日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

原口一博特集

原口一博元総務相

原口一博元総務相が公表 「骨形成不全症」ってどんな病気

民進党の原口一博元総務相(57)の難病告白がニュースになっている。原口議員は11月26日に佐賀市の自宅で右手と右足を骨折。現在、市内の病院でリハビリに努めているが、今月10日、自らのツイッターで遺伝性の骨の難病と診断されたことを公表した。病名は「骨形成不全症」という。 この病気は2万人に1人の「指定難病」とされ、国内の患者数は6000人。遺伝的な発病と突然変異で発病…

日本会議からの脱会の真相を語った原口一博元総務相

原口一博元総務相 右翼組織「日本会議」からの脱会を語る

階段から転落し、膝を複雑骨折し、国会からも遠ざかっていた民主党の衆院議員、原口一博元総務相が久しぶりに話題になった。安倍首相を応援する日本最大の右翼組織、「日本会議」のメンバーだったのだが、このほど脱会宣言をしたのである。 日本会議といえば、安倍首相を筆頭に麻生財務相、菅官房長官と閣僚のほとんどがメンバーで、諸外国からも怪しい目で見られている。スローガンには「私達、…

松葉づえ姿で演説会場へ/(C)日刊ゲンダイ

車イスで当選の原口一博氏 イケメン長男が起こした逆転劇

小選挙区でボロ負けした民主党候補の中で、頑張ったのが佐賀1区の原口一博元総務相だ。今夏に足を複雑骨折し、車イスでの選挙運動になった。それだけに当確が出ると、支持者から「奇跡が起きた!」の声が漏れた。 ほとんど病院から出られなかった原口氏は「握手さえも出来ずに、何度もベッドで諦めようと思った」と振り返りながらも、「(古川康前知事は)唐突に佐賀空港へのオスプレイ受け入れ…

中村哲治(左・本人のフェイスブックより)と福岡資麿

7.10参院選 全選挙区「当落予想」

【佐賀】民進県連の強いエゴで野党共闘は実現せず

理由は地元選出の原口一博、大串博志両衆院議員らの意向で、「保守系の支持層が離れる」(民進県連関係者)。 佐賀空港へのオスプレイ配備計画や、TPP合意に地元の自民支持層も猛反発。昨年1月の知事選は「保守分裂」に陥り、農協改革に積極的な自公の推薦候補が、JAの政治団体「県農政協」の後押しを受けた現知事に大差で敗れる波乱も起きた。 この時のしこりが残り、農政協は自主投票に…

厳しい戦いを強いられる渡辺喜美、平沼赳夫、亀井静香3議員/(C)日刊ゲンダイ

自民300議席の異常 2閣僚ピンチ「大物落選危機リスト」

海江田万里氏(東京1区)、菅直人氏(東京18区)、枝野幸男氏(埼玉5区)、馬淵澄夫氏(奈良1区)、原口一博氏(佐賀1区)の5人は、自民党候補にリードを許している状況だ。 「安倍首相は“落選させたい民主党議員”として海江田、枝野、菅の名前を挙げています。菅直人のことは単純に嫌いなのでしょう。でも、海江田代表と枝野幹事長の2人は戦略的に狙い撃ちしている。代表と幹事長のツ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事