日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「中野ジェームズ修一 マラソン」に関する記事

青学大フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一氏

青学大マラソン強化プラン 箱根V3“陰の立役者”が語った

6日に行われた徳間書店主催の祝賀会に出席した青学大3連覇の陰の立役者、フィジカル強化担当の中野ジェームズ修一氏(スポーツモチベーション最高技術責任者)に聞いた。 「箱根2連覇までは①パフォーマンス向上につながる準備運動②体幹を強化して筋肉をつくる補強トレーニング③正しいストレッチで身体をケア――をきちんと続け、さらに3連覇に向けてバランスボールを積極的に取り入れて、…

スタート前は何もしない方がマシ/(C)日刊ゲンダイ

人気トレーナーが指南「やってはいけないマラソン常識」

何もしない方がマシという人もいます」 こう断言するのは、「マラソンで絶対にしてはいけない35のこと」(講談社)を出版したフィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一氏だ。3年先まで予約が埋まる人気トレーナーの中野氏に、マラソンスタート前やマラソン中によくやる「間違い」を聞いた。 【走る前にストレッチをする】 「一般的にみなさんがやっているストレッチは、前屈でももの裏やふ…

原監督(右)と左上から、中野、二宮、弘兼3氏

箱根駅伝完全Vの青学・原晋監督 祝賀会で“トークバトル”

6日に「青トレ 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ」の版元・徳間書店主催の優勝祝賀会が開かれ、原晋監督、フィジカル強化担当の中野ジェームズ修一氏、スポーツジャーナリストの二宮清純氏、「島耕作」シリーズの生みの親で駅伝ファンの漫画家・弘兼憲史氏が思う存分に語り合った。 まずは箱根の5区・山上りで区間2位の神野について二宮氏が「彼の調子は良くなかったと思いまし…

主将を務めた箱根の「山の神」神野大地

青学大・原晋監督「革命宣言」

「移籍規定を撤廃し、アスリート労組も必要ではないか」

昨年度の青学大の主将・神野大地は、卒業して実業団の強豪コニカミノルタに所属しているが、青学大の躍進を支えている中野ジェームズ修一氏のフィジカルトレーニングを今でも受けている。コニカミノルタでもトレーナーを招き、フィジカルトレーニングに取り組む練習日があるにもかかわらず、である。 所属実業団のやっているトレーニングを受ける分には、もちろん金銭的な負担はないが、神野自身…

原監督(左)と中野ジェームズ修一氏

青学大・原晋監督「革命宣言」

「旧態依然とした陸上界にメスを入れるのは大学の監督」

それが青学大に入学後、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一氏によるフィジカルトレーニング《青トレ》に取り組むようになり、フォームがみるみる改善されていった。 高校時代は全国的には無名選手だったが、青トレを続けることで「コアが安定して上半身をうまく使ったフォームになった」(下田)ことで今では、学生長距離界を代表する選手に成長した。 「フィジカルトレーニングは、今で…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事