日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「沢口靖子 さん」に関する記事

制服姿で迎えてくれた田中久美さん

あの人は今こうしている

岡田有希子と同期 花の84年組アイドル田中久美さんの引退後

とりわけ84年デビュー組は岡田有希子、菊池桃子、長山洋子、荻野目洋子、沢口靖子らそうそうたる顔ぶれだった。本日登場の田中久美さん(47)も84年組のひとり。さて、今どうしているのか。 ■岡田有希子はクラスメートでもあった 「遠いところをご苦労さまです」 北九州空港からクルマで約40分。周防灘に面した福岡県築上町の「うえだ内科クリニック」を訪ねると、制服姿の田中さんに…

「科捜研の女」は第15シーズンに突入

長寿番組「科捜研の女」支える沢口靖子は“女が惚れるオンナ”

女優・沢口靖子(50)が京都府警・科学捜査研究所の法医研究員・榊マリコに扮し、事件解決に奮闘する「科捜研の女」(テレビ朝日系、木曜夜8時~)が10月から2シーズンぶりに2クール放送される。 1999年の放送開始から数えて17年目、第15シーズンに突入した。 前回(14年10月期)は全9話の期間平均12.8%を記録するなど安定した視聴率を獲得。現行の連続ドラマの中で一…

「仮面ライダー」放送時はママたちがゾッコンだった/(C)日刊ゲンダイ

あの人は今こうしている

元仮面ライダー賀集利樹 国学院大で神道を専攻した理由語る

「俳優としては沢口靖子さん主演の『科捜研の女』(テレ朝系)やBS-TBSの『日本の旬を行く! 路線バスの旅』が最近の仕事ですか。旅好きですから、旅番組は大歓迎です」 独身。一人暮らしだ。 「もちろん、結婚は考えてます。ただ、それもまたご縁です、ハハハ」…

テレビ朝日「科捜研の女」

「科捜研の女」10倍楽しく見る方法

〈2〉沢口靖子さんは京都のホテルに住み込みで台本“丸暗記”

今年で16年目に入った「科捜研の女」ですが、主演を続けている沢口靖子さんには頭が下がるばかりです。今回の第15シリーズは9月1日がクランクインだったのですが、沢口さんはその1週間以上前から京都入りして撮影準備を始めてくださいました。 早めに京都入りするのは、単に街の雰囲気を体で感じるためではないんです。実は「科捜研の女」は台本が本当に難しいんです。何しろ、普通のセリ…

テレビ朝日「科捜研の女」

「科捜研の女」10倍楽しく見る方法

〈5〉内藤剛志さんも斉藤暁さんもスタート当初は“別の役”

内藤さんがプロファイラー武藤として出演していた頃は、榊マリコ(沢口靖子)とのラブコメ要素がかなり盛り込まれていたんです。ほかにも、第5シリーズころまで、マリコは同僚の研究員としょっちゅう対立していましたが、第6シリーズからは今と同じように同僚と協力し合うスタイルに変わっています。 その頃には視聴率も上がってきて、「科捜研の女」が確立したように思います。実は、今回の…

応募総数9508人の頂点に

育成に数年 東宝の“原石”福本莉子は長澤まさみに続けるか

大阪出身のグランプリ受賞は実に32年ぶり、第1回(84年)の沢口靖子(51)以来だ。「第8回東宝シンデレラオーディション」のグランプリ発表会が昨13日行われ、応募総数9508人の中から関西弁のイントネーションが愛らしい高校1年生の福本莉子さん(15)が頂点に輝いた。 「凄いびっくりして言葉に表せないくらいうれしいです。いろいろな世代の方々から愛される女優さんになりた…

「組対の女」を演じる池上季実子(左)/

「科捜研の女」10倍楽しく見る方法

〈1〉シリーズに“激辛スパイス”投入 新キャラは「組対の女」

これまでの「科捜研の女」は、沢口靖子さんら科捜研のメンバーが、緻密に繊細に科学の力で事件を解決に導くストーリーでしたが、そこにまったく捜査方法が違う真逆のキャラクターを投入するのは冒険でした。これまで科捜研を応援し続けていただいていた視聴者の皆さまには、「科捜研の女」はこういうドラマというイメージがある。そんな方々に、この冒険的チャレンジがどう映るか、第1話のオン…

None

長澤まさみ ヌードの覚悟あり

モノ言いも堂々として、監督やスタッフをうならせていました」 沢口靖子らを輩出した東宝「シンデレラ」のグランプリに選ばれ、芸能界入りしたのが12歳。以来、映画に舞台にと、数々の話題作でキャリアを積んできた成果か、最近ではミュージカル「キャバレー」で網タイツのセクシー衣装でエロチックな役どころにも体当たりで挑戦。抜群のスタイルでも注目を集めた。 この度胸、腹の据わりよう…

舞台で共演した大地真央

「笑点」新司会者になっちゃいました

宝塚スターの楽屋にはフランスから届いたお菓子が

沢口靖子は昇太とからんだ時、笑いをこらえながら一生懸命芝居をしているのが可愛くて、その真面目さが面白かった。 来月の公演「ヒミツの仲居と曲者たち」には、演技に定評のある松下由樹と、「ピーターパン」で主演を務めたミュージカル俳優の笹本玲奈が出演する。昇太とご両人の共演が楽しみだ。 「僕の役は旅館の女将。女形なので、残念ながら女優さんとのラブシーンはありません」 (聞き…

None

アイドル勢力図を塗り変える“当たり年”の「東宝シンデレラ」軍団

沢口靖子や長澤まさみらを輩出した「東宝シンデレラオーディション」。一昨年1月、5年ぶりの実施だったこともあってか、「それぞれ個性や特徴があり、レベルの高い人材が集まった。当たり年です」(関係者)という。今後出演予定のドラマや映画のラインアップをみても、期待の高さは一目瞭然だ。 ■あまちゃん女優たちを脅かす 本人たちも十分に自覚しているのだろう。グランプリの上白石萌…

現場ではしらけムードが漂うことも…

冬ドラ俳優“辛口”通信簿

現場の評判イマイチ SMAP草彅剛に求められる“座長”の自覚

座長として出演者やスタッフのケアも必要なのですが、それを共演の南果歩さんに任せっ放し」(ドラマ関係者) 「科捜研の女」に出演させたのは、沢口靖子の座長ぶりを見習ってほしいという局側の願いも込められていたのかもしれない。…

あの「イケズ」復活なるか

10月ドラマで話題 キムラ緑子が関係者の注目を集めるワケ

視聴率低迷で打ち切り説も囁かれる「HEAT」(フジテレビ系、火曜22時~)の後釜となるのが松坂桃李と木村文乃の「サイレーン」、反町隆史が新相棒に決まった「相棒14」(テレビ朝日系、水曜21時~)、沢口靖子が主役を務める「科捜研の女」(テレビ朝日系、木曜20時~)が現行連ドラで最長寿になることなどが話題だが、関係者の間では別な意味で注目されている人がいる。ズバリ、キム…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事