日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

朱美に関する記事

左から橋本小雪(30)と中野聡子(31)/(C)日刊ゲンダイ

流行語大賞に なぜ「ダメよ~ダメダメ」は大ヒットしたのか

白塗りメークの朱美ちゃん3号というキャラクターが何度も繰り返す「ダメよ~、ダメダメ」のフレーズは流行語になった。今年のハロウィーンでは、渋谷の街に朱美ちゃんのコスプレをする若者が大勢集まっていた。年末にもあちこちの忘年会でこのネタを披露する人が出没しそうだ。 大ヒットした理由は、決めフレーズの面白さと見た目のインパクトだ。日本エレキテル連合は、衣装、小道具、メークな…

このままじゃダメよ~ダメダメ

お笑いニューウエーブ「解体新書」

TV露出激減 エレキテル連合の首絞める強気のギャラ交渉

「彼女たちが評価されたのは“ダメよ~”の朱美ちゃんコントだけではないネタの豊富さもあった。それが証拠にDVDも売れているし、彼女らがアップしているユーチューブの月間動画再生回数は今でも400万回に迫る勢いで、決して人気が衰えたわけではない」(テレビ局関係者)というが、ではなぜ、テレビ出演が減ったのか。 別の関係者がこう解説する。 「所属事務所がテレビ局にギャラアッ…

流行語大賞を狙う「日本エレキテル連合」/(C)日刊ゲンダイ

「ダメよ~ダメダメ!」大人気 ブレークの秘訣はテレビ戦略

このメークで「だめよ~、ダメ、ダメ」と色っぽい声を繰り返す朱美ちゃんと、細貝じいさんのコントが話題の日本エレキテル連合に大ブレークの可能性が出てきた。 所属事務所は爆笑問題のタイタン。太田光夫人で事務所の社長の太田光代が猛烈にテレビ局に売り込んでいるのだ。 「秋以降、日本エレキテル連合の2人を見る機会が一気に増えそう。2人は『だめよ~、ダメ、ダメ』で流行語大賞を狙う…

奥へ進むといきなり寂しげな雰囲気に(左)、裕次郎を“見た”招き猫

怪しさ120% 東京ディープ酒場

蒲田で裕次郎が“来たことがある店”の暖簾をくぐる

彼女、もう死んじゃったけどサ」 氷をアイスピックで突きながら、榎本朱美子ママが教えてくれた。 「通りの正式名称は、東急駅前通り。戦後は青線(非合法売春=編集部注)地帯だったのよ」 おおらかな笑顔のママはこの店を始めて42年。風格あるわ~。当時はスナックをやる傍ら、大井競馬場で馬券の払い戻しの仕事もやってたんだって。 「ソロバン2級以上じゃなきゃ雇ってくれなかったのよ…

左から杉咲花・相楽樹・川栄李奈

あれもこれも言わせて

朝ドラの脇役で出演 将来のヒロイン候補はよりどりみどり

ほかにも常子の女学校時代の親友・中田綾役の阿部純子、「森田屋」の娘・富江役の川栄李奈、常子の上司・タイピストの早乙女朱美役、真野恵里菜などなど次期ヒロイン候補目白押し。 遡れば「花子とアン」の妹役・黒木華、「マッサン」の妹役・早見あかり、「まれ」の親友役・清水富美加、「あさが来た」の娘役・小芝風花など数えればきりがない。 まずは脇役で様子見して、いずれヒロインに起…

アイドル評論家や有名監督らが太鼓判

真野恵里菜 朝ドラ脇役女優“出世の法則”でブレーク本命視

常子(高畑)がようやく就職できた文具会社で、先輩タイピスト早乙女朱美を演じている真野恵里菜(25)だ。今のところ、ちょっと意地悪な先輩を演じているが、劇中では間もなく“和解”することになる。それはともかく、「とと姉ちゃん」をきっかけに先の法則にのっとってさらなるステップアップをするのが確実視されているのだ。なにしろルックス、キャリアともに申し分ない。アイドル評論家…

どっちが主役?

またも「今後」語らず…澤穂希と“なでしこ”の微妙な距離

やはりベレーザ、なでしこの先輩に当たる野田朱美(46)が3月末にサッカー協会女子委員長を辞任し、付き合いのない筑波大出身の今井純子(50)が後任に就いたことも、澤に二の足を踏ませることになった」(マスコミ関係者) 落ち目のなでしこ。澤人気を使わない手はないと思うのだが……。…

左から今井女子委員長、高倉なでしこ監督、田嶋JFA会長

初の女性代表監督・高倉麻子は低迷「なでしこ」を救うか

「リオ五輪予選敗退の責任を取る形でJFA女子委員会の野田朱美委員長(46)が辞任。後任として筑波大出身の今井純子氏(50)が委員長に就任した。この今井委員長は、筑波大OBの田嶋会長が筑波大の助教授だった当時、研究生という立場よりも『田嶋さんの懐刀』として知られていた。野田前委員長と高倉監督との関係性よりも、今井委員長との方が良好だったこともあり、早い段階で高倉新監…

「一発屋」で終わるのか…/(C)日刊ゲンダイ

そろそろ賞味期限? 日本エレキテル連合「一生白塗り」宣言

MCが「見に来なきゃ?」と呼びかけると、「おしゃべりワイフシリーズ 未亡人朱美ちゃん3号」こと橋本小雪(29)が観客1100人と共に「ダメよ~ダメダメ」と言うと、イルミネーションが点灯。その後も、「ダメよ~ダメダメ」と連発すると、「小平市の細貝さん」こと中野聡子(30)は「そればっかり。飽きた。他に何か言え!」とツッコむも、橋本は「ダメよ~」を言い続けていた。 子供…

金井克子とふなっしーが共演?/(C)日刊ゲンダイ

紅白サプライズ案に急浮上「井ノ原」「ふなっしー」「金井克子」

<いいじゃ~ないの~>と迫る高齢男性・細貝さんと<ダメよ~ダメダメ!>と断るダッチワイフの朱美ちゃん3号のコントが大晦日に実現するかどうか調整中。もちろんキワモノなので、視聴者からの批判も想定しています」(別の関係者) ■「アナ雪」は当確 3つ目は他局のドラマや映画に便乗するプラン。 「『アナと雪の女王』のテーマ曲でお馴染み『ありのままで』のメドレーは当確です。意外…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事