日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「小渕優子 ハードディスク」に関する記事

本当に知らなかったのか…/(C)日刊ゲンダイ

ドリルでHDD破壊…検察を本気にさせた小渕優子氏

東京地検と小渕優子衆院議員の“全面対決”に突入するのか。小渕事務所のデタラメ政治資金問題で、特捜部が10月に政治資金規正法違反容疑で元秘書の折田謙一郎前中之条町長(66)宅や後援会事務所などを家宅捜査した際、会計書類を保存したパソコンのハードディスクが破壊されていたことが分かった。 壊された複数のハードディスクには、ドリルなどの工具で穴を開けた形跡が見つかったという…

笑っている場合か

終わらない「ドリル小渕優子事件」 検察審査会に申し立てへ

億単位の政治資金を恒常的に「裏金化」していたにもかかわらず、おとがめナシの小渕優子前経産相(41)。東京地検特捜部の“ザル捜査”に助けられ、これで「おしまい」と思ったら大間違い。「ドリル優子事件」はこれからが始まりなのだ。 「告発状受理の連絡もないまま、突然、東京地検から『嫌疑不十分で不起訴処分』と書かれた通知が届きました。あらためて処分理由を問いただした上で、検察…

カネは何に使ったのか

小渕優子氏「不起訴」の大甘処分…検察の怠慢と消えた1億円

小渕優子前経産相(41)のデタラメ政治資金問題をめぐる東京地検特捜部の捜査を見ると誰もがそう思ったに違いない。 「不明朗な会計処理」「資金操作」「帳簿外で支出」――。新聞・テレビは淡々と報じたが、要するに小渕事務所では長年、「裏金づくり」が常態化し、判明しただけでも金額は3億円以上あったということ。簿外処理された使途不明金も1億円に上るという。 悪質極まりない重大犯…

“ドリル優子事件”が急展開

恒常的にウラ金作りの疑いも 小渕優子前大臣が立件される日

小渕優子前経産相(41)の政治団体が支援者の観劇費用などをめぐり、ツジツマの合わない収支報告書を作成していた問題で、東京地検特捜部が小渕氏への任意聴取に踏み切っていたことが分かった。特捜部は、小渕氏が収支報告書の作成やカネの流れを把握していたのかを確認したとみられる。 特捜部が政治資金規正法違反の疑いで、小渕事務所の“金庫番”だった元秘書の折田謙一郎・前中之条町長(…

まるで「小渕弁護団」だったヤメ判&ヤメ検第三者委

ドリル優子事件 「無罪放免」のお墨付き与えた第三者委の詭弁

小渕優子元経産相(41)の政治団体をめぐる政治資金規正法違反事件で19日、第三者委員会の調査報告書が公表された。億単位のカネの流れを複数年にわたって意図的に隠し、パソコンのハードディスクをドリルで破壊するという前代未聞の「証拠隠滅」の疑惑が指摘された事件だ。当然、小渕氏もアウトと思いきや、報告書は「無罪放免」にお墨付きを与えていた。 A4用紙14ページにまとめられた…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事