日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「西村健太朗 投手」に関する記事

None

流出防止狙い? 巨人・西村 “原査定”で1億円アップ更改

巨人の西村健太朗(28)が、実に1億円アップとなる年俸1億8000万円でサイン。71試合に登板した今季は球団新記録となる42セーブを挙げ、初のタイトルを獲得した。昨季も69試合に投げて32セーブ。2年連続で抑え役を務めた実績が評価されたわけだが、それにしても1億円増とは本人もビックリだったろう。 「原監督の後押しもあったはずです。状況によって、山口やマシソンをクロー…

昨季のセーブ王・西村がまさかの先発へ/(C)日刊ゲンダイ

西村が先発転向 補強不発で巨人原監督が乱発する「配置転換」

昨季のセーブ王、巨人の西村健太朗(29)が来季から先発に転向することが決まった。今季は不振から二軍落ちも経験。抑えから中継ぎに配置転換され、6セーブに終わっていた。 某選手が「またチーム内トレードです」と言うように、確かにこのオフは配置転換が乱発されている。すでに先発の沢村が救援に転向することが決定。主に中継ぎだった来季4年目の江柄子は先発に挑戦する。 野手もしかり…

/(C)日刊ゲンダイ

読むグラゼニ

広島カープだから打てた「プロ11年目の初本塁打」

広島・広陵高時代は巨人の西村健太朗とバッテリーを組み、センバツで優勝した。もっとも、2人の野球人生は対照的で、西村が巨人のストッパーとして活躍する一方、白浜は昨年まで一軍出場49試合で年俸750万円。いくら「ドラ1」とはいえ、巨人に入っていたら果たして今もユニホームを着ていたかどうか。 白浜が控え選手でありながら11年も現役をやれているのは、捕手ということもあるだろ…

None

スポーツ難癖口上

あの巨人投手が梅さんならば大相撲 高安は二郎さんで決まりだろい!

読売ジャイアンツのピッチャー「西村健太朗」……。 以来わが家じゃ、 「昨年は二軍が長かったけど、今年はひと花咲かせてほしいよね梅さん!」 今じゃ通り名「梅さん」、そんじゃ梅さんって誰のこと? と改めて問われても「西村健太朗」のほうが出てこなかったりする、ちょいと個性派(というか顔)で並びなきアスリート梅さんを贔屓にしとるんである。 わが家じゃ相撲でも断然「二郎さん…

山口復帰は朗報だが…/(C)日刊ゲンダイ

巨人“絶対リリーバー”山口の復帰に胸をなで下ろした2選手

中でも手を叩いて喜んでいるのは、西村健太朗(28)だろう。 昨季球団記録の42セーブを挙げ、初のタイトルを獲得。それでも絶対的な存在ではないと自覚していた。昨季中、西村はこう漏らしていた。 「ボクはまだ守護神だと思っていない。セーブがついているのは、その前にマシソンと山口さんが、ただ抑えるだけじゃなく、相手の戦意を喪失させてくれるから。九回のマウンドに立つとそれがよ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事