日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「黒柳徹子 事務所」に関する記事

やけにキラキラ演じていると思ったら…

春ドラ俳優&女優 “辛口”通信簿

徹子役で輝く満島ひかり 芝居にも表れていた“充実”私生活

NHKの土曜ドラマ「トットてれび」で黒柳徹子役を演じる満島ひかり(30)がハツラツとしている。 舞台はNHKがテレビ放送を始めたテレビ黎明期。NHK専属テレビ女優第1号として八面六臂の活躍をする若き黒柳徹子を、まるで本人のように自由に演じているのだ。 1話30分で7話完結。しかも20時15分スタートと、同時間帯のほかの番組が始まってから始まる番組にもかかわらず、初回…

“犬猿の仲”といわれた小林幸子と和田アキ子

同じ紅白選出でも…小林幸子と和田アキ子を分けた“明暗”

黒柳徹子が番組史上最高齢での総合司会も話題だが、小林幸子の4年ぶり復活は「快挙」と言ってもいい。元事務所社長を巡る解任騒動が一因となって突然、「紅白」から降ろされた小林。まるで舞台装置のような衣装は例年「紅白」の目玉であり、視聴者も「衣装」に関心を示していた。 衣装に意識が集中するあまり「なにを歌ったの」というオチはあったが、「紅白」に小林は欠かせない存在だった。一…

セクシー路線は卒業?

橋本マナミが猛追…壇蜜はグラビアの“辞めどき”選べるのか

18日放送の「徹子の部屋」(テレビ朝日系)で、グラビアの辞め時について「元を取ってから」と発言し、黒柳徹子(82)を驚かせたタレントの壇蜜(34)。つまり「しばらく辞めるつもりはない」という意味のようだが、はたして自分で引き際を選べるかどうか。 壇蜜が築いた「エッチなお姉さん」枠は、いまやグラビアアイドルの橋本マナミ(31)が浸食中。オジさん好きする容姿とGカップで…

プロのC級ライセンスを取得しリングに上がった

鳥羽一郎・山川豊 「我らの演歌路」

紅白落選 ひとりで仕事に行けと通達された切なさ

紅白の出番が3番目か4番目と早くて綱渡りのスケジュールなのに、レコ大で司会の黒柳徹子さんのMCが5分押して大急ぎでも紅白に間に合いそうにない。 電話してきたNHKのプロデューサーは凄いケンマクです。その時、順番が遅かった兄貴が代わりに早く出ると準備してくれた。「何かあったら俺が歌う」と。 あの時は本当に兄貴と一緒でよかった。もし他人ならそんなふうに言ってもらえなかっ…

吉田羊

あれもこれも言わせて

吉田羊熱愛発覚 年上女に可愛がってもらうのはジャニーズの伝統

しかし、よく考えれば森光子&東山紀之、マッチ&黒柳徹子、亀梨和也&小泉今日子など年上女に可愛がってもらうのはジャニーズの伝統のようなもの。いまさら目くじらを立てることもない。 気がかりなのは「ぴったんこカン・カン」に出演した際、「50歳になっても独身だったら結婚しよう」と約束していると言われていた春風亭昇太だ。絵に描いたような当て馬。落ち込んでいなきゃいいが。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事