日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

大分県の関連ニュース

日本全国、どこで起きても不思議じゃない

熊本の次はどこだ 地震連鎖の歴史から見た危険地域は3つ

20日に続き、21日も大分県別府市で震度4を観測するなど、震源域はジワジワ広がっている。専門家からは「次の本震」を警戒する声が上がっている。 ■「熊本」的中ブログが指摘 「次は北九州市でマグニチュード(M)8以上の地震が起きる」――。台湾のブログ「地震予測研究所」が、こんな衝撃予測を発表し、注目を集めている。 注目されているのは、これまでいくつもの地震を事前に予測し…

None

あの人は今こうしている

元アイドルの本田理沙 バツ2で出戻り、地元・大分で大人気

大分県出身のアイドルといえば、今ならHKT48の指原莉乃だろうが、かつてはこの人、本田理沙さんだった。男性誌のグラビアでも大活躍した彼女、今どうしているのか。 「おはようございま~す。東京からわざわざ、ホント、ありがとうございます」 大分県中津市にあるノースFMのスタジオを訪ねると、栗色のロングヘアの本田さんに迎えられた。 「大分県北部をカバーするノースFMさんは、…

“日本一有名な村長”だった坂本休さん

あの人は今こうしている

元中津江村村長の坂本休さん “カメルーン愛”は今も不変

02年の日韓サッカー・ワールドカップの際、村でキャンプを張るはずだったカメルーンの来日が予定より大幅に遅れ、そのスッタモンダぶりが連日大きく報道された大分県中津江村の坂本休元村長(85)だ。「W杯(中津江村)」はその年の新語・流行語大賞年間大賞に選ばれたが、命が縮む思いを味わった坂本村長、今どうしているのか。 ■“カメルーン命”は今も不変 「遠くから、ようこそお越し…

写真上は佐伯市の「豊後二見ヶ浦」、「臼杵活き海鮮丼」(吟)

全国走破 平成の街道をゆく

国内有数の漁場 大分県・豊後水道の海鮮丼を食らう

大分県中部の佐賀関半島から、宮崎県北部の美々津海岸まで、約120キロに及ぶ日豊海岸。沿岸の市町村のうち、大分県の臼杵市、津久見市、佐伯市の3市が、平成20年に制定したのが「ぶんご丼街道」だ。 海岸沿いの国道217号を中心に、合計32店がオリジナル丼を提供する。3市の内訳は、臼杵市が7店、津久見市が6店、佐伯市が19店。地元産の食材を使っていれば、具材は山の幸でも構わ…

大分県・明礬温泉の湯の花

真似したい伝承療法

大分県・明礬温泉の湯の花

世界有数の温泉湧出量を誇る大分県の別府八湯。その中でも、最も標高が高い場所に位置するのが「明礬温泉」だ。 自然が豊かで、秘湯気分も味わえることから人気も高い。それにも増して好評を博しているのが、明礬温泉の“湯の花”だ。 湯の花とは、温泉成分が結晶化したもので、ミネラルの宝庫ともいえる。豊かな効能を誇り、入浴剤のエース的存在だ。 「特に明礬温泉の湯の花は最高ですね。体…

大分県のどんこ

真似したい伝承療法

大分県のどんこ

大分県を代表する食材のひとつが“どんこ”だ。 どんことは、晩冬から早春の寒い時季にゆっくりと成長した、干ししいたけのこと。 傘の開き具合は五~六分程度。丸みを帯びて肉厚なので、歯ごたえ、うま味とも十分だ。ちなみに、同じしいたけでも傘が七分開きで肉が薄いものは“こうしん”と呼ばれ、どんこと比べると、あっさりした風味が特徴になる。 子供の頃からどんこに目がないという大分…

