日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「高畑充希 ドラマ」に関する記事

SMAP解散騒動に揺れるジャニーズ事務所

SMAP余波 キムタク主演ドラマに相手役からキャンセル続出

木村側からオーダーのあった綾瀬はるかや吉高由里子、石原さとみ、長澤まさみ、高畑充希、北川景子や波瑠、満島ひかりらの人気女優陣からのOKが出ていない。一時、竹内結子が内定したという話がありましたが、竹内には木村側がNGを出したといわれています」(事情通) 意中の女優陣のキャンセル理由は“多忙”“調整不可”など。木村の主演ドラマは台本がギリギリになることも多く、木村のス…

芳根京子の「べっぴんさん」も最近好調

年間ドラマ視聴率TOP5に3本 「朝ドラ」強しはどこに要因

高畑充希がヒロインの『とと姉ちゃん』は日本で初めて創刊された主婦向け雑誌作り、『べっぴんさん』は戦後になるまでなかった新しい子供服作り。ちなみに14年から15年にかけて放送された『マッサン』も日本になかったウイスキー造りがテーマでした。そういえば、大ヒットドラマ『下町ロケット』も典型的な物作りドラマですね」 ちなみに、有村架純がヒロインの次の「ひよっこ」は、東京五輪…

None

高畑充希&松浦雅 好調「ごちそうさん」を支える若手美人女優

ひとりはヒロインの嫁ぎ先でかわいい小姑を演じる希子役の高畑充希(22)。先月23日放送の第94話では、トシの離れた実姉・和枝(キムラ緑子)に兄夫婦の結婚を認めるよう説得するシーンを熱演。高畑の涙と鬼気迫る演技は感動を呼び、ネット上では「神回」と伝説扱いされるほど。 極度の引っ込み思案だった女の子が、ここまで成長した、ということを証明する感動の場面だったが、「演技力…

左から川栄李奈、前田敦子、高橋みなみ

あれもこれも言わせて

ドラマで続々新境地 AKB48現役メンバー&卒業組を採点する

「とと姉ちゃん」の高畑充希は「ごちそうさん」の妹役、「まれ」の土屋太鳳が「花子とアン」の妹役からヒロインに出世した。川栄がヒロインを演じる日が来るのではという予感も……。 ■濡れ場大サービスで新境地 今期のドラマではもうひとり、元AKB48の“絶対的エース”前田敦子も「毒島ゆり子のせきらら日記」(TBS系)に主演して濃厚キスシーンやベッドシーンなど濡れ場大サービス…

None

TV見るべきものは!!

相楽樹 “主演作”でひと皮むけるか

その「とと姉ちゃん」で主人公・小橋常子を演じていたのは高畑充希。では、次女の鞠子役を務めた女優の名前、言えますか? 正解は相楽樹。背が高くて和風の顔だったという記憶はあるが、街ですれ違った時、「あ、相楽樹だ!」と気がつく自信はない。今期ドラマ「嫌われる勇気」や 「三匹のおっさん3」にも出ていたが、印象は希薄だった。 深夜ドラマ「こんにちは、女優の相楽樹です。」はタイ…

(左上から時計回りで)安室奈美恵、イチロー、池江璃花子、ケンブリッジ飛鳥

羽生クンはSMAP中居超え アスリート勢“CMギャラ高騰”の裏

高畑充希(24)は1800万円から2800万円に、堺雅人(42)は5400万円から6400万円にアップ。この額は本人に渡るものではなく、広告代理店がクライアントと交渉する際の“基準”として使われているというが、なかなかどうして驚きの金額である。 ■アスリートは実績にウソがない 勢いでいうと、不倫騒動に覚醒剤事件とスキャンダルの多かった芸能界をスポーツ界が追い抜いた感…

「やめたい」なんて言い出さないで…

朝ドラは絶好調も 高畑充希は“私生活封印”に耐えられるか

「波瑠に続いて、『やめたい』なんて言い出さないか」と一部で心配されているのが、NHKの朝ドラ「とと姉ちゃん」のヒロイン、高畑充希(24)だ。 「とと姉ちゃん」といえば、4月27日の24.6%を筆頭に好視聴率をキープ。高畑の演技力に対する評価も高まり、女優として絶好調なはず。前作「あさが来た」のヒロイン、波瑠が撮影中、精神的に落ち込み、「(女優を)やめたい」と母親に打…

