日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「猪瀬直樹 石原慎太郎」に関する記事

投票が締め切られた午後8時ちょうどに「当確」

巻頭特集

小泉流の改革者面に都民コロリ 小池圧勝の舞台裏と今後

それに熱狂する都民の判断が、石原慎太郎、猪瀬直樹、舛添要一という歴代都知事を誕生させ、今度は小池という危険なポピュリストを選んだわけだ。その代償を払うのも有権者なのである。 自民党本部は元総務相の増田寛也(64)を推薦したのに、小池は自民党員ながら党決定に反旗を翻して出馬したのだから、党に対してケンカを売ったことになる。 選挙期間中、頭に血が上った都連会長の石原伸…

左から片山さつき、猪瀬直樹、東国原英夫の各氏

片山さつき、猪瀬直樹…舛添氏辞職で損する人・得する人

そして、得するもうひとりは、猪瀬直樹前知事(69)だ。徳洲会グループから5000万円もの怪しい資金提供を受け、議会でみっともない姿をさらした末に、都知事の職を追われた。そんな恥辱の過去が、舛添知事の辞任によって“上書き”されることになるからだ。すでにテレビに出まくり、舛添批判全開だが、「舛添知事誕生は、一体誰のせいなのか」という苦言はこの人に届かないようだ。 そん…

None

特捜部に証言も 辞職した猪瀬知事を追い詰める4人の“刺客”

5000万円の「徳洲会」マネー問題で辞任を表明した猪瀬直樹東京都知事(67)が24日正式に辞職した。花束贈呈や音楽隊の演奏といったセレモニーの予定はナシ。まさに“都落ち”の言葉がピッタリだが、猪瀬に意気消沈しているヒマはない。地検特捜部の追及が待っているからだ。 特捜部が誰を聴取するか。最大のキーパーソンは、猪瀬の説明を根底から覆す可能性のある徳田毅衆院議員だろう。…

4選を果たして宮根誠司にインタビューされる石原慎太郎

二極化・格差社会の真相

舛添を生んだのは卑しい石原都政を許した有権者

事の善悪をさて置けば、舛添氏や不正献金疑惑で職を追われた猪瀬直樹・前知事が使い込み合戦に精を出したくなったのは、それはそれで無理からぬことではあったのかもしれない。 さて、たまには前向きの話題に転じよう。叩きやすい相手だと鬼の首を取ったように騒ぎ立て、そうでなければ見て見ぬふりの大新聞やテレビなど、もはや攻撃する価値もない。都民が舛添氏の首を取るのは当然だけれど、そ…

None

渦中の猪瀬知事 この期に及んでコソコソ政治資金パーティー

5000万円の徳洲会マネーをめぐって「辞任秒読み」の声もある猪瀬直樹都知事(67)が3日、都内で政治資金パーティーを開いた。これがまあ、ひどいのなんの。やましいことがないなら堂々としていればいいのに、集まった報道陣から逃げも隠れもした。男の器はおちょこ並みだ。 その「猪瀬直樹の会 昼食会」の会場になったのは、都庁の真ん前にある京王プラザホテル。知事室から歩いても、せ…

None

石原 恥さらし会見の致命傷

都知事時代に「石原さんは今の政治家にはない『メッセージ、パワー、スピード』を持っている」とヨイショしまくった田原総一朗氏や猪瀬直樹氏、橋下徹氏らにも「恥を知れ」と付け加えておく。…

室伏組織委スポーツディレクターと会見する国際ボート連盟のロラン会長(左は石原氏と猪瀬氏)

五輪費用膨張 元凶はスポーツ団体のワガママと元知事の嘘

それにもかかわらず、“コンパクト五輪”とウソをついて費用を少なく見せかけてきた石原氏と猪瀬直樹氏の歴代都知事の責任は重大だ。…

舛添、石原、猪瀬元都知事

豊洲“盛り土”問題 歴代知事3人と元市場長に住民監査請求

東京・築地市場の移転予定地である豊洲新市場の建物地下に「盛り土」がされていなかった問題で、世田谷区の後藤雄一元都議が3日、石原慎太郎、猪瀬直樹、舛添要一の歴代知事と岡田至元市場長、財務会計責任者らに対し、一連の工事にかかった費用などの補填を求める住民監査請求を起こした。 監査請求で後藤元都議は「『豊洲市場の環境アセス評価案』の前提である建物下に『盛り土』がなされてお…

小池都知事(左)と菅官房長官

プロはこう見る 経済ニュースの核心

小池都知事の東京カジノ誘致は菅官房長官への“意趣返し”

