日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

八千草薫特集

丹波哲郎(左)や八千草薫も

不倫天国ニッポン

丹波哲郎、八千草薫も…芸能界「不倫」スキャンダル史

宝塚から女優に転身し、“元祖・お嫁さんにしたい女優”といわれた八千草薫(86)だが、映画監督の谷口千吉(故人)と交際を始めた当時、谷口には若山セツ子という妻がいた。 「もう60年以上も前のことで真偽は定かでありませんが、映画監督と女優さんの色恋沙汰は枚挙にいとまがありません。不倫ではありませんが、加賀まりこと交際していたはずの篠田正浩監督が、岩下志麻と結婚した時はビ…

山田洋次監督がベタ褒め/(C)日刊ゲンダイ

黒木華、杏、八千草薫…「かっぽう着」が似合う女優の共通点

昨年のgooランキングで、「かっぽう着が似合いそうな女優」のトップは八千草薫(83)だったが、映画「小さいおうち」の山田洋次監督いわく「日本一似合う」のはの黒木華(24)。 その黒木が出演している吉高由里子(25)主演のNHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」が右肩上がりだ。 「あまちゃん」を超える人気だった「ごちそうさん」を上回る高視聴率を記録している。「あまちゃん…

主演を務める石坂浩二

芸能界クロスロード

大ヒット「やすらぎの郷」でも輝く浅丘ルリ子の存在感

3人はすでに70代になるが、80代の八千草薫、有馬稲子ら錚々たる女優も出演する。老人ホームを舞台にしたドラマは芸能界の側面を見るようなセリフもあり、売れる女性誌の鉄則「おや? まあ~ へえー!」が随所にちりばめられている。 昼間の在宅率の高い中高年に目を付けたことがヒットの要因でもある。なかでも最近、注目度が高いのが浅丘。昼ドラだけでなく、大河「おんな城主直虎」でも…

(左から時計回りに)倉本聰・毒蝮三太夫・梅沢富美男

あれもこれも言わせて

“ジジババ”が大手を振って闊歩するテレビは元気百倍

それを喜々として演じる八千草薫(86)、浅丘ルリ子(76)、加賀まりこ(73)らも元気があり余っている様子だ。 今週は藤竜也(75)演じる秀さん(モデルは高倉健か)の入居に女たちは色めきたち、石坂浩二(75)演じる主人公の脚本家・菊村は亡くなった妻が昔、秀さんと関係があったのではないかと悶々とする内容だった。 老人を扱ったドラマというと孤独死や認知症など陰々滅々とす…

「これが最後の連ドラになるかも」と倉本聰氏

TV見るべきものは!!

厳しいTV批判も 昼ドラ「やすらぎの郷」は倉本聰の総決算

出演者も八千草薫(86)、有馬稲子(85)、浅丘ルリ子(76)、加賀まりこ(73)、そして主演の石坂浩二(75)と70~80代の役者が並ぶ。 いずれも大物だが、若者狙いのドラマが氾濫する時代には、活躍の場が限られてしまう。しかし、その存在と演技には凡百の役者が及ばない本物感がある。過去への執着、病や死の恐怖、芸術や芸能への未練などの葛藤。この年代でなければ表現できな…

テレビ界に新風を吹き込むドラマ「やすらぎの郷」

まさかの高視聴率 昼ドラ「やすらぎの郷」に他局は大慌て

出演者には石坂浩二をはじめ浅丘ルリ子、有馬稲子、加賀まりこ、草刈民代、五月みどり、常盤貴子、野際陽子、藤竜也、風吹ジュン、八千草薫ら豪華キャストが名を連ねている。 「4月3日から7日までの第1週の番組平均視聴率は7%。しかも、4日は日テレ系『ヒルナンデス!』、TBS系『ひるおび!』、フジ系『バイキング』を抑えて同枠のトップになった。第2週になっても勢いは止まらず、1…

