日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「宮里藍 英語」に関する記事

17歳の若さは強みだが

米ツアー参戦 畑岡奈紗のルーキーイヤーは課題が山積み

それと、車の免許はなるべく早く取得した方がいい」 1月下旬にバハマで開幕する来季は、憧れの宮里藍(31)と同じ舞台に立つ。03年に高3で国内ツアーに勝った宮里は、06年から米ツアーに本格参戦し、09年7月にエビアン・マスターズで米ツアー初優勝を遂げ、賞金ランキングは3位になった。 英語がペラペラの宮里でも初優勝まで4年(83試合目)もかかっている。国内13勝で有村智…

大衆受けする錦織(左)と口数が少なく華がない松山

獲得賞金では拮抗も 錦織と松山に「収入格差」が出る理由

サッカーの本田圭佑、長友佑都両選手、女子ゴルフの宮里藍選手にしても、イタリア語や英語を話し、現地に溶け込もうと努力してきた。ファンに受け入れられるためには何が必要かがわかっている。その点、松山選手は口数が少なく、華がない。大衆受けすることも大事なのです。ファンも企業もそれを求めています」(前出の新井氏) スポーツ選手も、好感度が高くないと稼げない時代なのだ。…

None

グリーン黙示録

宮里藍の「タフになり過ぎない」の意味

前半の宮里藍はすばらしいゴルフで6アンダー。しかるに午後はパープレイ。結局は12アンダーの17位タイ。日本人4名の中では最上位になったが、わたしが心に残ったのは、「自分に対してタフになりすぎないように気をつけるつもりです」という試合後のコメントである。前半の6アンダーは強気のパットがことごとく成功したと思われるが、後半は2バーディ2ボギー。43位から17位に上昇し…

3年ぶりにトップ3入りの藍

グリーン黙示録

五輪ゴルフに支援方法はあるか

アメリカの女子プロの試合で宮里藍選手が初日トップ、最終日もベストスコアで回って3位に入った。トータル12アンダーのスコアだから、調子が戻ってきたと見て良さそうである。彼女がデビューしたのは、かなり前だった。どこだったか外国の試合で、もう一人の日本選手と組んで世界戦に出場し、見事に1位になったのだ。そのときマイクを向けられた宮里は、英語で「今この場にいられることの幸福…

None

私の時代 今の女子ツアー

米女子プロのインパクト音に衝撃を受けた

だって宮里藍さんは米ツアーで10年間もやってきて9勝もした。宮里美香さんも勝った。上原彩子さんは、わたし、あの飛距離では正直苦しいかなと思ったけど、そこそこ成績を残している。 と思うと、何となく、みんな米ツアーの中で戦っていけるレベルになっている。 ただ、長年にわたって、その位置を維持するというのが難しくなっている。 昨年シード権を失った有村智恵さんは取り組み方を…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事