日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「長嶋茂雄 写真」に関する記事

「ホームランバー」の当たりの焼き印(右)

くじ付きアイス「ホームランバー」は長嶋茂雄の活躍が生んだ

「そんなとき、営業課長だった森三郎さんが、立教大学で長嶋茂雄さんが大活躍していて野球人気が高まっていたこと、野球のホームランにはラッキーなイメージがあることに着目。アイスクリームバーのスティックに、当たりくじを示す“ホームラン”という焼き印を入れたら、きっと楽しい商品になると考えたんですね。そこで名称を『ホームランバー』に変更し、銀紙の包装紙には和田誠さん(イラス…

収入は「サラリーマンでいえば部長クラス」だとか

あの人は今こうしている

せんだみつお 司会業と不動産で悠々自適「ナハは宝です」

先日、阿川佐和子さんに会ったら“あら、最近何やってんの”って尋ねられ、長嶋茂雄さんの誕生パーティーに招待された時、控室で“もう仕事がないから、今年いっぱいで芸能界をやめようと思うんです”と冗談で言ったら、『ん~、まだやめてなかったんですかぁ!?』って言われちゃいました」 実際には、今年はNHK-BSの時代劇やTBSの2時間ドラマに出演したり、と俳優としても忙しい。オ…

2008年にはオリックスで臨時コーチを

トルネード健在 野茂英雄が計る「監督」就任のタイミング

メーンイベントの名球会メンバーによるセ・パ対抗戦は、長嶋茂雄(79)と王貞治(75)の始球式対決で幕を開けた。王が投げたボールを、長嶋が左手一本で三塁方向に打ち返すと、集まった1万8000人の観衆は大いに沸いたが、そんなON以上にファンの注目を集めた選手がいた。 独特のトルネード投法で日米通算201勝を挙げた野茂英雄(47)である。パの3番手として出場選手最長タイの…

笑わずにはいられない…

元気のヒントは「1980年代」にあり

会社から消えた軽~いノリ…職場には“VOWな課長”が必要だ

逆に長嶋茂雄のようにどこか抜けているような人ほど魅力があったりする。いま職場に求められているのは、VOW的な課長サンでしょうね」(作家・増田晶文氏) 80年代はそんなオジサン上司がもっといた気がする。あの頃は、会社も元気だったなあ……。…

None

読むメジャーリーグ

バリー・ボンズ サンフランシスコの自宅を本邦初公開

滞在中は長嶋茂雄さんと対談を行い、私は2人の会話を通訳した。面白かったのは後になってこっそり、「ところでミスターナガシマは一体ホームランを何本打ったんだ?」と聞いてきたことだ。数では負けてないと知ると、バリーはニッコリほほ笑んだ。 およそ10日間の滞在中、僕はバリーとイチローの会食をセットしようと試みた。あいにくイチロー側の都合がつかず、会食は幻となったが、14年の…

元ヤクルト古田敦也監督と

私の秘蔵写真

大木凡人が語る古田敦也「なぜか凡チャンと呼ばれていた」

今からでもいい敦也、一杯おごってくれ!…

横浜高校時代の松坂大輔

鬼の視点

突出する清宮君が心配だ

当時のキャスターは巨人の長嶋茂雄氏の娘・長島三奈さん。人柄が良かったことと、私がミスターファンだったこともあり、宿舎の松坂の部屋での取材を特別に許可した。他局にブーイングされたが、野球の指導に集中できないほど、周囲に忙殺されたのを覚えている。 ただ、当の松坂はマイペースで野球に支障が出なかったのは感心した。オレが松坂だ! と天狗になることもなかった。 入学以来、私は…

わがまま左腕はどんな指揮官に?/(C)日刊ゲンダイ

現役時代は首脳陣泣かせ SB工藤新監督のわがまま“武勇伝”

手腕を楽しみにしています」 名選手だった長嶋茂雄は、名監督にはなれなかった。「優勝請負人」といわれたわがまま左腕はさて、どんな指揮官になるか。…

None

巨人ナインがなぜか断言…絶不調の坂本「復活」の根拠

チャンスだとワクワクします」などと、長嶋茂雄みたいなことを平然と口にしていた。昨年のハワイV旅行では、「スカイダイビングをやりたい」と駄々をこね、周囲が「万が一のことがあったら、どうするんだ。ついこの前、事故もあったらしい」と説得しても、「2度も事故は続かないでしょ。前からやってみたかった」と譲らない。結局、ツアー会社の方が「責任を取れない」と腰を引いてしまって周囲…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事