日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「鈴木大地 水泳」に関する記事

鈴木大地氏はジジ殺し

スポーツ庁初代長官 鈴木大地氏に白羽の矢が立つ本当の理由

10月1日に発足するスポーツ庁の初代長官は鈴木大地氏(48)で本決まりのようだ。水中を潜って進む「バサロ泳法」を武器にソウル五輪の100メートル背泳ぎ金メダリストに輝いた、あの鈴木氏だ。 「当初はスケート連盟会長の橋本聖子参院議員と、ロス五輪柔道金メダルの山下泰裕氏が本命視されていました。しかし橋本さんは、去年、フィギュアスケートの高橋大輔選手とのキス写真が報じられ…

橋本聖子(左)は政治家、池谷幸雄はタレント

スポーツ関連予算に血税324億円 使い道に疑問の声噴出

スポーツ庁の鈴木大地長官は、「各省庁が軒並み予算を削られている中、昨年に引き続き10%(以上)の伸び。期待と責任も大きくなる」と語った。 1000兆円もの借金があるといわれる国が、毎年300億円もスポーツ関連に税金を投入し、東京五輪でのメダル量産につなげようとしている。 スポーツファンの松野弘氏(東農大客員教授)は「文化後進国かスポーツを政治利用したい独裁国家のやり…

記者会見で当日のバッグの中身を確認する冨田(右)/(C)日刊ゲンダイ

カメラ窃盗疑惑もう一つの疑問 冨田を見捨てた水連の“思惑”

水連の泉専務理事は「我々もJOCも大使館員の方も一生懸命フォローした」と言い訳したが、鈴木大地会長の「やっていないという話は聞いていたものの、本人も混乱していたし、防犯カメラの映像もあった。取り調べで認めていて、証拠もあり、どうにも対応できなかった」との釈明を聞く限り、手をこまねいているだけだったことがよく分かる。 だから、こんな声も出てくるのだろう。 「本人が無…

「施設見直し」で対立が続く知事と会長

五輪施設見直し 森喜朗会長の「IOC受けつけない」はウソ

アスリートを第一に考えるのであれば、そうした選手の気持ちをくむべきです」 この日はリオ五輪カヌー・スラローム男子カナディアンシングルの銅メダリスト羽根田卓也(29)が鈴木大地スポーツ庁長官を表敬訪問後、「東京五輪なのに会場が東京と違うなら寂しいし、絶対に嫌だと思う」とコメント。小池知事は18日にIOCトーマス・バッハ会長(62)と都内で会談する。バラバラになった東京…

新役員の鈴木大地、高橋尚子、室伏広治の3氏は40代だが…

存在価値なきJOC 内部からも「老人クラブ」と非難の声噴出

18日のJOC選考委員会で決定した役員には新たに鈴木大地(48=日本水泳連盟会長)、シドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚子(43)、アテネ五輪陸上男子ハンマー投げ金メダリストの室伏広治(40)の3人の40代が名を連ねた。が、最高齢の張富士夫・日本体育協会会長(78)を筆頭に65歳以上の役員が13人も含まれている。 20年東京五輪開幕まで5年と迫りながら、遅…

ヤリたい放題の森会長/(C)日刊ゲンダイ

五輪組織委が“水膨れ”…元凶は森会長のワンマンと八方美人

さらに五輪経験者ら21人の「アスリート委員会(委員長は鈴木大地・日本水泳連盟会長)」なるものもできるという。 総勢282人! ここまで膨れ上がったのは、森喜朗・組織委員会会長に原因がある。 「メディア委員会にはマスコミ各社から2~3人ずつ満遍なく入っています。最初は各社に推薦者を挙げてもらって、そこから組織委員会が人選することになっていたそうですが、方針を変更したの…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事