日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「加藤綾子 熱愛」に関する記事

交際発覚もノロケ発言連発

熱愛報道で評価アップ 高橋真麻が愛されるこれだけの理由

同じフリーでも、たとえば今月末でフジを退社する加藤綾子アナに対して、お笑いやコントのような扱いは絶対にできませんけど、真麻ならできてしまう。家族経営の事務所で、出演料も良心的ですし、お嬢さまだけに、性格も朗らか。それで、指名を集めてしまうんです」と、TV関係者は言っている。 フジの新人時代、「エレベーターに乗っても、自分では階数ボタンを押さなかったとかで、『さすがお…

本人のツイッターから

熱愛宣言のダル 「球界一ストライクゾーンが広い」と話題に

離婚後、週刊誌に書かれてウワサになったというレベルも含めて、AV女優の明日花キララや横山美雪、聖子の元義姉に当たるモデルのMALIAとはデート現場を写真誌に撮られ、最近ではフジテレビのカトパンこと加藤綾子アナウンサーとの“熱愛”が話題になった。それ以前から、元プロゴルファーの古閑美保との関係が盛んにウワサされるなど、スタイルもビジュアルも多種多彩な面々が並ぶ。 そ…

None

ダルとすっぽんデートも…カトパンは野球選手に「興味なし」

奪三振王のダルビッシュ有(27)と「好きな女子アナランキング」1位の加藤綾子(28)の熱愛報道。11日付のスポーツニッポンによると、2人は、赤坂の高級割烹でスッポンに舌鼓を打ったそうだ。昨オフに知人らを交えて食事したのがキッカケで急接近し、2人きりでデートを重ねているんだとか。 本当ならビッグカップルの誕生となるが、ダルはツイッターで「ないです」と否定した。加藤を知…

潜在視聴率は8%をキープ

退社報道を社長否定も 「カトパン獲得合戦」消えない“火種”

今週はスポーツ紙1面スクープ、フジテレビの看板女子アナ、カトパンこと加藤綾子(30)の退社、フリー転身報道にマスコミが振り回された。 三十路になるとオファーが減り、かつ寿退社やフリーに転身する女子アナが少なくないため、テレビ業界では「30歳定年説」が脈々とある。9月いっぱいでフジを退社というのも、十分にありうる展開だ。 しかし、亀山千広フジ社長が報道を否定し、火消し…

竹内アナには“ミラクル由恵”の異名が

夕方ニュース戦争に竹内由恵アナ投入するテレ朝の“本気度”

「竹内は08年入社で、同じく08年にフジテレビに入った加藤綾子(29)が“スーパー綾子”と言われるのに対して“ミラクル由恵”と言われています。呼び名の由来は加藤がフジテレビのほか、日テレとTBSに合格していたからですが、竹内もテレ朝のほかTBSからも内定をもらっていたから。入社早々『ミュージックステーション』や『やべっちF.C.』を担当したため、音楽・スポーツ系と…

「ぽっちゃりがよかったのに」の声も/(C)日刊ゲンダイ

ダイエットは命取り 日テレ水トアナが陥った女のジレンマ

昨年は大本命のカトパンこと加藤綾子(フジテレビ)を逆転するという快挙で話題になったが、今年は先ごろ発表された「週刊文春」の女子アナランキングでも堂々1位を獲得。もはやミトちゃん人気は不動のものとなっている。 これまでの女子アナ界の常識もミトちゃんの前では通用しない。対応を誤れば致命傷になりかねない熱愛スキャンダルさえも好感度アップの材料に。 交際中の彼氏とのホルモ…

本人のツイッターから

交際宣言は「スクープ潰し」 ダルは筋金入りのマスコミ嫌い

今年2月にフジテレビの加藤綾子アナ(29)との熱愛を報じたスポーツニッポンにも敵意むき出しで、事務所に確認を取ってから掲載したにもかかわらず「確認しにこないで断言ですからね」とツイッターで反撃。20日も「プライベートを売ろうとしている人たちですからね。それを脅かすなら守るのが当然でしょう。それは向こうも覚悟して仕事しているはずです。」とマスコミを突き放したが、ダルの…

恋のウワサは絶えず…/(C)日刊ゲンダイ

電通マンと“週5同棲” テレ朝・竹内アナ「寿退社」Xデー

片岡は遊び人として有名で、昨年はフジテレビの加藤綾子アナ(29)との関係も囁かれていた女子アナキラー。結局、片岡とは半年足らずで破局。精神的に相当こたえたようで、「もう二度とスポーツ選手とは付き合いたくない!」と宣言していたという。それだけに、電通マンの彼と週5日の半同棲ともなれば、当然ながら結婚も視野に入っているはずだが…。 「竹内はテレ朝きっての人気アナに成長し…

カトパン(左)とみな実アナ/(C)日刊ゲンダイ

カトパンは“ダメ出し”で悪者に TBS田中みな実の策士ぶり

フジテレビの加藤綾子アナ(29)が、TBSの田中みな実アナ(27)に“翻弄”されている。 10日放送のTBS「サンデージャポン」に直撃された加藤アナ。リポーターとして訪れた田中アナが、2人の“不仲説”を一蹴したところまではよかった。 が、田中アナに同行したリポーターが「田中アナが好感度を上げるためには?」と加藤アナに質問。加藤アナが「ぶりっ子しない方がいいんじゃない…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事