日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「辻希美 結婚」に関する記事

None

辻希美 勝ち組ママタレの秘訣

辻希美(29)。今や小4の長女を頭に、小1の長男、4歳の次男の3児の母。この日の朝も子供のためのお弁当を作り、ブログにアップしてきたという手際の良さを見せた。 元夫の「メシがまずい」発言で人気も急降下したバツイチの小倉優子(33)とは異なり、辻は夫と子供の胃袋をガッチリつかんでいる様子。「(子供たち)3人も好き嫌いがバラバラなので大変です」と言いつつ、「主人(杉浦…

辻希美

最新ママタレ名鑑

「炎上」頻発も…辻希美はママタレ最大の成功者になっていた

辻希美(27)だ。 ギャルママ雑誌の表紙に登場したり、子供服ブランドを立ち上げたり、著書を出版したりと大活躍。そんなカリスマの地位を不動にしているのが自身のブログ「のんピース」だ。初出産から間もない08年1月に開設し、子育てや料理、おしゃれの話題をつづって若いママの圧倒的支持を獲得。13年には最も支持されている有名人ママブロガーとして「ママブロAWARD」を受賞し…

十二単姿の辻希美

辻希美 子供は3人で“打ち止め”宣言「4人はいけないです」

辻希美(27)が回転ずしチェーン「元気寿司」の商品開発コンテストに特別審査員として出席。3日のひなまつりにちなんで十二単姿で登場した。 07年にできちゃった結婚した杉浦太陽(33)との間に長女(7)、長男(4)、次男(1)の3人の子をもうけた辻は子育てについて「日々大変。目を離すとお風呂にボディーソープを1本入れちゃったり、白い壁には全部(落書きなどを)書かれたり…

None

辻希美プロデュース 子供服ブランドの“評判”

“ママブロガー”の辻希美(26)が子供服ブランド「Saruru」(さるる)をプロデュースし、話題を集めている。 15日にHPをプレオープンし、一部商品をネット販売。ブランド名の「Saruru」は「元気な子供=サル」からの着想で、サルやバナナをモチーフにした衣類を展開中だ。気になる価格帯はトレーナーが3780円、赤ちゃん用ロンパースが2980円など、人気のファストファ…

体を張った仕事もやる気マンマン

不倫“ご意見番”拒否 矢口真里はPRイベントで完全復活期す

」の辻希美、高橋愛と3人で脱毛エステ店のCMキャラクターに起用されたが、3カ月後にひとりだけ“卒業”。今春には「日清食品カップヌードル」のCMに起用されたが、視聴者からのクレームで放送開始1週間で中止に。 それだけに、今回のスポンサーイベントは矢口にとっては非常に大切な仕事のようで……。 イベント前には、報道陣に矢口の事務所関係者が近づき、「どんなことを聞かれます?…

向かうところ敵なし

高島彩 第2子誕生でさらに高まった“ママタレ”ブランド力

クライアントが最も嫌うのはスキャンダルですから、第2子というのは説得力が格段に増すのです」(広告関係者) たしかに昨年「週刊文春」が行った好きなママタレアンケートを見ると、断然トップの北斗晶から始まって、木下優樹菜、山口もえ、辻希美、篠原涼子など人気上位者はすべて2人以上の子持ちだ。 すでに高島は「花王」「カゴメ」「サントリー」などのCMを持っているが、この先、どん…

派閥「大沢会」のドン

ママ友派閥を拡大中…大沢あかねは“庶民派路線”のアネゴ肌

祖父譲りの親分肌が慕われ、辻希美や藤本美貴らハロプロ系のタレントが集っている。09年にお笑い芸人の劇団ひとりと結婚。その翌年、妊娠・出産した新米ママではあるが、意外な人望を得ているのは、人脈の広さと元来持って生まれた世話好きな性格ゆえともっぱらだ。 「料理が得意で、エコや節約にも関心が高い庶民感覚が親しまれている。また、後輩ママたちからの育児相談も気軽に引き受ける…

結婚会場も“ぼかし”指定

潜入取材にピリピリ 後藤真希の結婚式が“超厳戒”だったワケ

披露宴には親族、地元の友人らに加え、モー娘OGメンバーの安倍なつみ、矢口真里、辻希美ら約200人が出席。3時間にわたった披露宴はフロアを貸し切りにし、各所に警備員を配置する厳戒態勢だったという。 「後藤の所属レコード会社のエイベックスが写真週刊誌などの潜入取材を異常に警戒していて、事前に呼び込みをかけず、ワイドショーやスポーツ新聞にはゴマキがウエディングドレスを着た…

None

小倉優子 TVレギュラーゼロでも料理本バカ売れの秘訣

釈放後、「ウルトラマンコスモス」は放送再開された

プレイバック芸能スキャンダル史

悪夢の19日間 冤罪だった杉浦太陽「恐喝容疑で逮捕」の真相

―2002年6月― 辻希美の夫でイクメンタレントとして活躍している杉浦太陽が、2002年に恐喝容疑で逮捕される事件があった。当時、主演していた「ウルトラマンコスモス」は打ち切られたが、実は冤罪(えんざい)だった。 6月14日朝7時、都内の杉浦(当時21)の自宅に大阪府警の警官6人が現れた。ドアをガンガン叩き、「警察だ」と叫ぶ。杉浦がドアを開けると逮捕状が示された。事…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事