日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

穴井詩に関する記事

ツアー初優勝した穴井詩

プロ9年目の穴井詩 ツアー初優勝の裏にJOCのメダル請負人

【ゴルフ5レディス】 プロ9年目の穴井詩(28)が7度目の最終日最終組でやっと勝った。 穴井をよく知るクラブ担当デザイナーの高橋治氏がこういう。 「本人は飛ばし屋のこだわりを持っており、周囲も豪快な飛ばしを期待するからついついクラブを振り回してミスすることがあった。でも、今大会は2戦前の箱根で右手首を痛めており、それで強くクラブを振れなかったのも奏功したんじゃないか…

3位に終わった穴井詩(左)と優勝したルー

今季も開幕戦Vは外国人 日本女子プロはなぜ勝てない?

最終日を単独首位でスタートした穴井詩(27)は、4番パー5で3打目をグリーン外からパターで直接入れてイーグル。この時点で2位のテレサ・ルー(27)に3打差をつけた。ところが、後が続かない。 一方のルーは「同伴プレーヤーがイーグルやバーディーを奪ってくれると自分自身もうれしい」と動揺もなく、ハーフターン時にはスタート時点と同じ1打差に戻し、バック9で5バーディーと、…

9年目で初優勝

イチ押し「女子プロ名鑑」

穴井詩 初優勝はコントロールして飛ばすコツつかんだ成果

プロ9年目の穴井詩(28)が、ゴルフ5レディスでやっと勝ちました。フィジカルに恵まれてポテンシャルは高く、女子ツアーでは圧倒的なドライバー飛距離を誇る飛ばし屋ですが、その最大武器を生かし切れず、なかなか勝てませんでした。 最終日最終組はそれまで6回も経験して、勝つチャンスは何度もありました。でも、いつも自滅するように勝利がするりと手からこぼれ落ちて、悔し涙を流してい…

穴井詩

女子プロ辛口ファッションチェック

穴井詩(27歳・ツアー未勝利)

平均飛距離260ヤードの飛ばし屋で、見た目も男性的な穴井詩プロです。詩と書いて「ララ」と読みます。みなさん読めましたか? 金髪はアメリカ暮らしが長かったせいかしら。そんなアメリカンな彼女のウエアはどんなもんでしょうか。 全体的にシンプルで可もなく不可もなくっていう感じですね。でも、女性らしさや華やかさがまったくない。男性でも着こなせそうなウエアです。 気になったのは…

None

注目女子プロの凄みと弱み

レキシー・トンプソン 左足の動きが小さくなってドライバーに安定感

日本ツアーで飛ばし屋として知られる渡邉彩香、穴井詩も同組になってスコアを崩していましたが、よほどセルフコントロールができない限り、ついトンプソンの強烈なインパクト音につられて強振してしまう。そんな相手のペースまで乱してしまう威圧感があるのです。 弱みはアプローチに苦手意識があるのかな、と感じました。この時季の日本のゴルフ場は芝がまだ薄く、グリーン回りからのショート…

西山ゆかり

元賞金女王が解説 2016年期待の女子プロ

西山ゆかり 積み重ねた苦労が着実に実を結び始めている

同期には森田理香子、菊地絵理香、穴井詩、木戸愛がいる。13年、下部ツアーで2勝を挙げ賞金ランク首位。その年のファイナルQT23位資格でレギュラー出場を獲得。1年目の14年に賞金ランク43位で初シード。15年正月に「今年は4000万円を稼ぐ」と宣言し、meijiカップでツアー初優勝。賞金ランク26位になりシード権をキープした。今季は開幕戦で3位と好スタートを切った。…

None

グリーン黙示録

プロツアーは30代までが勝負だ

出場資格はシーズン中の勝者の他いろいろあるが、28人が出場して日本の若手穴井詩と台湾のテレサ・ルーのプレイオフとなった。穴井は有望な若手だが、未勝利。今シーズンは日本女子オープンを含めて2勝しているテレサが相手では、分の悪いことは明らかだった。むろんゴルフは、やってみなければわからないゲームであって、最終戦の前に賞金女王が韓国人プロに決定している有様では、TVでの応…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事