日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「槙野智章 浦和レッズ」に関する記事

None

芸能リポーターもタジタジ 水沢アリーの“六本木ホステス”トーク

先日、浦和レッズの槙野智章(26)と交際していることを認めた水沢。年末年始には槙野の実家がある広島へ行って両親への挨拶を済ませたことを明かしていたため、この日もリポーター陣は恋愛ネタで集中攻撃をしかけた。 イベントにちなんで「脱出したいと思った時は?」と聞かれると、「ん~、囲み取材」と即答。「この間、すごい意地悪だったから~。芸能人みんな逃げたいと思うよ~」と笑顔…

岡崎のゴールをアシスト

宇佐美の台頭でかすむ欧州組 香川と長友にサポが“ダメ出し”

宇佐美とともに後半21分に退くまでトップ下でプレイしたものの、槙野智章(28=浦和レッズ)のアシストにつながったコーナーキック以外は精彩を欠いてしまった。ネット掲示板やSNSでは<肝心要の場面でトラップミス、判断ミス連発、ロスト>とミスを指摘され、<宇佐美と香川比べたらドリブルのキレが全然違った><アジリティもスプリントも若手に負けとるやろ>などと、厳しい声が多数を…

左から水沢アリー、秋元才加、古閑美保/(C)日刊ゲンダイ

水沢アリー 年上の元AKB秋元才加にセンパイ風吹かす

サッカーJ1浦和レッズの槙野智章(27)と交際中の水沢は「順調です」と笑顔で答えるも、「行動に責任を持たなくちゃね~」と芸能人としての自覚も見せた。アイドルを卒業した秋元が理想の恋愛について「野原にピクニックシートを敷いて(2人で)寝てみたい」「オープンカフェでお茶してみたい」と語ると、3人の中で最年少の水沢が「何かカワイイ~。そんなの明日にもできるよ~」とバッサ…

鹿島はナシオナルを撃破し決勝へ

元日本代表主将のホンネ炸裂トーク

もしも浦和がクラブW杯に出ていたらと考えてみたら

まだ20歳のFW鈴木優磨は、チャンピオンシップ第2戦で浦和DF槙野智章(29)に“上手に倒されて”PKをゲットした。これが鹿島にタイトルをもたらした。まだ粗削りだが、若さを前面に出しながら「オレが決めてやる!」という気持ちの強さを感じる。小さくまとまらず、泥くさくてもいいから、存在感のある点取り屋に育ってほしい。 鹿島は昨14日、CWC準決勝でコロンビアの強豪ナシ…

None

ホンネ魂

レッズのフロントからチーム強化の方針が見えない

元広島のDF槙野智章を引き入れ、13年にも広島からDF森脇良太を連れてきた。14年にはGK西川周作が、15年にはFW石原直樹が、やはり広島からやって来た。 何も生え抜きだけでチームをつくり、優勝を目指せと言っているのではない。ペトロビッチ監督の教え子を多く引き入れることでチームが確実に強化され、優勝という結果を出してくれるのであれば、レッズを熱烈に愛してくれるサポー…

None

水沢アリー 「サッカー選手夫人」へのカウントダウン

浦和レッズのDF槙野智章(26)と交際中の水沢にとっては“深い関係”がある。近藤春菜(30)が「何か関連があるのかな?」と冷やかすと、「こういうムチャぶりもあるね~」と苦笑い。 それでも、当せんしたときの使い道を聞かれると「5億円は貯金して~、あとはサッカーに関係があるくじなので、感謝の気持ちとして、お返しに子供たちがサッカーできる“水沢アリースタジアム”をつくって…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事