「本震」はこれからなのか

“本当の本震”これから 熊本地震の北上連鎖を専門家指摘

熊本県や大分県を襲っている連続地震の発生から丸3日。18日の気象庁の発表によると、熊本県益城町で震度7を観測した14日から18日午前7時までにかけ、一帯で観測した震度1以上の地震は500回以上。発生回数は04年の新潟県中越地震を上回り、内陸や沿岸部で起きた地震の中でも最多ペースとなった。 気象庁の青木元地震津波監視課長は会見で、「普段と違う地震活動が発生している。少…

「坐来大分」の安心院淳総料理長

アンテナショップで食べる郷土メシ

【坐来大分】(銀座)関アジ・関サバのお造り

入り口に物産品の販売コーナーはあるが、基本的には大分県の食材を使った和食レストランである。 コース料理がメーンで、平日は1人7776円(サービス料別)から。土曜日は少しリーズナブルに5400円(同)からのコースもあるが、高級感ある店内は接待向きだ。最も高い1万3392円(同)の「坐来」コースに含まれるのが関アジ・関サバのお造り。 言わずと知れた高級ブランド魚。毎朝締…

口永良部島噴火の様子

大分南部で震度5…「南海トラフ地震」との関連を専門家指摘

13日午前3時ごろ、大分県南部を震源とする地震が発生。震源の深さは約60キロ、マグニチュードは5.7と推定される。佐伯市で震度5強、豊後大野市、愛媛県西予市で震度5弱を観測し、九州から中部地方にかけて広く揺れた。気象庁は「陸側のプレートに沈み込む、海側のフィリピン海プレート内部で地震が発生したとみられる」と話した。南海トラフの巨大地震との関係は「分からない」という…

None

天変地異の予兆?巨大アユ、コイ、ウナギに「ギョッ!」

昨年10月には、筑後川の本流中流域に属する三隈川(大分県日田市)で、日田漁業協同組合の猪山裕紀雄さん(59)が刺し網漁で体長33.4センチ、重さ580グラムの巨大アユを捕った。 「最初は大き過ぎてアユとは気付かなかった。サバのようだった」(猪山さん) そのわずか2日前には、三隈川上流の大山川で体長34.5センチ、543グラムのアユが釣り上げられたばかり。平均的な重…

None

日本スポーツ“殺人指導”の実態

執拗な暴行で剣太君を死に追い込んだ剣道部顧問を守り法律に両親は果敢に挑んだ

場所は大分県立竹田高校の武道場。体育大出身の剣道部顧問の執拗な暴行を受け、2年生主将の工藤剣太君は死に追い込まれたのだ。 その前日、教官室で顧問は剣太君に「今日は足が動かんなるまで練習をやれ!」と指示。練習後に教官室に報告に行くと、顧問はこう言った。 「ここまでどうやってきた? 足が動きよるじゃねえか。明日の練習は覚えちょけよ!」 そして、親しい女子高生と花火を見る…

None

ロケ地に災い次々と…「ブラタモリの呪い」に視聴者騒然

7日にNHKなどが報じた、大分県別府市の遊園地「別府ラクテンチ」での消毒液取り違え事件。複数の客が手や顔が赤くなるといった被害が出たというが、この事故が報道されるや、同局の「ブラタモリ」に対し、「またしても呪いが発動した」と視聴者の間で話題になっている。 「ブラタモリ」はタレントのタモリ(71)がロケ班を引き連れ、全国の景勝地や都市を巡る旅番組。土地についての詳細な…

None

企業深層研究

キヤノン御手洗長期政権下 新規事業は開花するか

最初の06年の時は、大分県佐伯市の同郷の内田恒二、16年には隣接する経済圏の宮崎県延岡市出身の真栄田雅也にバトンを渡した。 後継者選びだけではない。御手洗は経済人を見る観察眼でも疑問が持たれている。経団連会長を辞めるにあたって、東芝会長(当時)の西田厚聰に禅譲しようとした。共に財界の傍流で、海外駐在が長い。だから、「選択と集中」のスター経営者だった西田に強いシンパシ…

