日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「真中満 現役」に関する記事

ヤクルト一筋22年/(C)日刊ゲンダイ

ヤクルト真中満新監督が就任早々語った「チーム再建策」

「2年連続最下位という厳しい状況ではありますが、必ずやチームをいい方向に持っていけると確信しています」 8日、ヤクルトの新監督に就任した真中満監督(43=前一軍チーフ打撃コーチ)が力強い言葉で監督就任挨拶を行った。ヤクルトは今季、首位巨人から21ゲーム差の最下位に沈み、小川監督が任期満了で退任。低迷するチームの舵取りを任された青年監督に本紙が独占直撃を敢行。自身が目…

小川監督(右)からバトンを引き継ぐ/(C)日刊ゲンダイ

ヤクルト真中新監督が語る「指導者の理想」「選手との接し方」

すでにチーム再建プランなどを明かしている、ヤクルトの真中満新監督(43)。監督、指導者としての理想像、考え方などはどうなのか。 ――二軍コーチ、二軍監督、一軍打撃コーチを歴任された真中監督には実務派のイメージがありますが、今のプロ野球界はスター監督というより、実務派監督が多い。 「個人的なことを言うと、僕は二軍監督、打撃コーチと段階を踏ませてもらって、自分の中では言…

早くも名将の予感が…

真中監督の手腕評価の権藤氏 「自主性」野球の“落とし穴”忠告

新聞各紙には、就任1年目でチームを14年ぶりの栄光に導いた真中満監督(44)の手腕を礼賛する記事が並んだ。 キャンプでは恒例だった夜の素振りを廃止し、コーチによる居残り練習の強制も禁止して、自主練習の時間は選手自身に決めさせた。シーズンに入ると監督はほとんどミーティングに顔を出さずに、各選手への指導はコーチに一任。自身は選手が力を発揮できる環境をつくることに腐心し、…

どっちも不安

セ監督考「外野手出身に知将なし」 由伸・金本は大丈夫か

ヤクルトを率いた若松勉が日本一になるまで52年の歳月を要した

なにしろ、真中満(ヤクルト=44)、緒方孝市(広島=46)に加え、高橋由伸(巨人=40)、金本知憲(阪神=47)、アレックス・ラミレス(DeNA=41)の新監督3人が、外野手出身。捕手だった谷繁元信(中日=44)をのぞき、5人が外野手出身監督という異常事態となった。 2012年に、この日刊ゲンダイで、「ポジション別監督学」を連載したときの結論は、「捕手・二遊間に“…

チーム再建を託される/(C)日刊ゲンダイ

ヤクルト来季は真中監督 球団社長も「有力候補」と認める

来季のヤクルト監督に、真中満一軍チーフ打撃コーチ(43)の昇格が決定的となった。 日刊ゲンダイの取材に衣笠球団社長は、「(次期監督は)最終的に(堀)オーナーに決定していただくが、有力候補の一人」と話した。堀オーナーはオーナー代行を兼務する衣笠社長に信頼を置いており、早ければ来週中にもオーナーの最終判断を仰いだ上で「真中新監督」が誕生する。 真中コーチは日大からドラフ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事