日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「松井裕樹 変化球」に関する記事

None

続・鬼の遺言

横浜高・小倉コーチが教える「打率4割を打つコツ」

今夏、桐光学園の松井裕樹君(3年=楽天1位)を倒すため、あの大きくて鋭いスライダーを映像で見て、各自が軌道を1本の線にイメージするよう徹底した。軽視しがちだが、「イメージ戦略」はかなり重要だ。…

オリックス打線をひとひねり/(C)日刊ゲンダイ

中学時代の監督が明かす 松井裕の本質は「変化球にアリ」

楽天の黄金ルーキー、松井裕樹(桐光学園)が13日のオリックス戦に先発。初回は1死三塁、五回はヒットと四死球で招いた2死満塁のピンチを切り抜け、二、三、四回はいずれも3者凡退。5回2安打無失点と結果を出した。 「アピールするためにゼロを意識した」と言う松井は、ここまで投げた3試合12イニングをすべてゼロに抑える快進撃。まだオープン戦の時期だということを差し引いても、並…

先発じゃダメだったけど/(C)日刊ゲンダイ

楽天・松井裕に中学時代の恩師「150キロを投げちゃダメ」

先発失格の烙印(らくいん)を押され、中継ぎに配置転換となった楽天の松井裕樹(18)。これに「二軍落ちじゃなくて良かった」と話すのが、中学時代に所属していた緑東シニアの恩師、中丸敬治監督だ。 「松井はメンタルが弱いということはないけど、一軍の雰囲気に戸惑っていたところもあったんじゃないか。中学の時は監督におだてられてやってきたようなものですから(笑い)。二軍では相手…

鬼の視点

松井裕樹がそうだった…高校生にとって敗戦に勝る薬なし

松井裕樹(楽天)がいた時の桐光学園もそうだった。2年夏の甲子園でブレークし、最も難攻不落だったのは3年春。横浜は春の4回戦で桐光学園と当たり、13三振を食らって0-3。まさに手も足も出ない完敗だった。前年夏の準々決勝でも3-4で敗れ、松井を甲子園に送り出した。同じ相手に3連敗はしたくないが、実力の差があり過ぎる。夏も絶望的だと感じた。 しかし、そこから選手たちは「…

茫然自失/(C)日刊ゲンダイ

2軍落ち楽天・松井裕に「力みすぎ。冷静に」と恩師がエール

「もう1回、ピッチングのABCから勉強してもらう」 星野監督にこう言われ、24日に二軍落ちした楽天の松井裕樹(18=桐光学園)。プロ4戦目の23日は5回で8四球。投球の体をなしていなかった。 森山投手コーチは「二軍で何をやらせるか? さあ、どうするんだろうね」と苦笑いし、「心の問題もあるんじゃないか」と指摘。3戦目にバッテリーを組んだ捕手の小関は「監督の言うABCは…

None

楽天・松井裕樹 プロデビューは「リリーフ」になる!?

24日のドラフトで楽天に1位指名された松井裕樹(17=桐光学園高)。22奪三振で昨夏の甲子園を沸かせた左腕のプロデビューが、「リリーフ」になりそうだという。 星野監督はドラフト前の編成会議で、「複数球団と競合になっても構わん!」と指令を出したほど松井にベタ惚れ。「投げっぷりがいいね。どんどん攻めるところもいい。直すところもないよ」と、気迫を前面に押し出す投球を評価…

None

楽天高卒ドラ1 肝っ玉投手

ボクもあの舞台に立ってメジャーリーガーと戦いたい」 チームのその先輩、則本昂大(26)と松井裕樹(21)は、激闘に疲労困憊だ。則本は7日のキューバ戦の3失点に続いて12日のオランダ戦でも1失点。2試合に登板して防御率9・82と精彩を欠いている。松井は登板した本戦3試合すべてで無失点に抑えたものの、昨20日のドジャースとの強化試合では四球から崩れてサヨナラ打を浴びた。…