イラスト・林蓮珠

日本史再見 英雄になれなかった男

主君・長政から嫌がらせ 大阪夏の陣に散った後藤又兵衛の悲劇

豊前中津藩(大分県中津市)の黒田長政が自分に敵意を抱く豪族・宇都宮鎮房をだまし討ちで殺害。又兵衛は宇都宮家の人質の花若と鶴姫を解放させ、家来を連れて出奔する。 やがて大坂の陣に。徳川家康は10万石を与えるから自分につけと要請するが、又兵衛はこれを断り、密かに花若を推挙。花若は徳川方の武将として参陣を許される。何も知らない花若は戦の前に会った又兵衛を父の仇として討と…

別大毎日マラソンを制した中本

スポーツ難癖口上

国内男子マラソンは一寸ズリぢ、いっしょん伸びんわい!

大分県人は「大渋滞で、全然進まないな」を「一寸ズリぢ、いっちょん進まんわい!」と言う。 ここんとこマラソン男子の記録がまさに「一寸ズリぢ、いっちょん伸びんわい!」。 今年の世界陸上派遣条件は直近の大会で優勝(だけにすりゃよかろうものを)2時間7分を切るベシ、などと陸連ったら法外な条件を出した。 今年の毎日マラソンは、久しぶりに日本人の中本健太郎が優勝した。タイムは2…

天丼てんや(テンコーポレーション)の用松靖弘社長

語り部の経営者たち

天丼てんや用松靖弘社長 既存店の売り上げ20%アップ

用松は大分県日田市の出身。実家は建設業を営んでいた。第1次オイルショックが勃発した73年、京都の同志社大経済学部に入学。賄い付きの下宿に入った。だが、朝晩に出てくる食事が質・量ともにモノ足りなかった。 そこで5月から祇園の料理旅館でアルバイトを開始。賄いでハモの梅肉あえなど高級料理を食べたという。用松はこの時期に美食に目覚めたらしく、老舗コーヒー店の「イノダコーヒ…

None

西武3位・源田壮亮 守備の基礎はソフトボールで培われた

▽げんだ・そうすけ 1993年2月、大分県大分市生まれ。明野西小学校でソフトボールを始め、中学では明野ビッグボーイズに入団。大分商高、愛知学院大を経て、トヨタ自動車に入社。今夏の都市対抗では優勝に貢献し、優秀選手に選ばれた。179センチ、73キロ。右投げ左打ち。…

ポッカサッポロフード&ビバレッジの國廣喜和武社長

語り部の経営者たち

ポッカサッポロ國廣喜和武社長卒業前に担当教授が一言

國廣家はもともと大分県の出身。 大分の親戚筋から、「会社は長男が継ぐのが当たり前」との意見が大勢を占めてしまう。地方では、どんなときでも長男である。その結果、旧帝大卒の兄が会社を継いで2代目社長となる。それから30年以上が経過するが、研究者だった兄は「中小企業のオヤジ」としてしっかりと会社を切り盛りしている。 一方、79年にサッポロに入社した國廣は、営業職として名古…

何もできず敗退した

女子柔道78kg級梅木真美 消極姿勢と過緊張で初戦敗退

梅木は熊本地震で震度5強を観測した大分県九重町出身。中学は柔道の強豪である熊本の小国中、高校は阿蘇中央高へ進学した。地震で初詣に訪れていた阿蘇神社が倒壊。6月に開かれた地元の壮行会では「被災者の方々のために、金メダルを取れるように頑張りたい」と語っていた。 実家は豊後牛の飼育や稲作で生計を立てる農家。幼少期から農作業の手伝いで自然と下半身が鍛えられたという。運動神…

売却か更地か早急に選択

お盆に帰省 実家でやるべきこと

老朽化した空き家の処分は売却か更地かで早急に選択

大分県別府市の行政代執行(今年2月)では約510万円が所有者に請求された。“お役所”に任せるとかなり割高になるので、ここは素直に自分で処分した方がいい。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事