“元妻”浅丘ルリ子(上)と“元カノ”加賀まりこ

あれもこれも言わせて

元カノに元妻 芸能界は呉越同舟の何でもアリだから面白い

ほかの共演者は有馬稲子、五月みどり、野際陽子、八千草薫、藤竜也、ミッキー・カーチス、山本圭ら。 ところで、渡辺謙に不倫報道が……。THEおしどり夫婦のイメージの渡辺と南果歩に夫婦の危機か。南は性格のキツイ役柄が多いせいもあって、私生活では渡辺が尻に敷かれている印象もある。ちょっと羽を伸ばしたくなったのかもしれない。仮に別れても、20年後、石坂や浅丘のように笑って共…

しあわせのかおり

孤独の映画

しあわせのかおり(2008年 三原光尋監督)

帰国した2人を待っているのは、王の後援者(八千草薫)の息子とその婚約者の食事会だ。貴子は王から学んだ技を尽くし、人々は芳醇な料理に顔をほころばせる。小さな食堂は今、至福の場だ。平泉成の演技が実にいい。 「バベットの晩餐会」や「かもめ食堂」など、グルメ映画は元気に終わらなければ意味がない。本作もしかり。婚約者の女性が歌う「ホーム・スイート・ホーム」が貴子へのご褒美と…

ナパバレーのぶどう農場

企業深層研究

ヤマハ発動機 農薬散布にドローン参入の勝算

八千草薫をCMに起用して大ヒットを飛ばした。79年、小池は「オートバイ業界の盟主になる」として「ホンダ打倒」を声高に宣言した。このあおりをくい、80年、ヤマハ本体の社長だった河島博が解任され、川上源一が社長に復帰した。ヤマハの情報がホンダに漏れることを警戒したのだと噂された。 ■HY戦争で傷ついたブランド かくしてHY(ホンダ対ヤマハ)戦争の火蓋が切って落とされた。…

第1弾は倉本聰によるオリジナル作品

テレ朝が来春新枠 「中高年向けドラマ」への期待度

「人生は、クローズアップで見ると悲劇だが、ロングショットで見れば喜劇である」 主人公のシナリオライターに石坂浩二のほか、浅丘ルリ子、有馬稲子、加賀まりこ、八千草薫らがキャスティングされている。…

左から八千草薫、草笛光子、岩下志麻

あれもこれも言わせて

ドラマに魂を入れる「おばあちゃん女優」たち

そこに魂を入れるのが80代のおばあちゃん女優で、今期でいえば「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(フジテレビ系)の八千草薫(85)、「真田丸」(NHK)の草笛光子(82)、少し若くなるが「鴨川食堂」(NHK・BS)の岩下志麻(75)である。 八千草はまさに“奇跡の85歳”だ。あんなに美しく上品で、しかも可憐なおばあちゃんはそういるものじゃない。「最高の離…

八千草薫は「ゆずり葉の頃」の企画にも関わった

邦画支える“老女優パワー” 「あん」「ゆずり葉の頃」連日満席

樹木さん、市原さんには多くのテレビなどに出演して映画のPRをしていただき、映画にかけるお2人の熱い姿勢が伝わった」 「ゆずり葉の頃」には企画にも関わったといわれる八千草薫(84)が出演。一枚の絵に託された老女の強い思いが過去から現在に至る長い時間のなかで繊細に描かれる。共演は仲代達矢で、八千草が慕う男性を演じ、彼女をもり立てる。 公開は今のところ神保町の岩波ホール1…

宝塚の黄金期を支えた

あの人は今こうしている

元宝塚トップスター古城都が心血注ぐ舞台専門「芸術塾」

おまけに大先輩の八千草薫さん、有馬稲子さん、眞帆志ぶきさん、朝丘雪路さん、同期の甲にしき、後輩では鳳蘭、大地真央、安寿ミラ、黒木瞳、涼風真世、真矢みき、春野寿美礼など歴代トップと共演できるなんて、お話をいただくまで想像もできませんでした」 ■浜松市内で開校 さて、目下、最も力を入れているのが「芸術塾」だ。浜松市内に約40畳と30畳の2つのスタジオを持つ一戸建てを借り…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事