演技

母・角替も、父・柄本明も、弟・時生も脇役タイプで、さらに佑も含め、この一家は全く素晴らしい脇役ファミリーなのである。しかも、“鉄の結束力”を誇る。「GONIN サーガ」をそんな目で見たら楽しめると思う。 (映画ジャーナリスト・大高宏雄)…

「天空の蜂」に主演した江口洋介

早くも映画賞最有力の声 「天空の蜂」はライバル東宝も圧倒

俳優陣は江口洋介、本木雅弘、仲間由紀恵、綾野剛、柄本明、國村隼らで、芸達者が存分に力を発揮している。この手の大作でありがちな、力んでオーバーに演技をするといったことはなく、淡々とした所作の中にキラリと光る重厚感たっぷりの演技がまたいい。 原発という社会派的なテーマが十分に織り込まれている点も見逃せない。映画では国の政策にいつも沈黙するこの国の人々も批判される。観客…

人気はマイルドな味わいの「バターチキンカレー」(下)

柄本時生お気に入り「RAINBOW Kitchen 下北沢」

父・柄本明(66)のDNAを受け継ぎ、自らも強烈な個性を発揮して注目の2世俳優の柄本時生(25)。数多くのドラマや映画で活躍中だが、プライベートでふらりと訪れるのが下北沢にあるダイニングカフェ「RAINBOW kitchen 下北沢」。 場所は下北沢駅から2分ほど歩いた、賑やかな商店街の一角。こぢんまりとした店内にはカウンター、小上がり、テーブル席があり、1人でもグ…

映画「ソロモンの偽証」成島出監督特別インタビュー(中)

夏川のデビュー作(柄本明監督作品「空がこんなに青いわけがない」)で助監督をやったときは、今回の涼子のようによく叩かれてしょっちゅう泣いてましたけど(笑い)。大人たちはテストの一発目から手を抜かずにやるので、子供たちの良いお手本になったと思います。 今回、子供たちには「演じろ」と言わず、「なりきれ」と言いました。涼子は「涼子を生きる」しか方法がなく、現場でいきなりキャ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事