この間、沖縄や千葉、東京など多数の自治体が誘致に手を挙げたが、東京都については、積極誘致に動いた石原慎太郎、猪瀬直樹の両都知事に代わり、舛添要一知事になって一転して慎重姿勢に転じ、誘致担当部署も格下げされた。 一方、小池氏は衆院議員時代にカジノ議連に所属するなど一貫してカジノ誘致に積極的。東京都知事就任で、お台場カジノ構想を復活させる腹積もりだ。 だが、この東京お…

猪瀬元知事に仰天プラン浮上

ドン退治へ着々 猪瀬元知事“特別秘書”で都政復帰プラン

2年半前、徳洲会5000万円事件で都知事を引責辞任した作家の猪瀬直樹氏(69)だ。 小池百合子新知事は、自民党東京都連の体質を「ブラックボックス」と批判し、「都議会の冒頭解散」と「利権追及チームの創設」を公約に掲げて選挙を戦った。冒頭解散はウヤムヤだが、“都議会のドン”としてすっかり有名になった都連幹事長の内田茂都議(77)とは徹底的にやり合うつもりらしい。 「選挙…

選対事務所の壁にはメッセージがギッシリ

小池百合子氏「私は自民ではなく都連の一部と戦っている」

(聞き手=本紙・坂本千晶)…

舛添問題もウヤムヤに…

舛添問題もウヤムヤに リオ視察批判に焦る自公都議の堕落

石原慎太郎氏は約1000人、猪瀬直樹氏は約100人、舛添要一氏はたったの8人。辞職した都知事を見送った職員の数だ。見送りセレモニーは舛添氏が断ったというが、辞職が決まってから、舛添氏は辞任会見もせず、最終日の21日は登庁しなかった。ホント最後まで潔くない男だが、ウヤムヤ退場を許した自公都議団も“同罪”だ。 「舛添降ろしは『参院選に悪影響が出る』という安倍官邸の指示に…

フジテレビ社屋

新「政官業」研究

フジ・お台場 カジノの候補地から本当に消えたのか

そのお台場カジノでは、石原の後継として都知事に就任した猪瀬直樹が、フジテレビなどとタッグを組んで具体的なプロジェクトを進めた。猪瀬はフジテレビ近くの「東京DAIBA・MICE/IR国際観光戦略総合特別区域」を“カジノ特区”に指定。安倍政権もそこを「アジアヘッドクォーター特区」とし、計画を後押ししてきた。 ところが、それが猪瀬の失脚を機に、突然消えてなくなる。昨年2…

None

深刻すぎる人材難…“ポスト猪瀬”に「川淵三郎」まで浮上

さらに猪瀬直樹知事が就任すると、首都大学東京の理事長に抜擢され、現職にある。サッカー協会で組織運営の経験もあり、初代Jリーグチェアマンとして広く知られている。「実務と知名度という条件をクリアできる」(自民党関係者)というわけだ。 しかし、川淵氏は77歳の高齢だ。2020年夏の東京五輪では83歳。常識で考えてありえないが、名前が挙がるのにはウラがある。 「川淵さんが都…

None

盗人に追い銭…猪瀬知事が退職金1000万円“上積み”工作

やっと辞任を表明した猪瀬直樹都知事(67)にも規定通りの退職金が支給される。「盗人に追い銭」のようでフザけた話だが、猪瀬は退職金条例の「盲点」をつき、ちゃっかり金額まで増やしていた。 ■制度の盲点突き、給与も余分に 就任1年で辞任を決意。歴代最短で都知事のイスを明け渡す猪瀬が手にする退職金はナント、1001万1560円に上る。たった1年働いただけで1000万円強の退…

None

「政治のアマだった」…猪瀬知事、やっと辞任も疑惑ウヤムヤ

猪瀬直樹都知事が19日午前10時半、都庁内で会見を開き、「説明責任を果たすべく努力してきたが、私に対する疑念を払拭するには至りませんでした」と辞任を表明した。 猪瀬知事は冒頭、原稿を読み上げる形で「五輪を成功させるためには、このまま都政を停滞させるわけにはいかなかった」と今回の辞任に至った経緯を説明。だが、自身の疑惑について聞かれると、「借金は選挙のためで、落選を考…

None

有象無象がズラリ 病床の徳田虎雄氏を訪ねた「見舞客リスト」

●2013年 ◇9月8日/中平まみ(作家※08年以降13回)麻生泰(麻生セメント社長) ◇9月5日/旭天鵬(力士) ◇8月19日/近藤昭一代議士、阿部知子代議士(※27回) ◇8月9日/辻宏泰(和泉市長) ◇8月5日/武見敬三参院議員 ◇7月23日/佐藤勉代議士、園田修光元代議士、山田正彦元農水大臣(※25回) ◇7月11日/石井一二元参院議員 ◇7月9日/逢沢一…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事