新旧ヒロインは民放ドラマでも引く手あまた

民放で争奪戦勃発 朝ドラヒロイン高畑充希の“ブランド力”

主演は高畑充希(24)。生活情報誌「暮しの手帖」の創業者、編集者の大橋鎮子の人生をモチーフにしたストーリーで、今週は子供時代。長女・常子が結核で亡くなる父親(とと)から母親(かか)と2人の妹のため「ととの代わりになってほしい」と頼まれ、約束するまでで、高畑が本格的に出演するのは来週からだ。 ところで、まだドラマが始まったばかりだというのに、“高畑人気”が沸騰してい…

左から時計回りに吉田鋼太郎・高畑充希・小籔千豊

配役や話の展開が絶妙 「深夜ドラマ」は予想以上に面白い

和菓子店で働く店員を高畑充希が演じていて、吉田にチャチャを入れるが、そのやりとりがなんとも笑わせてくれる。個性派で、銀座のママと結婚してモテモテの吉田が“小娘”にやり込められるのも見どころだろう。 「マネー」はメキシコ料理店が舞台で、レストランとは名ばかり(?)で、お金のトラブルについて無料相談しているという設定だ。 主演は店員の小籔千豊、共演は店長の片瀬那奈、アル…

左から時計回りに清原果耶、有村架純、高畑充希

「あさが来た」で演技光る 13歳の清原果耶に秘めた可能性

有村架純(22)を主演に据えて来年1月からスタートする“月9”ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(フジテレビ系)の追加キャストに高畑充希(23)が判明して話題だ。 言うまでもなく2人ともNHK朝ドラの脇役出身。有村は「あまちゃん」、高畑は「ごちそうさん」の脇役として出演し、現在の地位を築いた。ちなみに高畑は同じく1月ドラマの「東京センチメンタル」(…

「吉永淳」改め本名で勝負

「とと姉ちゃん」に再登場 “綾サン”阿部純子の意外な過去

常子(高畑充希)の女学校時代の親友・中田綾サンを演じる阿部純子(23)だ。 4週目の初登場以来、実に2カ月半ぶり。常子の追試の勉強に救いの手を差し伸べた名家の聡明な令嬢だったが、今回も主人公の人生に大きな影響を与える。夫が戦死し、実母と息子を抱える未亡人となった綾サンの姿に触発され、とと姉ちゃんは女性向けの新雑誌の創刊を決意するからだ。 綾サンのモデルは実在し、大橋…

周りにいそうな親近感が持ち味

2番手も主役もOK 高畑充希の快進撃を支える“三枚目”路線

11日、NTTドコモ「2016夏 新サービス・新商品発表会」に出席した高畑充希(24)。 同席した綾野剛(34)と高畑は新機種に搭載された「スグ電」機能を使って同社の加藤社長に電話をかけるスピードで対決した。今まで通り電話帳検索で電話をかけた高畑に対し、「スグ電」を使用した綾野が圧勝。高畑は「勝てるわけないですよ。しかも、フェイントで『加藤課長』とか『加藤係長』とか…

女流作家も虜にするイケメン

「とと姉ちゃん」大野拓朗 朝ドラ男子“出世の法則”なるか

高畑充希(24)演じる主人公の常子が一瞬、恋心を抱きそうになるだけのことはある。鼻筋の通ったりりしい顔立ち。来週登場する常子の初恋相手役・坂口健太郎(24)の色白で凹凸に乏しい塩顔とは異なり、ソースほど濃くない味噌顔が印象的だ。 立教大へ入学した年に「ミスター立教」の称号を獲得し、翌年の大学2年の時には、ホリプロ創業50周年記念に開催された新人俳優オーディションで…

