日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

辰巳琢郎特集

松井大阪府知事と辰巳琢郎

大阪知事選 俳優・辰巳琢郎「出馬」なら松井知事に圧勝するか

自民党大阪府連が俳優の辰巳琢郎(57)に府知事選への出馬を打診していたことが分かった。 自民党は有名人を担ぎ出し、“天敵”である維新の松井一郎現知事(51)を叩き落とすつもりだ。 「これまで府知事選の候補者には、Jリーグのチェアマンだった川淵三郎(78)、女子バレーの監督だった柳本晶一(64)、京大教授の藤井聡(46)と、何人もの名前が挙がっています。自民党府連はそ…

「相棒」角田課長でお馴染みの山西惇

その日その瞬間

会社か芝居か 山西惇が“役者一本”決意した生瀬勝久の一言

■「相棒」出演のきっかけも生瀬さん 振り返れば、同志社大学の劇団「第三劇場」所属の生瀬さんを「そとばこまち」2代目座長だった辰巳琢郎さんがスカウトしたのは、僕が京大工学部2回生の時、82年です。その年に上演した野田秀樹さん作の「二万七千光年の旅」が初共演なので、随分と長い付き合いです。 実はドラマ「相棒」シリーズに出演できたのも、きっかけは生瀬さんでした。生瀬さん…

捨て身の作戦か?

維新窮地の11月大阪W選 松井知事に「市長選鞍替え出馬」浮上

俳優の辰巳琢郎氏を府知事選に擁立しようとして失敗したものの、“反大阪都構想”で一気に知名度を高めた京大教授の藤井聡氏、堺市長の竹山修身氏らに知事選への出馬を要請しているといいます。市長選も地元の有力市議で一本化が進みそうで、維新は知事選、市長選と連敗する可能性があります」(府政関係者) 知事選と市長選をダブルで落とせば、大阪新党はのっけから崩壊する。市長選の候補者と…

None

「ごちそうさん」の小姑・キムラ緑子が語る「アラレちゃんメガネ」時代

80年代の関西は、辰巳琢郎さんが主宰していた京大のそとばこまち、大阪の劇団☆新感線があって盛り上がっていた。関西で同時期に「熱海殺人事件」を演じるなんていう企画公演もありましたね。私はつかこうへいさんに憧れて、夜行バスで新宿に行き、つかさんの「熱海殺人事件」を見て、こっそりカセットテープに録音し、帰りのバスでそれを何度も聞く。京都に着く頃には完全コピーしていました…

None

東京で日本一芸能人に遭遇できる意外なホテル

次に現れたのは辰巳琢郎(55)。カジュアルな装いで宴席の名前が書かれた掲示板を食い入るように見つめ、会場へと消えていった。 キラキラしたマントのようなコートを羽織って歩いてきたのはファッションデザイナーの山本寛斎(69)。襟を立て、魔法使いのような風貌でかなりの異彩を放っていた。そして、山本が歩いていた廊下に面したラウンジでは、ミッキー・カーチス(75)がお茶を飲…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事