日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「峯岸みなみ スキャンダル」に関する記事

もう少し伸びが欲しいところ

発売初週4770部…AKB峯岸みなみ写真集の不振にファン絶句

AKB48メンバー峯岸みなみ(23)の最新写真集の売り上げ部数が「少なすぎる」とファンの間で驚きが広がっている。 12日に発売された「私は私 峯岸みなみフォト&エッセイ」は、25日付オリコンウィークリーランキングの写真集部門(11~17日)で4770部の4位(オリコンの公式サイトから)。熱烈なファンが買いに走る“フライング発売”分もわずか650部(同、ランキング前週…

ダンマリを決め込んだ柏木

それでも声援やまず…柏木由紀と熱狂ファンの“奇妙な関係”

確かに、峯岸みなみ(22)は丸坊主になり、脱退してAVに出演したメンバーまでいた。彼女たちも浮かばれない。 それでもファンは柏木に優しい。まさに“鉄の結束”だ。「男って、女にお金と時間をつぎ込めばつぎ込むほど、もったいなくて離れられなくなる生き物なの」(六本木のキャバ嬢)なんて見方もあるが、柏木もファンも、今は嵐が過ぎ去るのを待っているのだろうか……。…

24万票獲得でぶっちぎり1位

世代交代進まず 指原“史上初連覇”でAKB48が迎えた正念場

もちろん、HKTやNGTのメンバーの躍進など見るべきところはありましたが、峯岸みなみも今回限りで不出馬を宣言し、とうとう1期生がいなくなった今、世代交代を含めてAKBグループは生まれ変わらなければいけない正念場を迎えている。次へのモチベーションを獲得するためにも大きな転換点をどう乗り切るかです」 時代を切り裂くスターの誕生が待たれる。…

峯岸みなみの丸刈り/(Youtubeから)

AKB48はブラック企業なのか

「総選挙」直前連載 AKB48はブラック企業なのか<2>

恋愛スキャンダル報道を発端とした、昨年の峯岸みなみ(21)の「丸刈り」事件は記憶に新しいだろう。「恋愛禁止」の是非や「丸刈り」の真相が取り沙汰されたこの事件についても、秋元はひとつの歌を書いている。 峯岸は事件後、正規メンバーから研究生に「降格処分」を受けた。だがそこで峯岸は、自身の経験を生かして、まだ若いほかの研究生たちの「教育係」となる。彼女は歌やダンス、MC、…

スキャンダル後初登場も…

手越騒動ダンマリ決め込んだ柏木由紀に「開き直るべき」の声

一昨年、熱愛が発覚した峯岸みなみ(22)は丸坊主になり、指原は福岡へ“島流し”の憂き目に。先の総選挙で2位に輝いた柏木なりのケジメのつけ方が期待されたからだが、騒動についてはダンマリ。3月末に発表された「NGT48」との兼任についても「新潟も頑張ります」と話すのみにとどまった。 結果、みそぎの場をみすみす逃す形となった柏木だが、その選択は吉と出るのか凶と出るのか―…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事