高畑充希(左)と黒木華

連ドラで“美しすぎない編集者” 高畑充希vs黒木華の軍配は

■視聴率では「とと姉ちゃん」だが… 女性編集者といえば同時期にスタートしたテレビ小説「とと姉ちゃん」(NHK)も同じく女性編集者(こちらは実在)だし、主役の高畑充希(24)も同じく美しいとは言い難い! 戦後が舞台で当時の髪形や服装のせいもあるだろうが、童顔なのか老け顔なのかわからん。 今週の米1俵の賞品が欲しくて二人三脚競走に出たちょうちんブルマー姿や、番宣でよく…

主演映画「植物図鑑」のオフィシャル本も発売

「とと姉ちゃん」好調 高畑充希は映画でも能年玲奈超え?

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」に出演中の女優・高畑充希(24)。同ドラマの初週平均視聴率は21・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)と、朝ドラで今世紀ナンバーワン期間視聴率を更新した前期「あさが来た」の初週(20・3%)を上回る好発進を見せた。 息切れを心配する周囲の声もなんのそので、好調を持続した格好だ。 主人公の高畑は、幼少期を描き終えた今週から本格的に…

「かんぽ生命」新CMキャラクターの高畑充希(左)と能年玲奈

高畑充希にCM交代 お茶の間から消滅した能年玲奈の命運

29日、「新企業CMキャラクター発表会」に登場したのは、能年玲奈(22)ではなく、高畑充希(24)だった。 椎名林檎がCMのために書き下ろしたオリジナル曲に乗せ、ミュージカル風の踊りで登場した高畑は「『人生は、夢だらけ。』というキャッチフレーズの世界観が好きだったので、あの世界に自分がいるとは信じられない。テレビや『ユーチューブ』で何度も見ていたので、決まったときは…

「とと姉ちゃん」ヒロインの高畑充希

16年春の朝ドラヒロイン抜擢 高畑充希は“昭和顔”のハマリ役

来年4月4日スタートのNHK朝ドラ「とと姉ちゃん」のヒロインに選ばれた高畑充希(23)。13年度後期の朝ドラ「ごちそうさん」ではヒロイン(杏)の義妹役として出演。しかも劇中で披露した歌唱力が話題となり、♪You wanna 酔わないウメッシュ~と独唱するCMまでゲットした若手女優が、今度は“朝の顔”に抜擢された。 もっとも、ヒロインの座は「ごちそうさん」の“余禄”で…

None

「ごちそうさん」 陰の立役者は“かわいすぎる妹”高畑充希

ヒロインめ以子(杏=27)をいびり倒す小姑(キムラ緑子=52)に注目が集まる一方で、「かわいすぎる妹」と人気急上昇中なのが、め以子の夫の妹を演じる高畑充希だ。 番組ホームページによると、「西門家の末娘。気弱で不器用。家事は何をやってもうまくできない」という役どころ。 ドラマでは16歳という設定だが、高畑の実年齢は21歳だ。大阪府東大阪市出身で、小学校から中学校まで十…

None

竹内涼真の圧倒的期待度

女優陣は優香、深田恭子、綾瀬はるか、石原さとみ、高畑充希とうまい具合に各年代に売れっ子がいるが、俳優は長年、藤原竜也と妻夫木聡の2トップ。なかなか若い世代がブレークしなかった」 もともと竹内はサッカー界の名門である東京ヴェルディユースに所属。185センチの長身を生かしポジションはDF。サッカー推薦で大学に入学したが、実力のなさを痛感してプロをあきらめ、13年にファッ…

不思議な名前は芸名

「とと姉」で存在感 平岩紙は“平成の肝っ玉かあさん”女優

戦争が激しくなり、経営が厳しくなるのはどの店も同じで、常子(高畑充希)たちが居候している「森田屋」もついに高崎への移転を思案していた。それを切り出したのが平岩紙(36)演じる照代。 ひと言も聞いていない義理の母・まつ(秋野暢子)は猛反発するが、照代は、もう深川で商売をするのは難しいこと、さらに娘の富江が妊娠しているため少しでも食糧事情のいい高崎への移転は不可欠であ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事