黒星もバネに/(C)日刊ゲンダイ

松井裕にプロ洗礼も 大物ぶり証明した初登板の心・技・体

2日、楽天の松井裕樹(18=桐光学園)が、仙台のオリックス戦で公式戦デビュー。6回5安打3失点でプロ初黒星を喫し、試合後は「悔しい。緊張してテンポが悪くなった」と下を向いた。 しかし、高卒ルーキーのデビュー戦だ。6回3失点は悪いどころか上出来だろう。三振も6個奪っている。3失点目は六回1死三塁の場面でのスクイズ。オリックスの森脇監督が「外野フライを打つのも難しいし、…

度胸は満点!/(C)日刊ゲンダイ

嶋のサインにもNO 楽天・松井裕が初陣で見せた「聞き流し力」

23日、楽天の高卒ルーキー松井裕樹(18=桐光学園)が巨人とのオープン戦に先発。プロ初実戦ながら、坂本や長野、村田ら巨人の主力を相手に堂々の投球を披露し、2イニングを無安打2三振。右打者の膝元に食い込む得意のスライダーを効果的に使い、ひとりの走者も許さなかった。 これには指揮官も、いくら褒めても褒め足りないと言わんばかりに絶賛。 「ここまでいいピッチングをするとは…

None

続・鬼の遺言

ドラフト目玉 桐光・松井がプロで活躍するための「3つの課題」

同じ神奈川で切磋琢磨してきた目玉候補の桐光学園・松井裕樹君(17)に何球団競合するか楽しみだ。 OBの松坂大輔(メッツ)は1年目に16勝した。今年は藤浪晋太郎(阪神)が10勝を挙げ、大谷翔平(日本ハム)が二刀流で奮闘するなど、高卒ルーキーの活躍が目立っている。もし大谷が投手に専念したら、将来性は藤浪より上だと思う。 そこで松井君だ。結論から言うと、一軍で活躍するまで…

抑える時も打たれる時も「徹底的」

1回6失点の大炎上…楽天・松井裕“極端すぎる投球”の中身

5日、楽天は1点リードの九回に、守護神の松井裕樹(20)を投入。試合展開が1イニングごとに変わるシーソーゲームに幕――と思いきや、見るも無残に大炎上してしまった。 1死から5番ナバーロを歩かせると、もう止まらない。四球、ヒット、タイムリー、とどめに3ランと、3分の1回で4安打2四球6失点。継投の石橋もこの流れにのみ込まれ、楽天は九回だけで8点を失い、8-15でボロ…

松井裕の起用法は…(左は大久保監督)/(C)日刊ゲンダイ

「松井裕はリリーフで…」 楽天・大久保監督“爆弾発言”の真意

「ウソでしょ!?」 指揮官の言葉を報道陣から伝え聞いた松井裕樹(19)が、目を丸くした。 12日に行われた紅白戦で、2年目の松井が紅組の6番手として登板。2回を1安打無失点に抑えた。 これで楽天のキャンプは終了。二軍はそのまま久米島で練習、一軍は沖縄本島に移動して実戦中心のスケジュールになる。当然、松井は一軍帯同。実戦に向けて腕が鳴る――はずだったが、大久保監督の「…

None

新・鬼の遺言

高卒選手に甘くないプロの世界 中心選手はわずか1割

昨年、楽天の松井裕樹の1年目を「4、5勝」と予想した。今季4勝8敗だったが、安楽の1年目は「0~2勝」ではないか。 高卒選手にとってプロは甘くない世界。浅間と高浜は覚悟して欲しい。 1位の即戦力投手では、阪神の横山雄哉(新日鉄住金鹿島)、中日の野村亮介(三菱日立パワーシステムズ横浜)、ヤクルトの竹下真吾(ヤマハ)がいいと聞く。日本ハム1位の早大・有原航平が騒がれたが…

打線の援護なし/(C)日刊ゲンダイ

5敗目も「自責点ゼロ」 楽天・松井裕はここがスタートライン

30日のソフトバンク戦に先発した楽天の松井裕樹(18)。五回までわずか1安打に抑えるも、六回2死に三ゴロに打ち取ったと思った当たりを三塁の松井稼が悪送球。直後、内川に2点適時打を浴び、自責ゼロながら7回3安打2失点で今季5敗目を喫した。先発初勝利はまたもおあずけだ。 不運に泣いたとはいえ、気になるのが盗塁数。この日、松井が出した走者は6人で、そのうち3盗塁もされた…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事