日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

駒野友一 特集

駒野 友一(こまの ゆういち)1981年7月25日和歌山県生まれ。プロサッカー選手。元日本代表。ポジションはディフェンダー及びミッドフィールダー。2000年、サンフレッチェ広島に入団。04年にはU-23日本代表としてアテネオリンピックに出場したが、対ガーナ戦で左鎖骨を骨折。08年、ジュビロ磐田に移籍。16年、FC東京に移籍するが、同年7月にはアビスパ福岡に期限付きで移籍。同年11月にFC東京を退団。17年1月、アビスパ福岡に完全移籍。
松井大輔

さすらいのファンタジスタ

「攻め倒せる」気持ちがあるからポジティブに戦っていける

コマちゃん(DF駒野友一)も南アW杯でのPK失敗があるから、PKキッカーはちょっと厳しい。やっぱり当分は僕が担当します。 実はこの試合に向けて気合を入れるために、新しい髪形にしたんです。 左側だけを刈り込んだ斬新なスタイルに。そのゲン担ぎで東京Vに勝ったし、29日の千葉戦もFWポポ、遼一のゴールで2─0の勝利。当分はこれでいきたいなぁ~と思っているところです。…

大久保嘉人

さすらいのファンタジスタ

W杯メンバーにこれだけは伝えたい

Jリーグであれだけ得点していれば、選ばれて当然と思ったけど、それ以上に気になったのがコマちゃん(駒野友一=磐田)のこと。「テレビ、見るよ」と言ってたし、自分の名前が呼ばれなくてつらかったと思うな。 コマちゃんは南アでのPK失敗(決勝トーナメント1回戦・パラグアイ戦)もあるから、ブラジルに寄せる思いは人一倍強かったはず。 翌日には「一緒にブラジルに試合を見に行こうよ」…

None

元代表・松井大輔 「勝ちと負けは天国と地獄。結果残して」

「ボクの(クロスバー直撃の)シュートが入っていたら、コマ(駒野友一)ちゃんのPKが決まっていたら……。そう言われますが、結局は《あの時のパラグアイに勝てなかったチーム》というコトです。サッカーにとって勝った負けたは《天国と地獄》。楽しくプレーしながら、面白いと感じながら勝利するというのが、確かに一番の理想形。でも、現実的にはスペインやバルセロナのようなわけにはいき…

新天地FC東京で好調アピール

ベテランJリーガー「代表」を語る

駒野友一圭佑や岡ちゃんとまた一緒に代表で

タイのチョンブリ戦に左サイドバックで先発した元日本代表DF駒野友一(34)は、攻守にわたってエネルギッシュにプレー。9―0の圧勝に貢献して存在感をアピールした。ベテランと呼ばれる年齢になったが、日本代表への「思い」は消えていない。胸中を聞いた。 ――日本代表を「外」から見てどうですか? 「(日本代表)監督が変われば戦術も変わる。いろいろ(代表選手も)苦労があると思い…

右はACLチョンブリ戦で先発した駒野

ベテランJリーガー「代表」を語る

駒野友一五輪代表はチームとしてよくまとまっている

今年1月に磐田からFC東京に移籍したDF駒野友一(34)は、右サイドを主戦場にしながら左サイドのサイドバック、ウイングバックもソツなくこなせる万能性が高く評価され、04年アテネ五輪のメンバーに選出。A代表として06年ドイツ、10年南アW杯に出場した。14年ブラジルW杯は予備登録メンバー止まりだったが、ここ10年、いつも「代表ユニホームを着ている駒ちゃん」がいた。そん…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事